ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

フラフープでダイエット!ウェストのくびれを手に入れよう



b0179402_2232142.jpg

フィットプラスには、フラフープがあります。
新体操で使用する本格的なフープです。

「昔やったわっ!」
「はじめて〜」
「懐かしい…」

など、年代によって?感想はさまざまですが簡単そうに
見えるのですが、なかなかうまくまわせなくてついつい
ムキになってしまいます。
うまくまわせるようになると、これがうれしいのなんの
って。

そして、ウエスト引き締めに効果がありそうです。
「キツキツだったスカートが、スッと入るように
なった」なんて朗報も届いています!


【フラフープの効果】

ダイエット目的でやる方も多いでしょうが、フープの
消費カロリー自体は多くありません。

慣れてしまうと 殆ど余計な力は要らず出来てしまい
ます。 
痩せるというより腹筋の意識や骨盤調整のためには
効果があると思います。

フープでは、センターロールと言われていますが、骨盤
ダイエットでの腰の動きのように、ウェストで回転させ
ることで、インナーマッスルに効きそうです。


【より効果を上げるには】
 

軽いフープでは効果は薄いので 重さも重要です。
重い分腹筋を強く締めないと落ちてしまいます!
フィットプラスでは 2本、3本、4本と重ねて挑戦して
もらっています。

そして 継続時間もポイントです。
落とさずにどれだけ長い時間まわせるかと 挑戦する
人もいて、目下のところ最高記録保持者の記録は何と!
1時間05分連続!
これは例外でお勧めしませんが 3分回して休憩して
また3分と セットで行ってみましょう。
3分って 意外と長いですよ…!

b0179402_10153564.jpg


【フープの回し方基本編】

フープをまわすのには、右回しと左回しがありますが 
慣れたら、どちらもできるように練習しましょう。
でも最初は、どちらでもOK!
無意識に回した方でやってみましょう。

①足のスタンスを決めましょう
 肩幅に足を開き 回す方向の足を一足分前に出す。

②最初の送り出しは床と並行に
 フープを手から放す瞬間が大切です 手を放す瞬間
 は斜めにならないように 床と並行に送り出します。

③身体の軸がぶれないように
 回す時は身体はまっすぐにキープし 骨盤を回す
 ことです。
 腹筋を締めて行いましょう!


何度もやって身体で覚えていきましょう。
自転車より簡単ですよ。



b0179402_12293545.jpg


【おまけの情報】

かつて日本で大ブームを起こしたフラフープですが
今は ”フープ” と言われて、フィットネスの一つと
して楽しまれています。

音楽に合わせて踊るようにフープを自在に扱う『フープ
ダンス』などは、ウェストだけではなく、身体全体を
使ってのパフォーマンスとして行われています。

   ~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~

フラフープを回すだけでのカロリー消費は少ないので 
トレーニングの中に組み入れて行う事をお勧めします。

サーキットトレーニングのついでに、5~10分間
まわすだけでも効果あります。

 
b0179402_10240365.jpg
















by fit-plus | 2009-05-15 22:03 | フィットネス
<< フィットプラス三鷹駅前店4周年記念 韓国式本格よもぎ蒸しでデトック... >>