人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

運動と水分補給 脱水を防ぐためには失った水分の補給をお忘れなく!

b0179402_00323873.jpg

驚くほど早い梅雨明け宣言と共に、連日の猛暑‼
テレビでは…
『熱中症に気をつけましょう』
『水分補給をこまめに! 』
と注意を促しています。

水分不足の状態で水分補給をしないと、血液は
ドロドロになり、流れが悪くなります。

トレーニング中は、水分補給をお忘れなく!

人間の体の約60%は水分で、1日に出て行く水分
量は、およそ1.2〜2ℓです。

運動で大量の汗をかいたら、その分をしっかり
補給しましょう!

【水分不足で出る症状】
1%…… 喉の渇き
2%…… 強い喉の渇き、食欲減退
4%…… 動きの鈍り、イライラする
6%……手足のふるえ、頭痛、体温や脈拍の上昇
8%…… 呼吸困難、めまい

たった2%の不足でも かなりの影響が有りますね。


【水の働き】
人間の命の源の水!人間の体の約60%は水分です。
それでは、体内の水分の働きは何でしょう。

①体温調節
 気温の上昇で体温が上がると 体温調節のために汗が
 皮膚表面から分泌され この水分が蒸発することで 
 皮膚表面の熱が奪われ 体温の上昇を抑えるのです。 

②栄養素や老廃物を運搬したり 体液や血液の濃度を
 調整する大切な役割も担っています。


b0179402_13530549.jpg


【水分補給の重要性】

呼吸や皮膚からの蒸散などで、 1日2リットルの
水分を失っているそうです。

食事から得られる水分量は、600ml程度。
更に運動などで汗を沢山かいた時は、なおさら
水分を意識的に補給する必要があります。

①こまめに飲む
 のどが渇く前に、水を飲むことがポイントです。
 1度に多く飲むと、胃腸に負担をかけてしまう
 ので、がぶ飲みは厳禁です。

②入浴時や睡眠中も水分が失われます!
 寝る前や朝起き掛けに、水分補給するとよい
 でしょう。

③ビタミン・ミネラル成分も補給しましょう。
 汗をかくと体内の水分と共に、塩分・カリウム
 カルシウムなどの、ミネラル分も排出される
 ので、水分にプラスして、ミネラル分もとる
 ように心掛けましょう。



汗の役割は、上昇した体温を下げるためですが
水分が足りないと、充分に汗が出ず、体温が上が
り過ぎてしまう可能性もあります。
また、血液の流れが悪くなり、酸素や栄養素が
行き渡りにくくなります。
 

b0179402_13593388.jpg



【サーキットトレーニングの場合】

フィットプラスでのサーキットトレーニングや
ゲルマニウム温浴でも、 たくさん汗をかきます。

脱水が、運動のパフォーマンスを下げてしまい
ますから、努めて水分を補給しましょう。

では、サーキットトレーニングでは、どの程度の
水分を摂れば良いのでしょうか。

基本的には、室内での30分のトレーニングです。
普通の水を150〜200mlをトレーニングの前と
途中、そして終了後に分けて飲むのが良いでしょう。

その後、ゲルマニウム温浴に入る場合は、50〜
100ml程度プラスしましよう。


  ~…~…~…~…~…~…~…~…~…


まだまだ続く、暑さに負けないようトレーニング
してこの夏を元気に乗り切りましょう 。


そして、トレーニング中は、お水をシッカリ飲み
ましょう !











by fit-plus | 2013-07-12 10:00 | 健康
<< 順調に進む? 3㎏ダイエット 汗の季節ですね!汗には良い汗と... >>