ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

あなたの引き締まった脚はタンジュから生まれる!

b0179402_11402891.jpg


ダンスエクササイズでは、バレエの基礎もありますが
この中の、プリエに次ぐ大切なタンジュについて考え
てみましょう。
美脚を目指すあなたに、おススメエクササイズですよ!


【タンジュ】

バレエでは、正式にはバットマンタンジュと言います。
バットマンは…打つこと
タンジュは…張った、伸ばした
と言う意味ですが、脚の筋肉を引き伸ばし、足の甲を
強くします。

基本的には、脚の外側(腿の筋肉)ではなく内側の
筋肉を使いますから、細く締まった脚になります。
美脚を目指す女性にぴったっりのエクササイズです。

そしてタンジュは、ダンスの全ての動きの基本となり
ますから、大切な動きとして正しい使い方をしっかり
覚えましょう。


【タンジュのやり方】

前に出す時は 
 踵から前に押し出しますが、つま先は床から離れない
 ようにし、戻すときはつま先から巻き戻すようにしま
 しょう。

横に出す時は 
 足の裏を擦るように出します。
 戻すときは、内ももを締めるように戻しましょう。

後ろに出す時は 
 つま先から引き出すようにしましょう。 
 戻したら、腰が抜けた状態にならないようヒップ
 を締めましょう。

両足で立ち、つま先は外に開いた1番のポジションを
とり、まっすぐ足を引き延ばし、脚の付け根から出す
ようにしましょう。

b0179402_12282493.jpg

【注意するポイント】

タンジュは、股関節と足関節を使って行う動きですが
最もよくやりがちな間違いは、脚を出す時に骨盤が動い
てしまう事です。
これは、腹筋や骨盤まわりの筋肉を含め、上半身の引き
上げが弱いためです。
骨盤を引き上げるようにしながら、脚の付け根から引き
伸ばしながら出しましょう。


【軸足の重要性】

軸足も大切です。
どうしても、動かす足のほうに注意が集中してしまい
軸の足がゆるんでしまいがちです。

軸足は、足の裏で床をしっかりグッと踏みます。
すると、軸足の膝はしっかり伸びます。
軸足がゆるいとバランスも悪くなりますよ! 

また、足の小指が浮かないようにし、土踏まずがつぶれ
ないように注意しながら、骨盤から上体を引き上げす。
軸足の付け根を引き上げながら、出す脚はつま先で
しっかり引き伸ばす意識を持ち、出す瞬間から戻す瞬間
まで気を抜かないように注意しましょう。



【初めての方は】

初心者の方は、片足で立ちなおかつ骨盤をまっすぐに
キープするだけでも大変ですね。
まだ筋力が弱いので、脚が短縮して膝が曲がりやすく
なります。 
何度も練習をすることで、必要な筋肉を鍛えていき
ましょう。



【ダンスレッスンとしてのポイント】

ダンスを踊るうえで、曲がった膝は弱いうえに見苦し
くなるので、このポイントをしっかり頭に入れながら
レッスンに臨みましょう。

基本エクササイズは大切です。
ダンスが上手になりたいと思うなら、ぜひ基本を毎回
しっかり行ってください。
それは、日々のレッスンでの意識の持ち方で、身体も
変わってくるからです。


【ミニ知識】

◎タンジュを出す足の方向には、バレエ用語があります。
 知っていて損はないので覚えておいてもよいですね。

 前に出す … ドゥヴァン
 横に出す … アラセゴン
 後ろに出す … デリエール


◎バレエの3大要素
 ①足のこうを伸ばす
 ②ターンアウト
 ③膝を伸ばす

 これは、バレエに限らずダンスには必修のポイント
 です。
 膝を伸ばすとは、膝の前を押し込むのではなく膝の
 裏を引き延ばすと思ってください。





b0179402_10443367.jpg


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

タンジュはもちろん、ダンスエクササイズは、身体を
きれいにデザインするエクササイズになります。

筋肉はすぐ忘れて楽をしようとしますから、毎回毎回
”もっとこうだよ” と筋肉に言い聞かせることです。

ダンスの基礎は、初心者でもプロダンサーでも、必ず
同じことをするわけです。
基礎を大事に1歩1歩進んでいきましょう。




















































by fit-plus | 2018-07-02 12:38 | ダンス
<< 痩せているのに生活習慣病!それ... プリエの正しいやり方を再確認し... >>