人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

2019年 09月 17日 ( 1 )

年齢とともに硬くなりやすい股関節 筋肉が大きく影響しています

b0179402_10285094.jpg


健康ブームのおかげか、「股関節」という名称も一般的
になってきました。
そういえば、ちょっと前には開脚ストレッチがブームに
なっていましたね。
これこそ、股関節の柔軟性を必要とするものです。

しかし、「股関節ってどこ?」という方も多いのでは
ないでしょうか。


【肝心かなめの骨盤と股関節は凸凹の関係】

股関節は、骨盤と大腿骨のつながっている部分をいい
身体の中で最も大きな関節です。
骨盤の両側にある、寛骨臼(カンコツキュウ)という
くぼみに、大腿骨頭という骨の部分がはまっている部分
をいい、まさに凸凹の関係です。

股関節は、日常生活での様々な動き、例えば立ったり
座ったり、歩くなどに大切な役割を担っています。



b0179402_15451532.jpg


【股関節が機能するためには】

◎硬い筋肉を柔らかくする
◎弱い筋肉を強化する
◎大きく動くことで全身の可動域を高める


筋肉の衰えを予防しよう

骨盤や股関節には、大きな筋肉や小さな筋肉が大変多く
あり、これらの筋肉によって、股関節がスムーズに動く
ことができます。

運動不足で筋力が低下すると、支える力が弱くなること
で姿勢も悪くなります。
すると骨盤の位置がずれ、股関節にも負担がかかります。

また、日常生活で小さい動きしかしていないと、可動域
が狭くなり、必然的に柔軟性も低下してしまいます。


b0179402_13525022.png

年齢があがると、運動量も減ってきます。
おまけに、座っている状態が長い現代生活では、筋力
低下を招きやすいですね。
心掛けて運動をしないと関節にも負担がかかる訳です。

膝や肩関節同様、股関節も加齢によって変形しやすく
不安定な状態になる可能性があります。
実際、股関節痛を訴える女性も結構多いです。

それを予防するためにも、股関節に関係する筋群を強化
することが大切です。

<股関節に関わる主な筋肉は>

◎外転  中殿筋・小殿筋
◎内転  長内転筋・大内転筋
◎伸展  大殿筋
◎屈曲  腸腰筋

これは主な大きな筋肉で、他にも多くの筋群が股関節を
サポートしています。

b0179402_15455295.jpg



トレーニングをする場合、注意するべき点は、バランス
よく鍛えることです。

多くの筋肉があるということは、一部の筋肉が硬くなる
ことで、周囲の筋肉にも影響を及ぼします。

大殿筋ばかり鍛えるとか、外転筋だけ鍛えるなど、偏っ
たトレーニングを続けると、強い筋肉の方に骨が引っ張
られ、関節にずれが生じてしまいます。

また、日常生活での動きのパターンや癖などは、決まっ
た筋肉が固くなります。
そして間違った筋トレや、過度のトレーニングも股関節
に負担がかかります。

それぞれの、股関節に働く筋群をバランスよく鍛える
ことで、股関節の安定と、機能性のアップをはかりま
しょう。


<股関節の柔軟性を保つ>

股関節の柔軟性を改善することで、日常生活やスポーツ
での動作の改善や向上が可能になります。

また股関節は、上半身と下半身を連動させる、かなめに
なっています。
柔軟な股関節によって、さまざまな動きの連動がうまく
いき、パフォーマンスが上がります。

b0179402_13175795.jpg

股関節の柔軟性は、「適度な運動」と「ストレッチ」を
することで得られます。

だからといって、開脚ストレッチで上体を前にべったり
つけるなどは、日常生活では必要ありませんね。

股関節まわりの柔軟性を身に着けることについては
また次回お話しします。

  ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

変形性関節症は、50代以降の女性に多く見られます。
男性では、重労働をしていた人に多く、女性では肥満の
人に多いのが特徴です。

関節に過度の負担をかけず、過体重の方は体重を管理
することも必要ですね。










































by fit-plus | 2019-09-17 14:21 | フィットネス