人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

あなたが痩せない理由は「モナリザ症候群」のせいかも

あなたが痩せない理由は「モナリザ症候群」のせいかも_b0179402_12593918.jpg

日々スリムを目指して努力しているのに、痩せない!と
お悩みの方も多いでしょう。

ダイエットをしても、運動に励んでも、なかなか結果が
でない方は、自律神経が乱れている可能性があります。

皆さんもご存知の通り自律神経には、交感神経と副交感
神経があります。
日中は交感神経が優位に働き、夜は副交感神経が優位に
なりリラックスできます。

自律神経というくらいですから、自分の意志ではどうに
もなりません。
日中は元気に活動して、夜はゆっくり入浴で疲れを癒し
十分な睡眠をとることで自律神経がよく働くのです。
言うなれば理想的な生活ですね。

しかし、現代は生活習慣の乱れ、例えば寝不足、運動
不足、朝食は摂らない、仕事のストレスなどで、自律
神経も働きが悪くなってしまいがちです。
そんな方が年々増えているのではないでしょうか。


あなたが痩せない理由は「モナリザ症候群」のせいかも_b0179402_12463558.jpg


【モナリザ症候群】

タイトルにある「モナリザ症候群」をご存知ですか?
1990年に国際肥満学会でアメリカのジョージ・ブレイ
博士が提唱したものです。MONALISAsyndorome

most obesity known are low in sympathetic
activity の頭文字を取ったものです。

その内容は、エネルギー消費を促す交感神経は、昼間に
優位に働きますが、不規則な生活が続くと交感神経の
働きが悪くなり、代謝が低下することで体に脂肪がたま
りやすくなるという理論です。

博士が肥満者の摂取エネルギー量を分析すると、食べ
過ぎている人は、3割しかいないという結果も出ている
そうです。

つまり、肥満は食べ過ぎが原因ではなく、交感神経の働
きが悪い結果ということになります。
自分はそんなに食べていないのに太るという人は、交感
神経の働きが低下している可能性があるかもしれません。


【交感神経】

交感神経は日中に活発に働き、副腎からアドレナリンと
いうホルモンが出ることにより、心身が活性化します。
そして、脂肪燃焼にも一役買います。

ちまたにあふれるダイエット情報は「痩せる食べ方」
「即効痩せる運動」などの方法論が多いです。
しかし、ダイエットしても運動をしてもなかなか痩せ
ないという方は、自律神経に注目してみましょう。

ストレスも多く、食事も不規則、などを自覚する方は
どうやって自律神経を整えたらよいのでしょう。

その対処法は、メリハリのある生活をすることです。
 ①規則正しい生活
 ②運動習慣を身に着ける


あなたが痩せない理由は「モナリザ症候群」のせいかも_b0179402_13560442.jpg

生活のメリハリが、身体のメリハリにつながりますね。
しかし、生活の改善には本人の努力が必要です。

ダラダラネットサーフィンして寝不足になったり、毎日
日中は座りっぱなしの生活などを見直して、体を動かす
ことで、昼間の活動量を上ましょう。
運動は、ストレスの解消にもなりますよ。

昔と違って、現代は複雑な社会になり、生活も乱れがち
です。
そんな時代ですから、健康を維持するためには、自分で
心身ともに鍛えていく必要がありそうです。


















































by fit-plus | 2019-11-21 12:11 | 健康
<< ダンスレッスンでプロポーション... 運動能力の向上にも腸内細菌が影... >>