ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

ダンスで身体の軸をとるには何が必要か


b0179402_18144794.png



ダンス初心者の皆さんは、両足でルルベするだけでも
グラグラしてしまいますね。
かかとが上がっただけでそうですから、片足で立つ
なんて! ましてやそのままルルベするなんて至難の
業かもしれません。
 
でもダンスでは、踊るためには片足でのバランス力
必要になります。

パッセをするにも、バットマンをするにも、そして
ターンするのも片足で軸をとり、上体がブレないよう
しっかりと立つ必要があるからです。


【軸をとるには何が必要】

軸をとるポイントは、筋肉を体の中心に向かって締める
そして引き上げることです。


まず、軸をとるためには腹筋をしめて身体を引き上げ
ます。
そして、身体の中心に1本の棒が通っている(レッスン
では軸と言いますが)と思ってください。

b0179402_11255840.jpg
例えて言うなら、焼き鳥の串です。
軸となる棒が、縦に身体を貫いているイメージをして
みましょう!

体の中心軸がしっかりあると、ルルベもキープでき
ターンもブレずにまわることができます。
重力によって、身体が下に落ちようとするのを筋肉と
言う動力モーターで、引き上げているのです。

b0179402_18022213.jpg




【軸がブレてしまうのは】

◎体を締める筋力が弱い
◎引き上げができていない
◎膝がゆるんでいる
◎ガチガチに身体に力が入ってしまう
◎身体の前と後ろの筋バランスが悪い

などが考えられますね。
ダンスでは、片足で様々な動きをしますから、それに
対応できる強い筋力が必要になります。

ただし、どの筋肉だけ強ければよい…というわけでは
なく、全身の筋力バランスが整っていないと身体は
ブレやすくなってしまいます。

そして、余計な力が入らないようにしましょう。
全身ガチガチに固めてしまうと、身体は動かなくなっ
てしまいますよ。
b0179402_19332871.jpg

①背筋と腹筋
 骨盤の上にある上体を支えるには、腹筋と背筋の筋力
 が必要です。

 しかし腹筋ばかり強いと、軸は前に倒れやすくなり
 反対にに背筋が強すぎると、軸は後ろに倒れやすく
 なります。
 身体の前面と背面の筋バランスは大切です。


②骨盤周りの筋肉
 骨盤まわりの筋肉は、股関節動作に関わりますから
 骨盤まわりの筋肉が弱い人は、片足で立つと骨盤も
 傾いてしまい身体はおのずと傾きます。

 レッスン中もタンジュをすると骨盤が一緒に動いて
 しまう方がいます。
 これは骨盤まわりの筋群が弱い(使えていない)と
 いうことです。
 
 また、街を歩いていると腰を振りながら歩いている
 人を見かける事があります。
 これは中心軸が身体の真ん中になく、軸が左右に
 ブレてしまっているからです。 
 このような歩き方をする人も骨盤が安定していない
 訳です。

③足の筋肉
 足は、上半身を支えながら足の裏でしっかり床を押す
 力が必要です。
 床をしっかり踏むことで膝も伸び、それが上半身の
 引き上げにつながってきます。


【やるべきこと】

ダンスエクササイズには、筋力をつける為の筋肉トレー
ニングも組み込まれていますから、それらをしっかり
こなし、自分の弱いところを知り、そこを強化すること
が必要です。

そして、しっかり筋肉を使いながら身体の中心を引き
上げましょう。
骨盤はからだの中心で、軸をしっかりとるには背中や
腹筋も一緒に働いている事をお忘れなく。

最後に
理屈もいろいろありますが、何度も挑戦することです。
身体が軸を覚えるまで、何度も何度も繰り返しやって
みましょう。
すると、フッとできる瞬間があります。
そしたらしめたものです、身体が(筋肉)軸を覚えた
のです!


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~


b0179402_20415213.jpg

ダンスを踊る身体は 竜巻のように上体を巻き込みなが
ら引き上げ 天に向かってエネルギーを巻き上げる力が
必要なのです。
そして 感性も磨いてください!
ダンスは感性を大切に踊りたいものです。






by fit-plus | 2018-04-23 12:14 | ダンス
<< 運動がもたらす効果は大きい!身... 現代生活は肩こりを招く!積極的... >>