ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

汗の季節ですね!汗には良い汗と悪い汗があります

b0179402_00413879.jpg

もうすぐ7月、梅雨は明けていませんが 気温もだいぶ
高くなり トレーニングでも汗をかきやすくなりました。

サーキットトレーニング後の メンバーのTシャツを
見るとそれがよく分かります。

サーキットトレーニングもそうですが、ゲルマニウム
温浴でもかなりの発汗があり よもぎ蒸しもしかり!
フィットのメンバーからも 『普通の生活ではこんなに
汗をかくこと無い!』 と言う声をよく耳にします。

その汗の機能は…体温調節ですが、その汗にも “良い汗”

と“悪い汗” があるといいます。
それを簡単に言えば、サラサラかベトベトかの違いです。

人間の身体にある汗腺の半分近くが、普段は活動して
いないとか。
運動不足や冷房のきいた室内ばかりに居ると、汗をかく
必要が無くなるからです。
すると一つの汗腺に負担がかかり、ベタベタした悪い汗に
なってしまう訳です。

日頃から汗をかく生活習慣 (運動)を身につければ
休んでいる汗腺も活動を始め よい汗をかけるのです。

サーキットトレーニングやゲルマニウム温浴、よもぎ
蒸しでの汗も サラッとして気持ちよいのは、体験した
皆さんが 一番感じているのではないでしょうか。

よい汗
ミネラル分は 再び血液中に吸収 されるため成分の
殆どが 水分⇨サラッとしていてべとつきやニオイが
少ない。
すぐ乾くので、体温を下げる。

悪い汗…
ミネラル分が再吸収されず多く含まれている⇨皮膚に
ついた菌の養分となり ニオイのもとになる。
また体からミネラル分が失われると、体調不良、熱中症

の原因となる。
蒸発しにくく、体温を下げる機能が低い。

さあ、皆さん汗を流して この夏を元気に過ごし

ましょう。


20130629-175043.jpg

いつも汗びっしょりになりながらトレーニング !



by fit-plus | 2013-06-29 10:00 | 健康
<< 運動と水分補給 脱水を防ぐため... 3キロ減量を目標に! やせよう... >>