人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

年齢とともに硬くなりやすい股関節 筋肉が大きく影響しています

b0179402_10285094.jpg


健康ブームのおかげか、「股関節」という名称も一般的
になってきました。
そういえば、ちょっと前には開脚ストレッチがブームに
なっていましたね。
これこそ、股関節の柔軟性を必要とするものです。

しかし、「股関節ってどこ?」という方も多いのでは
ないでしょうか。


【肝心かなめの骨盤と股関節は凸凹の関係】

股関節は、骨盤と大腿骨のつながっている部分をいい
身体の中で最も大きな関節です。
骨盤の両側にある、寛骨臼(カンコツキュウ)という
くぼみに、大腿骨頭という骨の部分がはまっている部分
をいい、まさに凸凹の関係です。

股関節は、日常生活での様々な動き、例えば立ったり
座ったり、歩くなどに大切な役割を担っています。



b0179402_15451532.jpg


【股関節が機能するためには】

◎硬い筋肉を柔らかくする
◎弱い筋肉を強化する
◎大きく動くことで全身の可動域を高める


筋肉の衰えを予防しよう

骨盤や股関節には、大きな筋肉や小さな筋肉が大変多く
あり、これらの筋肉によって、股関節がスムーズに動く
ことができます。

運動不足で筋力が低下すると、支える力が弱くなること
で姿勢も悪くなります。
すると骨盤の位置がずれ、股関節にも負担がかかります。

また、日常生活で小さい動きしかしていないと、可動域
が狭くなり、必然的に柔軟性も低下してしまいます。


b0179402_13525022.png

年齢があがると、運動量も減ってきます。
おまけに、座っている状態が長い現代生活では、筋力
低下を招きやすいですね。
心掛けて運動をしないと関節にも負担がかかる訳です。

膝や肩関節同様、股関節も加齢によって変形しやすく
不安定な状態になる可能性があります。
実際、股関節痛を訴える女性も結構多いです。

それを予防するためにも、股関節に関係する筋群を強化
することが大切です。

<股関節に関わる主な筋肉は>

◎外転  中殿筋・小殿筋
◎内転  長内転筋・大内転筋
◎伸展  大殿筋
◎屈曲  腸腰筋

これは主な大きな筋肉で、他にも多くの筋群が股関節を
サポートしています。

b0179402_15455295.jpg



トレーニングをする場合、注意するべき点は、バランス
よく鍛えることです。

多くの筋肉があるということは、一部の筋肉が硬くなる
ことで、周囲の筋肉にも影響を及ぼします。

大殿筋ばかり鍛えるとか、外転筋だけ鍛えるなど、偏っ
たトレーニングを続けると、強い筋肉の方に骨が引っ張
られ、関節にずれが生じてしまいます。

また、日常生活での動きのパターンや癖などは、決まっ
た筋肉が固くなります。
そして間違った筋トレや、過度のトレーニングも股関節
に負担がかかります。

それぞれの、股関節に働く筋群をバランスよく鍛える
ことで、股関節の安定と、機能性のアップをはかりま
しょう。


<股関節の柔軟性を保つ>

股関節の柔軟性を改善することで、日常生活やスポーツ
での動作の改善や向上が可能になります。

また股関節は、上半身と下半身を連動させる、かなめに
なっています。
柔軟な股関節によって、さまざまな動きの連動がうまく
いき、パフォーマンスが上がります。

b0179402_13175795.jpg

股関節の柔軟性は、「適度な運動」と「ストレッチ」を
することで得られます。

だからといって、開脚ストレッチで上体を前にべったり
つけるなどは、日常生活では必要ありませんね。

股関節まわりの柔軟性を身に着けることについては
また次回お話しします。

  ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

変形性関節症は、50代以降の女性に多く見られます。
男性では、重労働をしていた人に多く、女性では肥満の
人に多いのが特徴です。

関節に過度の負担をかけず、過体重の方は体重を管理
することも必要ですね。










































# by fit-plus | 2019-09-17 14:21 | フィットネス

年齢とともに変化する体 あなたの体年齢はいくつ

b0179402_14505464.jpg

フィットプラスは、オープンしてから14年経ちます。
今年の秋で15年目を迎えます。

その当時入会した方も、14年分歳を重ねたわけです。
30歳だった方は、44歳、40歳だった方は54歳と…!
年齢は嫌でも増えていきますが、フィットプラスで
トレーニングを継続されている方たちは、入会当時と
変わらずお元気です。
それこそ、運動を継続してこその結果でしょう。

体の衰えは、だれにも平等に現れます。
便利な世の中が老化を加速させてしまい、それに気付
かないまま過ごし、ある時急に体力筋力の衰えを実感
する羽目になるかもしれません。

運動を習慣にすること自体、スタイルをよくしたいとか
痩せたいとか、今の自分を変えるだけではなく、将来の
自分のために大切な習慣です。


【年齢とともに変化する体】

よく体年齢といいますが、年齢の割に体力がある方。
反対に、年齢の割に体力がなく、見た目も老けて見え
る方など、個人差が出てくるのが、40歳を過ぎた頃で
しょうか。

<肥満が気になる40代>

人は30歳を過ぎるころから、筋肉は減少していきます。
そして、40歳を過ぎるころから内臓脂肪が増加傾向に。
いわゆるメタボになりやすくなります。

食事による糖分の約70%は、筋肉で消費されますが
その筋肉量が減少してくると、消費しきれずに余って
しまいます。
当然の結果、脂肪となって体についてしまい、肥満に
なります。

中年を迎えた方(特に男性)は、要注意ですね。
しかし、体力的にはまだまだ元気で、運動を始めると
体力、筋力ともについてきます。

そこで、運動と炭水化物や脂肪分の摂取を控えれば
若々しい体を維持できるでしょう。



b0179402_15495614.jpg



<骨ケア・筋肉ケアの50代>

女性の場合は、閉経を迎えるころですが、これは骨の
問題が起こりやすい時期になります。
骨粗鬆症の方も増える年代です。
骨が弱くなるのは、女性に限らず男性にも言えるので
骨ケアも考えましょう。

骨を健康に保つには、栄養摂取ももちろんですが、骨に
適度な負荷をかけることで、骨を強化することが重要
です。

そして筋肉の減少も、40代より早くなります。
この年代は、無理な重量での筋トレには注意が必要で
運動をする場合は、ゆっくりペースで徐々に体を慣ら
していくのがよいでしょう。

b0179402_10504365.jpg

<個人差が大きくなる60代>

健康寿命が気になる60代からの健康は、まさに個人差
が大きく出てきます。
70代や80代に向かって、いかに健康に過ごすことが
できるかは、いかに積極的に運動をするかにかかって
いるでしょう。

この年代は関節も硬くなりやすく、筋肉の減少が一段
と早くなる時期。
また、筋肉量の減少は感染症、糖尿病など病気のリスク
も高くなります。

70歳を超える方で痩せている方は、たんぱく質の摂取
量が少ない、粗食が影響していることが考えられます。
十分なたんぱく質の摂取が必要です。

歩くのが遅くなったと感じる方も要注意です。
筋肉量が落ちているので、運動によって筋肉量を増やす
必要があります。

最近の研究では、75~84歳の高齢者の歩く速さと10年
後の生存率を調べると、歩く速度が速い人ほど長命で
あることがわかっているそうです。

これは歩く速度と、筋肉量が関係しているからですね。
老化は足からとよく言いますが、一番落ちやすい脚の
筋肉をしっかりつけていきましょう。
そして、関節の柔軟性を保つためにストレッチも心がけ
ましょう。
b0179402_12020278.jpg

 ~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~

あなたの体年齢はどうでしょう。
運動はしていますか? 
いつまでも若々しく、年齢を重ねるためにも運動を習慣
にしたいものです。
運動は、好きでないからやらないなんて、言っていられ
ないですね。
大切なことは、無理をしないでコツコツ続けることです。



































# by fit-plus | 2019-09-11 12:57 | 健康

体型と性格はつながっているのか 性格類型理論でみると…

b0179402_12102887.jpg

体型と性格の関連性について、よく言われていること
があります。

例えば、ポッチャリ体型の人は、優しそうに見えます。
反対にガリガリの人は、神経質そうにも見えます。
体型から受けるイメージは、確かにありますね。

その「体型」と「気質」の関係について、述べている
のが、クレッチマーの「体型」と「気質」の分類です。

心理学系の中でも『クレッチマーの性格類型』として
けっこう有名です。


<クレッチマーの性格類型>

ドイツの精神科医クレッチマーは、人の体型と性格を
統計データに基づいて調査し、その関連性を性格類型
として説きました。
それは、クレッチマーの3気質と呼ばれ、体型と気質
を関連づけたものです。

●細長型 … 分裂気質 / 繊細、まじめ、非社交的
●肥満型 … 躁鬱気質 / 社交的、親切、陽気
●筋肉型 … 粘着気質 / 几帳面、粘り強い、頑固


〈気質と性格〉

気質とは、生まれ持っている、遺伝的な要素が大きい
行動の個人差とされています。

性格とは、育ってきた環境によって作られるもの。
つまり、生まれながらに持っている気質と、その後育っ
た環境によってつくられる部分の、両方が存在します。

最近よく使われる「パーソナリティ」とは、個人の感情
思考・行動の一貫したパターンの特徴とされています。
それは、もともと持っている気質に、後天的に形成され
た性格が合わさったものを言います。

クレッチマーは、性格の中心は気質であるとしています。

b0179402_11273818.jpg

<体質と体型>

体質とは、生まれながらに持っている体の特徴です。
遺伝的要素も多いので、気質と似ていますね。

体型とは、体質に加え、育った環境での食生活や生活
環境が影響して作られます。
後天的な要素が影響する点では、これまた性格と同じ
です。

体型はダイエットや運動で変えられますが、体質自体
を変えることは、なかなか難しいですね。


<性格類型の真偽のほどは>

クレッチマーの性格類型を紹介しましたが、果たして
あなたには当てはまったでしょうか?

クレッチマーの理論は、類型論と言って体格によって
性格を分類するものです。

よくある「血液型による性格判断」もいわゆる類型論
の一つですね。
どちらも今の流行り言葉で言うと、科学的エビデンスは
ないので、あくまで参考まで、にしてください。

でも、なんとなく納得してしまう部分もありますね。

b0179402_12342174.jpg
  

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ダイエットも、自分の体質についての理解を深め
日々の努力によって、体格を変えていきましょう。
























# by fit-plus | 2019-09-07 13:05

夏の疲れはお肌にも!あなたのお肌は大丈夫?


b0179402_12325567.jpg

いよいよ9月となりました。
とは言え、まだまだ暑い日が続きます。
この時期は、そろそろ夏の疲れが、身体だけではなく
お肌にも出てくるころです。

そんな方のために、今月も「足ツボマッサージ」
「フェイシャル」のイベントを開催します。

足ツボマッサージは、足の裏のツボを刺激することで
冷え性や足のむくみ、だるさなどが改善されます。
今年も酷暑続きで、冷房による体の冷えを感じる方も
多いようです。

そして気になるのが、お肌の状態!
強い紫外線や汗の刺激、また寝不足などで、お肌には
ダメージがでる季節です。
それをほっておけば、お肌の老化に拍車がかかってしま
います。

お肌の疲れを感じている方は、フェイシャルでお肌を
癒してあげましょう。


【お肌の疲れ】

肌の疲労の原因は…
 ◎不規則な生活
 ◎強い紫外線を浴びる
 ◎過剰な皮脂や汗の分泌
 ◎精神的ストレス
 ◎メイクをしたまま寝てしまう

あなたも、こんな事に思い当たることはありませんか。
夏の終わりは、肌も夏バテ状態かもしれません。
その状態を放置すると、秋から冬に肌トラブルの元と
なってしまいます。


【顔の筋肉】

顔には、表情筋という筋肉があります。
表情筋は、皮膚を動かすことで、さまざまな顔の表情を
作り出します。

この表情筋の衰えやコリが、たるみなどをおこします。
顔の筋肉が固くなると、血行も悪くなり、むくみやすく
顔色も悪くなってしまいます。

顔の主な筋肉は…

頬筋」(きょうきん)…
  主に口角を上げる時に使います。
  この筋肉が衰えると、ほおのたるみやほうれい線の
  原因になります。

眼輪筋」(がんりんきん)
  主に目の開閉に使われます。この筋肉が衰えると
  目じりのシワやまぶたのくぼみの原因になります。

口輪筋」(こうりんきん)
  口まわりにある口輪筋は、口を動かすために使い
  ます。
  これが衰えると、口まわりのシワや口角が下がり
  ます。

頤筋」(おとがいきん)
  あごにある筋肉で、口を動かすために使われます。
  この筋肉の衰えがあると、口まわりのシワや二重
  顎など顔の輪郭が崩れます。

前頭筋」(ぜんとうきん)
  おでこの筋肉で、眉を動かす時に使われます。
  この筋肉が衰えると、おでこのシワの元になります。


b0179402_10340216.jpg



【顔の筋肉のコリ】

顔の筋肉も、身体の筋肉と同じで、使いすぎると硬く
なってしまいます。
つまり、筋肉の疲労です。

例えば、パソコンやスマホを長時間見るなどは、目を
酷使している状態ですから、目の周りの筋肉が、固く
なります。
歯を食いしばるくせのある方も、やはりコリやすく
なります。
また、接客業で笑顔などの表情をつくる方も、顔の筋肉
が疲れ、そのままにしていると、顔の筋肉はこってしま
います。

顔の筋肉がコルと、さまざまな症状が出てきます。

 ◎表情が作りにくくなる
 ◎顔色が悪くなる
 ◎むくみやすくなる
 ◎たるみやすくなる

しかし、反対にいつも無表情でいると、表情筋は硬く
なりやすいのです。

顔の筋肉も身体の筋肉も同じですね、使い過ぎは硬く
なりやすく、使わなすぎも筋力を弱くするのです。


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

夏を過ごしたお肌のダメージケアに、プロの手による
スペシャルケアを受けてみませんか。

リフレクソロジー・フェイシャルどちらも、お好きな
コースが選べます。
贅沢に、両方のコースを受ける方もいらっしゃいます。

      開催日:9月19日(木)
      時間:15:00~20:00



b0179402_09255493.jpg


自分でマッサージするのは、かえってお肌を痛めてしま
う可能性もあります。
ここはぜひプロにお任せして、心地よい時間を過ごして
みましょう。



















# by fit-plus | 2019-09-03 10:19 | フィットプラスイベント

筋トレの流行を考える あなたが筋トレする理由は何ですか

b0179402_10533053.jpg


インスタをのぞくと、マッチョに鍛えた男性や、女性も
見事に鍛えた腹筋など「すごいでしょ私!」と言わん
ばかりの画像が多くアップされています。

筋肉をつけるための食事、いかに鍛え上げるか、など
の情報も多く出ています。
筋トレ自体が、一つの流行なのかと思わせます。
以前は、筋トレで自分の体を変えること自体、一般的
ではありませんでした。

その、何かと話題の筋トレ、そしてトレーニングに
ついて改めて考えてみましょう。

筋トレとは、筋肉トレーニングと言うことです。
骨格筋に負荷をかけることで、筋力・筋持久力をつけ
強化するトレーニングを言います。

しかし、その筋肉をつけること自体が、最終目的に
なってしまってはいませんか。


【筋トレの意味】

体を鍛えるということは、体が機能的に動くようにする
ために行うこと。
これが、一般の方たちに必要なトレーニングの基本では
ないでしょうか。

そのために必要なのが、筋肉を適度に鍛え、全身の調整
をすること。
調整するという意味で「コンディショニング」と、とら
えて欲しいです。
言うなれば、筋トレは基礎トレーニングです。
つまり、基礎である筋肉を鍛え、正しい体の使い方を
覚え、思い通りに気持ちよく動く体を目指すことでは
ないでしょうか。


b0179402_12083372.jpg



【トレーニングは姿勢の維持】

脳から、体を動かす指令が出ると、神経を通して筋肉
に届いて、身体活動が行われます。

その神経が通るのが、脊髄ですね。
人間は脊柱動物ですが、脊柱は体の中心にあり、軸と
なっています。
つまり脊柱から通る神経と、姿勢は重大な関係にある
ということです。

他の脊椎動物と違う点は、人間は二本足で立っている
点です。
そして、脊椎のS字カーブが重力を受けながらも動きを
コントロールしています。
中心をなす脊柱が整ってこそ、腕や脚の動きも整って
くるでしょう。

よく「正しい姿勢」と言いますが、正しい姿勢が維持
されてこそ、神経伝達もスムーズに行われるのです。

日常生活においても、スポーツをする場合でも、姿勢
が大切になります。
ですから体の軸の意識を常に意識しましょう。


b0179402_10323615.jpg


全身の筋肉をバランスよく鍛えることによって、姿勢が
改善されます。
良い姿勢でトレーニングすることで、体の各筋肉がより
機能的にトレーニングされます。

自分の得意な筋トレばかりしたり、無理な重量の負荷で
トレーニングすることは、体にダメージを与えるばかり
です。

筋肉は人に見せるためのも? 
イイエ、機能する体を手に入れるためのものですね。
各筋群をバランスよく鍛え、気持ちよく動く体を手に
入れましょう。

















# by fit-plus | 2019-08-31 13:22 | 筋トレ