人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

あなたの足の痛みの原因は?足のトラブルと運動

b0179402_12072822.jpg

一般的に、足で気になる問題はいろいろあります。

◎長時間歩くと足が痛い
◎慢性腰痛がある
◎痛みで好きな靴がはけない
◎足に合った靴がなかなか無い

等の悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

女性で多いのが、外反母趾やタコですが、その他にも
以下のトラブルを抱えている方も多いようです。
ひどくなると、痛みも伴ってきます。

例えば …
◎扁平足
◎足底筋膜炎
◎外反母趾
◎タコ・ウオノメ・角質化
◎靴の踵の減りが非対称
…… など


【偏平足】

足裏のアーチがない状態を偏平足といいます。
基本的に、足裏のアーチを作る筋肉は、前脛骨筋群
が大きく関与していますが、足裏の筋肉の衰えも
アーチが低下する原因になります。

アーチが無くなると、かかとが内側に倒れ、靭帯が
引き伸ばされ、炎症や緩みを生じやすくなります。

前脛骨筋群 足の背屈・内反・足底アーチの維持
      (歩行や走行時のクッションの役割)

<原因>
長時間の歩行や立ち仕事による足裏の筋肉の疲労や
筋肉や靭帯の衰えなどが考えられます。
しかし、これらの筋肉が影響しているか、遺伝的な
ものか、医学界でも原因は立証されていないのが現状
です。

<改善法>
対策としては、タオルギャザー運動があります。
また、靴のヒールは3センチ程度にし、インソール
などで、アーチをサポートしましょう。
 

b0179402_12081327.jpg

<足裏のアーチ>

土踏まずのアーチは、歩く時や走る時の衝撃を吸収する
役割があり、体重移動をスムーズにする働きがあります。

足裏には、3つのアーチがあります。
 ①内側アーチ
 ②外側アーチ
 ③前側アーチ

皆さん踵だけで歩いてみて下さい、結構な衝撃が感じ
られるでしょう。
この衝撃を、3つの足裏のアーチがクッションの役目と
なって和らげているのです。

そして、歩行時の推進力がこのアーチの働きで増幅され
けり出しの力がスムーズに働きます。
結果、体重移動や脚のけり出しをスムーズにします。



足底筋膜炎

足底筋の断裂や炎症により、かかと周辺に痛みが発生
します。
朝起きた時に土踏まずが痛んだり、運動をすると痛み
が出ます。

<原因>
足底筋膜炎は、縦のアーチの低下により、足の筋膜に
負担がかかり炎症を起こします。
マラソンなどで、足を酷使すると発症しやすく、薄い
靴底のシューズも原因になります。
また、長時間の立ち仕事や肥満でも発症する可能性が
あります。

<改善法>
対策としては、足底筋のストレッチやアイシングをしま
しょう。
アーチサポートやヒールの装具を利用して、縦のアーチ
をサポートすると良いでしょう。



b0179402_12100328.jpg



外反母趾

外反母趾とは、足の親指の付け根が小指の方に曲がって
いく足のアライメントの障害です。
進行すると、親指についている筋肉の働きで、親指の
付け根が、外側に押し出されます。

足裏の筋肉が弱った人が、ハイヒールや先のとがった
靴を履くことによって、親指や小指が圧迫されて変形
します。
特に女性の場合は、外反母趾と偏平足の併発が多くみら
れます。

横アーチの崩れによって、足指の付け根周辺にタコが
できやすくなります。
女性の足の問題で1番多いのが、この外反母趾ではない
でしょうか。




b0179402_13000110.jpg


<原因>
原因は、靴などの環境要因、遺伝的要因、筋力の弱さ
などが考えられますが。

<改善法>
対策としては、テーピング、インソール、靴の加工など
でアーチのサポートをし、痛みを軽減しましょう。
靴を選ぶ場合は、中央が親指寄りのものを選びましょう。

指先を閉じたり、開いたりする運動や親指にゴムなどを
掛け、お互いに引っ張る運動などで変形の進みを防止
しましょう。

b0179402_11194536.jpg

以上は、普段よく聞く足に関する症状であり、よく発症
する症状です。
その他にも症状としてはありますが、基本的な原因と
しては、姿勢のアンバランス、足自体の問題やサイズの
合わない靴 などです。



【素足で歩いてみましょう】

歩く時は、かかとからつき外側から土踏まずと反対の
小指側がつき、親指の方に向かいます。

地面をけった状態で、推進力を得て浮いた足を、前に
出して前進します。
着地した時には、片足に体重がかかる訳ですから、その
衝撃は大きいのが分ります。
その衝撃を、アーチがバネの役割をして和らげています。

たまには、裸足でじっくり歩くことをして、足裏にかか
る体重の移動を、感じるのも良いかもしれませんね。

足の指を、1本1本丁寧にマッサージしましょう。
足の指の意識も大切ですね。

b0179402_12353189.jpg


b0179402_12112820.jpg

 


【足のトラブルを防ぐために】

トレーニングにおいて注意したいのは、足裏全体に
バランス良く体重を乗せる事です。

特に 親指、小指、踵のの3点でしっかり踏みます。

足指が浮いてしまう、外側に体重がかかるなど自分で
は なかなか気がつかないクセが、全身のバランスを
崩してしまうので、一度確認してみましょう!


昔の日本人は、靴ではなく下駄やぞうりを履いてい
ました。
鼻緒に足の指を入れてはくので、親指や足裏の筋肉の
強化になっていたのです。

靴を履くようになって、これらの足に関する問題が
出てきたのではないでしょうか。


b0179402_11503642.jpg


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~



 …フィットプラスメンバーの可愛いソックス…

普通のソックスもありますが、2本指ソックスや5本
指ソックスなどさまざまです。
スポーツシューズも5本指のシューズがありますね。
5本指ソックスは、指の感覚を得やすいです。

b0179402_01155446.jpg
b0179402_01155636.jpg
b0179402_01155838.jpg
b0179402_01160183.jpg
b0179402_01160391.jpg


by fit-plus | 2017-02-18 10:00 | 健康
<< 女性の健康と美容に有効な…納豆... 理想の身体は一日にしてならず!... >>