人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

塩分量に配慮して健康的な食生活を心掛ける!

b0179402_12060426.jpg

フィットメンバーから、海外旅行のお土産にザルツ
ブルクの塩と胡椒を頂きました。

ザルツブルクとは 塩(Salz)の砦(Burg)の意味も
あり 塩で有名だそうです。


20160910-132845.jpg



【塩分】

塩と言えば調味料の一つですが、 今は健康志向の為減塩
が一般的ですね。

塩とは、塩化ナトリウムを主成分とし、ナトリウムは
身体に必須のミネラルです。
これを食塩として毎日の食事で摂取しています。
成人の体内には、ナトリウムとして約100gが含まれて
いるそうです。


【その働きは……】

1、細胞を正常に保つ
塩は細胞内の浸透圧を調整し 食べ物から栄養素を吸収
するために重要な働きをします。

2、神経や筋肉の働きを調整する
私達が身体を動かす時 脳からの指令を電気信号として
神経細胞を通して 筋肉に伝えますが この信号を伝える
働きや 心筋の収縮に対する働きが ナトリウムイオン
です。

3、食欲や味覚の正常化
適切な塩味は食欲を増進させます。
また過度の減塩は味覚も鈍り 更に健康障害を引き起こす
という免疫学的研究もあります。


【適量を摂るためには…】

塩は 人体に必要なミネラルなので適切な量を摂取する
事が大切ですね。

厚生労働省(日本人の食事摂取基準)では18歳以上の
男性は8g未満 女性は7g未満が標準としています。

塩分量例)
 味噌汁 ………………… 1~2 g
 インスタントスープ …… 1.2g
 ハンバーガー …………  2.2g
 ラーメン  ……………… 5~7g
 カレーライス …………… 3〜4g
 スパゲティ テン………… 2〜3g

日本食は 健康面でも素晴らしい内容ですが気を付ける
点がこの塩分です。
伝統的な食生活は 塩分過剰になりやすいのでこの点を
注意しましょう。
過剰摂取は 高血圧や胃がんのリスクも高くなり得る
そうです。




20160910-143111.jpg




by fit-plus | 2016-09-10 10:00 | 健康
<< 運動でおなかや太ももの部分痩せ... 男性がサーキットトレーニングを... >>