人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

足腰鍛えて健康寿命は自分の努力で伸ばそう


b0179402_10430985.jpg


日本は、平均寿命が男女共80歳を超え、長寿国と
なっています。
生物学的には、人間は120歳くらいまでは生きる
ことができるそうです。

日本の行政では、65歳以上を高齢者としています。
高齢化を迎えた現在でも、現役で仕事に従事して
いる方も多く、一様に加齢と老化が一致しないと
言うのが現実です。

また、高齢化とともに問題となっているのが
ロコモティブシンドローム』
『サルコペニア』です。

健康な老後を楽しく過ごすためには、どうしたら
よいか、私はまだまだと思っている方も、将来に
向けて確認してみましょう。


【加齢と老化】

寿命と聞くと、皆さん頭に浮かぶのは「老化」と
いうことでしょう。
それでは「加齢」と「老化」は、どう違うのかを
考えてみましょう。

「加齢」とは、読んで字のごとく、年を重ねる
ことを言いますが、人が誕生してから、一生を
終えるまでの、時間の経過を表します。

「老化」とは、単純に老いることです。
もう少し詳しく言えば、成熟期を過ぎ、加齢と
ともに、生体機能が低下することを意味します。

同じ70歳の人でも、より若く見える人もいますが
反対に、歳より老けて見える人もいます。
これは、同じように加齢していても、老化の程度に
違いがあるのが理由でしょうね。


【運動機能と加齢】

加齢にともなう身体の変化は、いろいろありますが
今回は、運動機能についてみてみましょう。

人は、骨格筋によって、体を動かしたり運動など
をします。
しかし、残念ながら加齢とともに徐々に、機能が
低下していきます。
それは、筋肉量の減少、大脳の運動中枢の機能の
低下が影響しています。

これらの機能が低下することで、体の動きが緩慢
になったり、反射的な能力が低下し、バランス
能力も低下します。
それらが原因となり、転倒や骨折を起こしやすく
なります。

b0179402_12044281.jpg
【平均寿命と健康寿命】

平均寿命は延びていますが、健康寿命について
言えば、男女共約10年短い、つまり寝たきりや
介護が必要な期間が、それだけあるということ
になります。

その要介護や、寝たきりになる原因の一つに
転倒や骨折があります。
その背景には、運動機能の低下『ロコモティブ
シンドローム』や、筋肉が極端に落ちてしまう
『サルコペニア』があります。

b0179402_13200313.jpg

【健康寿命を延ばすためには】

加齢に伴い、生体機能が低下するのは、仕方が
ないことですが、できるだけ寿命までを健康で
自立して、生活を送れるようにするためには
どのような努力をすればよいかを考えましょう。

 ………………………………………………………
  それらを予防するには、運動する事です!
 ………………………………………………………
運動習慣のある人は、動脈硬化になりにくく、その
分長生きできることは、明らかになっています。
また、運動は筋力の低下を防ぎます。

足腰の衰えは、脳の運動神経細胞も減少させて
しまうので、普段から運動を習慣にして、健康
寿命を伸ばしていきましょう。

<運動のポイント>

週に3回程度、30分の運動がおススメです。
有酸素系運動の散歩や、筋肉強化の筋肉トレー
ニングを両方行うのが理想です。

 ◎ 歩く(少し早く歩幅を大きく)
 ◎全身を使う(水泳・ゴルフ)
 ◎まめに動く(買い物・掃除)

しかし頑張り過ぎには注意しましょう!
疲れを、翌日に持ち越さない程度で行うことが
大切です。






20170925-112506.jpg






by fit-plus | 2017-09-25 10:00 | 健康
<< トレーニングをしてスタンプラリ... 運動したい・減量したい・体力つ... >>