ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

運動時は膝とつま先の向きを揃えて!正しく足を使いましょう



b0179402_08402853.jpg


膝は、肘関節と同様に中間関節と呼ばれ、股関節と足関
節の調整をしています。
と言うことは、股関節や足関節の影響を受けやすいこと
になります。

そこで、足の使い方について考えてみましょう。
あなたの足の使い方は大丈夫?
正しい使い方で、膝に負担をかけないようチェック
しましょう。

脚関節のアライメントを見てみると 構造的に違い
があります。


【О脚・X脚】

両足を揃えて立った姿勢で、膝の位置を見た場合に
両膝が、指2本以上離れている場合をО脚(内反膝)と
言います。

反対に、両膝は揃っているが、内くるぶしが指2本以上
離れている場合をX脚(外反膝)と呼ばれます。


【内反膝】
内反膝(O脚)は、日本人に特に多く見られ、膝関節の
内側にストレスが掛かります。
その結果、内側の軟骨がすり減りやすくなります。
その逆の側には、靭帯が引き伸ばされることで痛みが
出る事もあります。

b0179402_12061585.jpg


【外反膝】
外反膝(X脚)は欧米人に多く、膝関節の外側にスト
レスが掛かり、内側に隙間ができる分靭帯が伸ばされ
痛みが出やすくなります。

b0179402_12064392.jpg


【内股 ガニ股は膝痛のもと】

足先だけを外側や内側に向けると、膝や足関節に負担が
かかります。
膝は、ひねりにとても弱いので、膝とつま先を同じ向き
にして運動する事が重要です。

歩く、走る、スクワット などの運動をする場合は
常に膝とつま先の方向が、 同じ向きにあるこことを
チェックしましょう。

b0179402_12181335.jpg


【腿の筋肉をストレッチしましょう】
腿の前(大腿四頭筋)後ろ(ハムストリングス)の
筋肉が硬くなると、膝が痛くなる場合があります。
また 腰の横(中臀筋など)の筋肉も影響しますから
ストレッチを心掛ける事も大切です。

b0179402_12083058.jpg


【筋力をつけましょう】


筋力が弱いと支える力が十分に働かないので、腰まわ
りを含め、脚の筋肉の強化が必要です。
日本人に多いO脚気味の方は、内転筋群のトレーニ
ングをしましょう。

b0179402_12080382.jpg





【おススメのマシン】

◎レッグカール  大腿四頭筋・ハムストリングス
b0179402_10043382.png



◎コンパス    内転筋・中殿筋・外側広筋・腸脛靭帯


b0179402_10044816.png

 〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜

普段の生活でも、運動をする場合でも、自分の脚が 
どういう状態か知ることも大事です。
鏡の前に真っすぐ立って、自分の脚のアライメントを
確認してみましょう。

関節を痛めないためにも、きれいな脚のラインのため
にも正しく足を使いましょう。

















by fit-plus | 2017-06-20 10:00 | 健康
<< フィットプラス スタンプラリー... 燃える女はダンスエアロで 脂肪... >>