ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

2018年フィットプラス スタンプラリー結果報告

b0179402_11184838.jpg

2018年7月からスタートした、フィットプラス恒例の
スタンプラリーも9月30日をもって終了となりました。

7月から9月までの3ヶ月間、サーキットトレーニングに
通って、スタンプをゲット!
今年は『央線の旅を楽しもう』と題して、東京駅を出発
中央線各駅停車で、東京都から神奈川県、山梨県そし
長野県の塩尻を目指して、男女ともにスタートを切り
ました。


<ここで各駅停車の旅をおさらいしてみましょう!>

中央線は、皆さん普段から通勤などで利用し、身近な
路線ですが、せいぜい高尾くらいまでしか駅名は分ら
ないですね。
今回のイベントで、ちょっとカワイイ駅名やこんな駅が
あるんだ!など再確認していただけたかなと思います。

①東京      ㉝相模湖      65上諏訪
②神田      ㉞藤野       66下諏訪
③御茶ノ水    ㉟上野原      67岡谷
④水道橋     ㊱四方津      68みどり湖
⑤飯田橋     ㊲染川       69川岸
⑥市ヶ谷     ㊳鳥沢       70辰野
⑦四ツ谷     ㊴猿橋       71信濃川島
⑧信濃町     ㊵大月       72小野
⑨千駄ヶ谷    ㊶初狩       73塩尻
⑩代々木     ㊷笹子
⑪新宿      ㊸甲斐大和
⑫大久保     ㊹勝沼ぶどう郷
⑬東中野     ㊺塩山
⑭中野      ㊻東山梨
⑮高円寺     ㊼山梨市
⑯阿佐ヶ谷    ㊽春日居町
⑰荻窪      ㊾石和温泉
⑱西荻窪     ㊿酒折
⑲吉祥寺     51甲府
⑳三鷹      52竜王
㉑武蔵境     53塩崎
㉒東小金井    54韮崎
㉓武蔵小金井   55新府
㉔国分寺     56穴山
㉕西国分寺    57日野春
㉖国立      58長坂
㉗立川      59小淵沢
㉘日野      60信濃境
㉙豊田      61富士見
㉚八王子     62すずらんの里
㉛西八王子    63青柳
㉜高尾      64茅野
          
          
b0179402_10080355.jpg


7月から、酷暑の夏を過ごして、皆さん夏バテもせずに
この3ヶ月間、せっせとトレーニングに通い、みごと
5名の方がゴールを達成しました。

  結果ゴール達成者 5名 (全員女性)


ゴールまで73駅でしたから、ゴールするのは至難の技と
いうべきでした。

そこで今回は、ゲルマニウム温浴付きの方には、ダブル
ポイントとしました。

その結果、ゲルマニウム付きコースの方が、4名ゴール。
残り1名の方は、ほぼ毎日のサーキットトレーニングと
特別クラスにも参加してのゴールでしたから、トレー
ニングの参加回数としては、1番ということになります。
まさに、たゆまぬ努力!


b0179402_16090094.jpeg
出発は東京駅

b0179402_16100926.jpeg
中央線各駅で塩尻を目指す!



スタンプラリーだから、ではないですが、この3ヵ月の
間にフィットプラスでトレーニングを頑張り、減量に
成功された方が3~4名いらっしゃいます。

3キロ~1番多く減量された方は12キロというすごい
結果も出ています。
あとは、その体重を維持することが目標になりますね。

 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

今回ゴールされた方には、フィットプラスからささやか
なプレゼントを差し上げます。

そrでは皆さん、また来年の開催をお楽しみに!




















# by fit-plus | 2018-10-06 11:33 | フィットプラスイベント

ダンスレッスンを有意義なものにするためのヒント




b0179402_11591730.jpg


むかし、私が若かりし頃、師事していたダンスの先生が
言っていた言葉があります。
『ダンスに足を突っ込んだら、もう抜けられない』と
その言葉は、ダンスを続ければ続けるほど、実感する
言葉です。

ダンスを始めるという事は、ダンスレッスンを受ける
ことですが、レッスンを数え切れないほど受けていても
これで終り、完成したと言うことが無いのです

それは、1回のレッスンでも、そのたびに新しい発見や
気づきがあるからです。
反対に、それに気づかないまま、単純にレッスンを受け
るだけでは、発展がないことになってしまいますね。


【レッスンを受けるポイント】

<自分自身を知る>

今の自分の、良いところと、足りないところを冷静に
そして正直に判断しましょう。
足りないところは、レッスンで改善していく改善目標と
して、レッスンに活かしていくことが大切です。

自分が見えないと、次につながる目標が立ちませんね。


<アドバイスをしっかり覚えておく>

レッスン中に指導者から受けた、アドバイスをしっかり
頭に入れておきましょう。

その時だけ『ハイ!』と答えて、レッスンが終わったら
忘れてしまった!ではせっかくの貴重なアドバイスが
意味のないものになってしまいます。

また、他の人が受けた注意を、自分のことと思ってうけ
止めておきましょう。
これが結構大切です。
なかには、人のことは関係ないと、聞いていない人も
いますが、これはもったいないですよ。

受けたアドバイスを次のレッスンまでに、しっかり改善
するよう、努力することが上達のカギです。

そのためにも、指導者の発した言葉は、ひと言も漏ら
さず聞く姿勢が大事です。


b0179402_11151678.jpg


<目を養う>

レッスンでは、鏡で自分自身を見たり、指導者の正しい
動きを見ることは、もちろん重要なことですが、同じ
レッスンを受けている他の人を見ることも大切です。

他の人の踊りを見て、できていないところや、良いとこ
ろをよく見て、自分の目を養いましょう。


<指導者との関係>

レッスンを受けるだけではなく、レッスン後に指導者に
話しかけたり、どんどん質問してみましょう。

指導者は、生徒から質問されると、ダンスに熱意を
持っているな!と喜んで質問に答えるでしょう。
レッスンでは受けられなかったアドバイスも、もらえ
る可能性もありますよ。


b0179402_11285918.jpg
 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

ダンスレッスンは、エネルギーを発動させる場所です。
そして、自分と向き合い、身体と精神を高めていく場所
です。

そこで、有意義なレッスンを受けるために、心掛ける
ことは何かをしっかり頭に入れて、ダンスレッスンに
のぞみましょう。

ただし、レッスンは訓練の場でもありますが、ダンスの
喜びを得る場でもあることをお忘れなく。

























# by fit-plus | 2018-09-30 12:17 | ダンス

ダンスが上達しないのはそれなりの理由があります

b0179402_22072446.jpg


おなじ期間ダンスを習っていても、上達が目に見える人
と、あまり進歩の見られない人がいます。
それは何故なのか、習っている本人はそれに気が付いて
いな場合が多いようです。

今回は、ダンスが上達しない人の理由をお伝えします。
もしあなたが、そうだとしたらこれを参考に、ダンス
レッスンについて,もう1度考えてみて下さい。


【レッスンの時だけしかやらない】

例えば、ダンスのレッスンは週に1回だとします。
レッスンの日だけダンスをするけど、その他の日は
全くダンスのことは頭から抜けている。

これでは、前回やったことがほとんど身体から抜けて
います。
ダンスは反復練習を繰り返し、身体に入れていかないと
身に付きません。

バレエダンサーの森下洋子さんの言葉に、『1日休むと
自分にわかり、2日休むと仲間にわかり、3日休むと観客
にわかる』とあります。

これはプロだからこそですが、レッスンとはまさにこの
言葉通りと言えます。

ダンスに限らず、どんなものでも上達するには日々の
努力が必要なのです。

b0179402_23555108.jpg

【基礎を大切にしていない】

どんなものでも基礎が1番大切です。
基礎が無いと、ある時点で伸びが止まってしまいます。

最後の振り付けだけ一生懸命でやるけど、その前の基礎
練習は気を抜いていたらどうでしょう。
基礎があってこそ、自在に身体が動き、より振り付けを
確実にこなすことができます。

基礎の無いダンスは、独りよがりのダンスで、人に
見せるものではありません。
ちょっと厳しいですが、人前で踊るには心構えとして
頭に入れておいてほしいです。


b0179402_23075968.jpg
どんなものでもしっかりした基礎の上に成り立ちます。



【良い手本を見ていない】

ダンスは指導者がいて、習う側の人はその指導者の動き
を真似することから始まります。
特にダンス初心者は、指導者の動きをうり二つにコピー
することが、上達の第1歩です。

以前どこかでも書きましたが、それこそ目でどこまで
しっかり見ることができているか!
そしてどこまで同じ動きになっているかが勝負です。

それができていないというか、そのことに気が付か
ない人は、自分の思い込みで動いている人が多いです。
振りの順番だけは見ているけれど、手の位置はどこか
上体はどちらにひねっているか、脚の曲げ具合は…など
重要なニュアンスを見ていない人が多いですね。

b0179402_23571630.jpg


【鏡によって自分を確認していない】

自分がどう動いているか、そしてそれは指導者の動きと
どこが違うか、しっかり自分の目で確かめることをしな
いと、何回踊っても上達しないばかりか、自分の悪い
くせがそのままになってしまう恐れもあります。

いつも言っていますが、くせと個性は全く別のものです。
ダンス初心者にくせはありますが、個性はもっとダンス
の経験を積まないと手に入れることはできません。

b0179402_00065733.jpg


【最後に】

曲に合わせて体を使い、表現するダンスは楽しいですね。
あなたが踊るダンスを、人が見て素敵と思ってもらえる
よう、日々努力してステキな動きができるよう、ダンス
と向き合ってください。




















# by fit-plus | 2018-09-26 23:46 | ダンス

あなたの身体を探検しよう!汗はどうしてかくの

b0179402_12261400.jpg


暑い夏は気温が高く、何もしなくても汗をかきますし
ジョギングなどの運動をしても汗をかきますね。

汗と言うと、『ベトベト』とか『臭う』とか、あまり
良いイメージがありませんが、これも重要な生理現象の
一つです。

でも、なぜ人は汗をかくのでしょう
その答えは、上がり過ぎた体温を下げるためです

私たちの身体の約60%を占めるのは、水分です。
生命維持には欠かせないものですが、その水分の役割
として、今回は汗について考えてみましょう。



【汗とは】

汗は皮膚表面から分泌されますが、約99%が水分です。
1リットルの汗に3~4.5グラムの塩分が含まれていて
1リットルの汗をかけば、それだけの塩分が失われると
いうことですね。

汗が出る汗腺には2つの種類があります。

①エクリン汗腺
 99%が水分で、全身に分布しています。
 主に体温調節の役目を担っていて、本来無臭です。

②アポクリン汗腺
 水分の他に、タンパク質や脂質などの成分が含まれ
 汗自体には臭いはありませんが、皮膚表面の雑菌に
 よって、汗の臭いとなります。
 アポクリン汗腺は、わきの下など身体の限られた部分
 にしかありません。
 
b0179402_14584717.jpg

【汗の役割】

汗の役割としては大きく2つあります

 ①体温調節
 ②保湿作用


①体温調節

人はなぜ汗をかくのかと言えば、汗を出すことによって
上がってしまった体温を下げるためです。
その原理は、汗が皮膚の上で蒸発する時に熱を奪うこと
で(気化熱)体温を正常な状態に保ちます

人間は、恒温動物なので、体温を常に一定にしておか
ないと、最悪死に至ってしまうのです。

汗1グラムの蒸発で、どのくらいの熱量を奪うかと
言うと、0.6キロカロリーの熱が奪われるそうです。



b0179402_10491260.jpg

例えば、風邪をひいて体温が1度か2度上がっただけ
でも、私たちは身体の不調を感じますよね。
そして、運動をしてもやはり体温が上がります。

つまり、発熱や運動でも皮膚から発汗して、体温調節を
して、身体機能を正常に維持しているのです。
 

   …………………………………………………
          体温調節
   …………………………………………………
外気温の上昇
運動      → 体温上昇 → 体温調節(発汗)
精神的興奮
感染



②保湿作用

汗には体温調節という大切な役割がありますが、女性に
とって気になる、肌の保湿作用もあります。

エクリン汗腺からの汗には、乳酸ナトリウム・尿素など
肌の保湿に作用する物質が含まれているので、天然の
肌の保湿剤としての効果も見逃せないですね。

汗は肌の保湿に大きな役割があるので、汗をかけない
人は乾燥肌(ドライスキン)になってしまうのです。


b0179402_12153212.jpg



【運動による体温上昇】


体温の上昇にはいろいろな理由がありますが、運動に
よる体温の上昇について考えてみましょう。

運動をすると汗がでますが、これも上がってしまった
体温を下げるためなのです。
運動することで体温が上昇する理由は、エネルギーの
生産が関係してきます。

運動をする時には、糖質や脂質がエネルギー源となって
筋肉の収縮が行われます。
この過程で、実際に運動に使われているエネルギー量は
100%ではないのです。

実は、筋肉運動で消費されるエネルギーのうち、運動
に使われるエネルギーは約20%で、80%以上は熱エネ
ルギー(体温の生産)になっているのです。

これは意外ですよね。

このために運動すると、体温が上昇するわけです。
で、上昇した体温を下げるために、汗が出て体温調節
をするのです。

汗をかいて、それが蒸発する時に(気化熱)体温が奪わ
れます。

激しい運動をして体温が39度まで上がった場合、体温を
36度に下げるためには、約500ミリリットルの汗をかく
必要があります。
これから考えると、体温調節のためにどれだけの水分が
必要か判断できますね。


【運動で汗腺機能を育てる】

普段運動もしない、夏はエアコンの効いた室内で過ごす
なんて方は、汗腺の機能が衰えている可能性があります。

暑さに耐えられる身体づくり、夏バテしない身体づくり
のためにも、汗をかく力を育てましょう。

気温が上がってくる初夏の頃から、ややきつめの運動を
して汗腺機能のアップを心掛けましょう。


b0179402_10485094.jpg




【脱水】

最近は、脱水に注意喚起が盛んに叫ばれていますが
水分が発汗によって失われ、水分を補給しないままで
いると、脱水症状を起こします。
体内の水分が不足していると、体温管理ができなく
なると言うことですね。

脱水症は、熱中症の前段階ですから、のどが渇いたと
感じる前に、少しずつ水分補給を心掛けましょう。

熱中症の症状
初期症状は…疲労感・だるさ・吐き気があるなど
重症化する前から、常に注意が必要です。

発汗が無い状態でも、皮膚や呼吸器からたえず水分は
蒸発していますから。

b0179402_12124516.jpg

 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~


汗は、体温調節に大切な役割を果たしていますが
反対に、必要な発汗量が得られないと、どうなるで
しょうか。
体温調節ができなくなり、体内に熱がこもってしまい
うつ熱や、熱中症になりやすくなってしまいます。
これを防ぐためにも、汗をしっかりかく習慣(運動)
を身につけ、良い汗をかけるようにしたいものですね。


*うつ熱 
身体の熱が発散されず、体温上昇をきたした状態
 


















# by fit-plus | 2018-09-18 12:15 | 健康

心臓はえらい!あなたの心臓を助けるのは適度な運動です

b0179402_09223537.jpg

普段は、その存在自体にもあまり意識が無い心臓ですが
駅の階段を駆け上ったり、坂道を登ったりすると息が
切れ、ハアハアした経験はありますよね。

今回は、生命維持にも大切な役割を果たしている心臓に
ついて考えてみましょう。


【心臓】

心臓は、強力な生命維持のためのポンプのようなもの。
それは、心筋と言う筋肉でできていて、自分の意志では
なく働く、不随意筋でできています。
そして、その大きさはにぎりこぶしくらいだそうです。

皆さん、心拍数と言う言葉を聞いたことがあると思い
ますが、この心拍数こそ心臓のポンプが、1分間に収縮
と拡張をして、血液を送り出す回数です。

b0179402_09593131.jpg

静かに座っているだけなら、その数は少ないし、運動を
したり、緊張するとドキドキと自分でもわかるように
心拍数は上がりますね。

寝ても起きても、心臓は1日で約10万回の拍動をして
いますが、そう考えるとすごい!
心臓ありがとうと言いたくなります。


【心臓の働き】

心臓と言えば血液ですね、心臓は拍動によって血液を
全身に送ります。
その血液には、摂取した栄養素や酸素が含まれていて
心臓のポンプ作用によって、栄養分を身体の隅々に届け
ます。
そして、老廃物や二酸化炭素などを回収します。


b0179402_10484424.jpg

皆さん、血液がどのくらいの時間で、身体を1周すると
思いますか?
その答えは、約1分です。

血液は、体重の約1/13で、体重60キロの人で約4.5
リットルだそうですが、約1分弱でこれだけの量の血液
が身体を一巡するのです。
牛乳パック4~5本分が1分足らずで身体を回るのです
から、驚異ですね。


【心拍数】

心拍数は、動物によってその数が違います。

◎カナリアは1分間に何と1,000回
◎ハツカネズミは500回 
◎猫は120回
◎象は20回
◎人間は70回(乳児は130回)

心拍数が多いと、寿命も短いですね。
これから見ても、心拍数は多くない方が、心臓に負担が
掛からないようです。


【有酸素運動】

ジョギング、自転車、水泳などの持久系運動は、有酸素
運動=エアロビクス運動ですが、心臓に、適当な負荷を
かけることで、心筋も強化されます。

有酸素運動を日々継続していくと、心拍数は減っていき
ますが、これは1回の拍動で多くの血液が送り出される
からです。
その代表選手が、マラソンランナーです。

b0179402_12042176.jpg

また血流を助けるのは、筋肉です。
心臓より低いところの血液が、心臓に戻っていくのは
大変ですね。
それを助けるのが、筋肉の収縮運動です。
歩いたり、階段を上ったりと筋肉を使う事で、血流は
促進されます。
血流促進は、運動からです。

結論
やっぱり身体は、動かさなければだめですね。
動けば血は巡るのです




    


  

















# by fit-plus | 2018-09-16 12:13 | 健康