人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

正しい姿勢でマシンを使いトレーニングに効果を出す


b0179402_11193182.jpg
b0179402_11195259.jpg


上の写真は バタフライで背中と胸を鍛えていますが
正しい握り方は 両手の位置がそろっています。
よろしくないのが 下のように手の位置が違っています。

…………………………………………………………………………

なぜ 手の握りの位置がズレてしまうのか?

それは 肩の位置が左右違っているからです。
右利きの方は 右の肩が上がりやすいので マシンに
座った時に両肩の力を抜き どちらかの肩に力が入って
いないか確認しましょう。

グリップを握る時に 両手の高さが違っている場合は
肩に余分な力が入っている、脇の筋肉が拘縮している 
等が考えられます。
手の位置が揃っていますか?

もう1度握った手の位置を確認しマシンを使いましょう。



マシンを使う時は姿勢に注意しましょう

毎日の生活習慣で 身体は多少歪んでいます。
歪みは筋肉の癖ですから くせをそのままにしておくと
益々歪みが大きくなります。

マシンを使う時は 両肩と骨盤を囲む四角が変形しない
よう 両肩と骨盤のラインが平行になっているよう注意
しましょう。


正しい姿勢とは

正しい姿勢とは まっすぐ立ちそれを横から見た場合
耳、肩、骨盤の横のでっぱり、膝、くるぶしが一直線に
なっている姿勢です。

これは腰が反っていない、背中が丸くなっていない
状態で身体(特に腰)に負担が掛からない姿勢です。
さらに 下腹を引締め、ヒップの下を締め、肩の力を
抜きましょう。


しかし日常生活の癖や習慣で 一部の筋肉に負担が
掛かり その部分が硬直することで 拘縮し周りの
組織を引っ張り 身体の歪みにつながっていきます。

身体のコリを解消するには 適度な運動・ストレッチ
などがお勧めですが 同じ動作を繰り返すような
運動は 一部の筋肉に負担が掛かるので 全身をくま
なく使う運動が良いでしょう。


運動とストレッチはセットで

また運動とストレッチはセットで行い 自分の身体を
良く知り どこの部分が固いか またどこの筋肉が
弱いかを知ることで 次のトレーニングの目標も
定まってくるでしょう。



サーキットトレーニングにおいても 今回は特に
マシンを使う場合の注意する点として
バーを握った手の位置に注意しましょう!


細かな事ですが マシントレーニングの効果を正しく
出すためには 大切なポイントです。
皆さんも トレーニングするときの姿勢に注意して
正しい姿勢でトレーニングしましょう。



ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/




by fit-plus | 2018-02-18 11:59 | サーキットトレーニング
<< ダンスが上達するヒント!…スタ... 昔ながらのお手玉遊びが脳も体も... >>