人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

筑紫舞を探っていくと様々なことが見えてくる


b0179402_10281415.jpg



先日フィットプラスメンバーの方が、筑紫舞(ツクシ
マイ)を神社で舞うということで、聖蹟桜ヶ丘にある
小野神社に出かけてきました。

「筑紫舞」とは初めて聞く名称でしたが、事前に少し
調べてみました。


【筑紫舞】

傀儡(クグツ)と言う一族によって伝えられてきた
神事芸能で、続日本記(731年)にもその存在が記録
されている。
神舞(神様に捧げる)と、くぐつ舞(祭礼の時に神社
境内で人々に見せる)に分類され伝承されてきた。

その特徴は…
*すり足の歩き方
*床をトントンと踏む
*回転する


…等、独特な動きがあります。

これらは神に近づく技とも言われていて、舞と踊りの
要素を確立している。
足づかいについても「ルソン足」「砂けり」「水けり」
「砂けり」などがある。

また、その振りや所作の全てが、お祓いとしての意味
を持ち、人々の穢れを受け、それを神様にお渡しする
ことで、これを祓う意味を持つそうです。


b0179402_11341220.jpg


b0179402_11344553.jpg



b0179402_11350539.jpg


舞の中には、かかとを床につけて、つま先を上げると
いうダンスでいうフレックスの形もあり、興味をそそ
られました。

驚いたのが、飛ぶように回転する動きです。
膝が曲がった状態で回転する動きは、この時初めて
見ましたが、この技はそれなりの体幹力と修練が必要
と思われます。

これを見ながら、バレエでジャンプしながら回転する
動きを思い浮かべました。
筑紫舞とバレエでのジャンプの違いは、体の軸の位置
が違うようです。


<重心の位置の違い>

筑紫舞は、重心が低く膝が曲がった状態で回転して
いましたが、これは重心が低い位置にあります。
バレエやジャズでは、基本プリエから脚が伸びて重心
をより高い位置に引き上げて回転します。

日本には「丹田」という言葉があります。
あなたも聞いたことがあると思いますが、おへその下
三寸に位置していて、日本の舞や座禅でも、また武術
でも、この丹田に意識を持つことが大切と言われて
います。

バレエなどの洋舞の場合は、おへそよりもっと上の
胸のあたりにあると考えます。
つまり、和の舞と洋の舞の違いは、重心の位置の違い
ということがわかります。

この違いは、生活様式の違いから、人種独特の体型や
動きか生み出されてきた結果ではないでしょうか。
農耕民族の日本人は、腰が低いですものね!


<日本の舞>

b0179402_12304053.jpg

日本の舞の根源も、さかのっぼっていくと神の存在が
あります。
私が小さいころ、親に連れられて観た「日本神話」の
映画で、天照大御神が天岩戸に隠れてしまった時
天宇受売命(アメノウズメノミコト)が踊るという
場面をおぼろげながら覚えています。

b0179402_12335524.jpg

実際にこの「筑紫舞」を見て、日本の能や狂言と似て
いるその動きから、日本の舞のルーツを感じました。

能・舞楽・白拍子・歌舞伎・日本舞踊 …と日本の
舞は連綿と受け継がれてきました。
つまり、神への捧げものから大衆娯楽へと変化して
来たわけです。


<神や精霊に捧げる>

私自身は、洋舞であるジャズやバレエと関わってきま
したが、「舞う」「踊る」ということの、成り立ちを
探っていくと、各国にあるダンスの歴史と共通する
ものがあります。

古代エジプトでもシャーマン(巫女)がいて、ダンス
は神に捧げられていましたし、ハワイの「フラ」も
神に捧げる神聖な踊りでした。

b0179402_12113300.jpg
b0179402_12105071.jpg

 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

このように、ダンスは、はるか昔から世界各地にあり
ましたが、その始まりは神への祈りがあり、踊りも
神へ捧げるものでした。
そんな意味では、太陽や月、そして大自然などに人間は
皆同じ感覚を持っていたのですね。




















by fit-plus | 2019-02-11 12:45 | ダンス
<< ダンスは美しい姿勢と体型をつく... 運動不足で糖尿病に…運動が糖尿... >>