ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

美しい身体づくりにはダンスストレッチ!上質の筋肉を手に入れよう

b0179402_11491496.jpg



ダンスレッスンには ストレッチが欠かせませんが 
スポーツや運動の前もに ストレッチをすることは
皆さんよくご存じのことでしょう。


【ストレッチには2種類あります】

①静的ストレッチ
②動的ストレッチ

①の静的ストレッチは レッスン後にゆっくり伸ばし 
筋肉がリラックスするために行います。

②の動的ストレッチは 動くために必要な温まった
筋肉のために行います。


【ダンスストレッチで作る上質な筋肉】

ダンスレッスンでいえば 立った状態で行う ウォーム
アップのエクササイズが 全身を使う事で筋肉を温め 
関節の可動域を増し 心拍数を少し上げることでダンス
に必要な動的ストレッチになります。
この時もバランスをとりながら行ったり かかとを
上げた状態のルルべで行ったり 背筋や腹筋も使います
から 筋肉の引き伸ばしと 筋力の両方が養われること
になります。

床に座ってするストレッチは 筋肉を緊張させないよう
身体を楽な状態にして行いましょう。
大きく呼吸をしながら 反動をつけず身体の隅々まで
ゆっくり引き伸ばします。
より足があがるように、より反れるように 肉体表現
であるダンスの表現範囲を広げていきます。
ダンスストレッチは 柔軟性と筋力の両方が養われる
エクササイズです。
つまり 柔軟で強い筋肉が作られる訳です。
これが 上質の筋肉と言う事です。

以前ブログに書いたことがありますが 静的ストレッチ
は筋肉を緩めすぎて 筋肉がリラックスしてしまい 
次の踊る為には 良いパフォーマンスができないのです。
これは ほかのスポーツなどを行う場合も 当てはまる
事です。
ベストパフォーマンスの為には 動的ストレッチから
実施してみましょう。


動的ストレッチよく伸縮する運動に適した
        筋肉のため        


静的ストレッチ=心肺機能も平常値で
        リラックスする為


【ストレッチでわかる身体の状態】

ストレッチをすると 今日はここらあたりの筋肉が
強ばっているな… とか どちらか一方の腿の後ろが
固いな…とか 感じることがありますね。 
ストレッチをすることで 今の自分の身体の状態が
わかります。
神経を集中して 身体が発する信号を見逃さないように
自分の身体の声を しっかり聴きましょう。
レッスン前に軽くストレッチをすることで 今日の自分
の筋肉状態を把握する事ができますよ!

ダンスの上達は コツコツレッスンを継続すること
ですが 柔軟性も同様に コツコツ続けることです。
そして 正しいレッスンをすることも柔軟性の
アップにつながります。



b0179402_12040910.jpg













by fit-plus | 2018-04-29 15:17 | ダンス
<< 運動してもなかなか痩せないのはなぜ 初心者向けダンスに挑戦して身体... >>