ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

ダンスでの「振り覚えが悪い」と落ち込まない

b0179402_00132846.jpg

ダンスには、コンビネーション(振付)があります。
ダンスを習っている方にとって、一番楽しい時間はこの
コンビネーションの時間でしょう。

そのコンビネーションを覚えるのに、すぐ振りが入る人
となかなか入らない人がいます。

振りを覚えるのが苦手な方は、こう思うでしょうね。
早く振りを覚える秘訣があったら、教えてほしいと!
今日は、振りを覚えることについて考えてみましょう。


特にダンス初心者の方は、振り付けを覚えることが大変
と思うところでしょう。
なぜなら、ダンスの経験が少ないので、ダンスの動きに
慣れていないことと、基本的なステップなどを知らない
ことがあります。

ダンスは、学んだことを体で覚えることです。

目で見て → 頭で判断して → 身体に反映させる

これを、レッスンを受けることで何度も繰り返します。

例えて言えば、学校で数学の公式を学びました。
家で、参考書に載っている応用問題をいくつも解いて
いきます。
基本を学んだら、応用問題を解いて、より理解を深めて
力をつけていきますよね。
ダンスも、これと同じことが言えます。



b0179402_00583916.jpg


レッスンを受けることは、応用問題を経験する事です。
数多くのレッスンを経験することで、動きの流れも早く
つかむことができるようになります。



…………………………………………………………………
 では、振り覚えを早くするためには、どんな
 ことに注意すればよいのでしょうか。
…………………………………………………………………


b0179402_01385248.jpg


【基本の動きを早く覚えましょう】


ダンスエクササイズの中には、振り付けにつながる基本
的な動きが、たくさん入っています。
ですから、基本をしっかり身に着けることが大切です。
やはり、基本が第一です。


【振りのポイントを抑える】

振り付けは、エイトカウントのつながりです。
レッスンでは、8カウント×4程度の振り付けを覚える
ことが多いですが、ダンス初心者の方にはすべて覚える
のは結構大変でしょう。

カウントのすべてを覚えるより、振りのポイントとなる
部分(きめのポーズやターンが入るカウントなど)を
しっかり入れる。
つまり、要所を抑えておくとよいでしょう。
そのあとで、細かい点を詰めていきましょう。


【しっかり目を使いましょう】

指導者の動きをよく見ることです。
ダンスを覚えることは、まず振り付けを見ることから
始まります。
どちらの足が出るか、体の向きは、手はどこから伸ばし
てどこまで上げているか、腰の位置は、などよく観察
しましょう。



【重心の移動】

ダンスは、足でステップを踏みながら移動します。
つまり、重心の移動があります。

もちろん両足重心で立つ場合もありますが、ほとんどは
どちらかの足に重心があることで、次のステップにつな
がるわけです。

初心者の方は、この点があいまいになってしまうことが
多いので、次の足がどちらから出るか、わからなくなる
場合が目につきます。

どちらの足に重心をかけているか、重心移動をしっかり
しましょう。

b0179402_10142701.jpg


【多くの振り付けを経験する】

先ほども言いましたが、応用問題を多く経験することで
目で見たものを、すぐ身体(筋肉)が反応できるように
なります。

ダンス経験を何年も積むと、動きの引き出しがたくさん
増えます。
人は、二本の脚と二本の腕しかありませんから、それを
どう組み合わせて動かすか!です。

多くののレッスンをこなしていくことで、動きの回路が
増え、新しい振り付けにも、早く反応できるようになり
ますから。




b0179402_09544727.jpg



同じダンス初心者でも、振りを早く覚える器用な人と
なかなか覚えられない人がいることは事実あります。

でも、振り覚えが早いことと、ダンスが上手ということ
とは別問題です。
ダンスの振り付けを覚えるのが苦手でも、努力すれば
振り覚えのスピードアップは可能ですし、ダンスの上達
も本人の努力にかかっています。

振りを覚えることも、ダンストレーニングの一つと考え
ましょう。
つまり、覚えるトレーニングを積めば、だれでも振り
覚えは早くなりますよ。


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

フィットプラスのクリスマスパ-ティに向けて、ダンス
初心者クラスの皆さんが、必死?にダンスの振り付けを
練習しています。

まさに、振りを覚える作業に追われている最中です。
振りが、なかなか入らない方もいるようですが、何回も
何回もやってみましょう。

数多く練習すると、音が鳴っただけで、身体が反応する
ようになります。
そうなったら、振りが完全に身体に入ったと言うこと
です!

1曲完全に踊るということは、ダンスをするうえで
とても良い勉強になります。
皆さん、ぜひこのチャンスを生かして、ダンスの上達に
つなげていきましょう。

     ……………………………………………

    フィットプラスのクリスマスパーティ
        
         12月22日(土)
        18:00~21:00


    ………………………………………………

b0179402_11352404.jpg





















# by fit-plus | 2018-12-13 11:48 | ダンス

ダンスに必要な股関節の柔軟性を高めるためには

b0179402_10222275.jpg


ダンスをするうえで必要な、身体能力の一つに柔軟性
があります。
その中でも、皆さんが「もう少し柔らかくしたい」と
思っているのが、股関節の柔軟性ではないでしょうか。

体の柔軟性を高めるためには、関節の可動域を大きく
する必要があります。
今回は、この股関節周りの柔軟性について、考えてみま
しょう。


【股関節】

股関節は、大腿骨の骨頭が、骨盤(腸骨・恥骨・座骨)
の下にある骨のくぼみに、はまってできています。
この関係は、たとえて言えばボール(大腿骨骨頭)と
ソケット(骨盤の寛骨臼)の関係です。
人の関節では、この股関節と肩関節が、球関節になって
いて、これがクルクル動くことで、下肢や腕が自由に
動くわけです。




b0179402_12392111.jpg

b0179402_10194146.jpg




さらに、股関節の周りを靭帯(Y靭帯・恥骨大腿靭帯)
が補強しています。
股関節では動きが自由でも、Y靭帯が厚く強いために
動きを制限しています。


<いろいろな動きが可能な関節>

靭帯で守られた股関節は、球関節だからこそ各方向に
自在に動くことが可能になります。

 ①前にあげる屈曲
 ②後ろに伸ばす伸展
 ③外側にあげる外転
 ④外側にあげた下肢を戻す内転
 ⑤外側に回旋する外旋
 ⑥反対の内側に回旋するのが内旋

b0179402_11063836.png


<ダンスの基本はターンアウトから>

股関節の外旋は、ダンスにおいても基本になります。
股関節の外旋には、筋肉もかかわっています。
ではどんな筋肉か、みてみましょう。

股関節の外旋 … 大殿筋・中殿筋・腸腰筋・外旋筋群
股関節の内旋 … 内転筋群・大殿筋

これらの筋群がかかわって、プリエやパッセ、アラベ
スクなどの動きにつながっていきます。
この時、十分な柔軟性が無いと余計な部分が緊張したり
正しいポジションが取れなくなります。

皆さんは、筋肉の名称などは、あまり覚える必要はない
でしょうが、骨格はある程度理解した方がストレッチを
行う上でとても有効ですよ。

皆さんが、ダンスレッスンで行う各脚でのポジションで
のプリエの動きは、体幹がぶれないようにすることで
股関節を開きやすくするサポートにもなります。

b0179402_10430715.jpg





<開脚>

そこで、皆さんが気になる股関節の柔軟性ですが…
開脚では、股関節を外旋させていくわけですが、一般的
にその角度は平均45度と言われています。

ダンスにおいては、90度近くまで開くのですから、それ
なりに努力をする必要があります。
より開脚の角度を上げるためには、日々のストレッチが
大切です。

b0179402_10503935.jpg


では、開脚を妨げる原因は何でしょう?

◎内転筋の柔軟性不足
◎股関節靭帯の柔軟性不足
◎ハムストリングスの柔軟性不足
◎個人的な骨格の差

などが考えられますが、一番影響するのは筋肉より
関節を守っている靭帯でしょう。

生まれつき柔らかく長い靭帯を持っている人は、苦も
無く180度開脚もできるでしょうが、それは反対に
組織を傷める危険もある訳です。
強靭な靭帯は、体を守るためには必要なのです。

骨の個人差は仕方ないとして、靭帯や筋肉の柔軟性を
つけていけば、可動域は広げることが可能と言うこと
です。

また、関節の可動域を妨げる原因は、1つだけではなく
いくつかの原因が、重なっている場合が多いでしょう。


b0179402_10174203.jpg



【柔軟性を手に入れるためには】

股関節の柔軟性を手に入れるためのポイントは…

皆さん、開脚する時に脚を開くことに、一生懸命に
なりすぎることが多いです。
順番を踏まえて、徐々に行っていきましょう。


<開脚をする前に>
開脚をする前に、関係する筋肉のストレッチをしま
しょう。
関係する筋肉が固いまま、急に開脚しても思うようには
いきません。
腿の裏、足の付け根、内腿などをよくストレッチした
うえで、開脚してみましょう。


<開脚のポイント>

①骨盤を立てる
 先ず、開脚した時に骨盤が立っていないと、体を前に
 倒すことは不可能です。
 猫背や股関節の柔軟性が無い方は、骨盤が後ろに倒れ
 てしまいます。 
 また、頭から突っ込んで、骨盤が動いていない方も
 多いので、上体はまっすぐにしたまま前に倒していき
 ましょう。

②骨盤を動かさずに股関節を動かす感覚を知る
 開脚をしても、股関節自体が動かないと関係ない筋肉
 に力が入るばかりで効果が得られません。
 足をフレックスにして、骨盤に手を当て、股関節から
 脚を内側と外側にゆっくり動かして、股関節の動きを
 感じてみましょう。


<開脚して上体を倒すポイント>

 ①充分に各筋肉をストレッチします。
 ②開脚したらまず骨盤を立てます。
 ③上体を上に引き上げ、特に腰裏を引き上げましょう。
 ④膝を天井に向けます。
 ⑤腰の後ろから、前に少しずつ押していきましょう。

毎日、少しずつ行って、股関節の柔軟性を手に入れま
しょう。

b0179402_10243854.jpg


バットマンするにも、股関節の柔軟性が必要です!
体の中心にあり、骨盤と言う大きな骨につながっている
股関節は、なかなか手ごわいです。
と言うことは、粘り強くストレッチを継続して、股関節
の柔軟性を手に入れていきましょう。

















# by fit-plus | 2018-12-06 11:11 | ダンス

気になる産後のボディラインを整えるためには

b0179402_11514132.jpg

出産を終えた女性が、一番気になるところは、ボディ
ラインの変化でしょう。

太ってしまった、腰が痛い、足のむくみが気になるなど
ボディラインの変化と共に、さまざまな不調を感じる
方も多いのではないでしょうか。

今回は、出産で変化する骨盤について知り、産前の体型
にいかにして戻すか考えてみましょう。


【男女の骨盤の違い】

骨盤は、左右の寛骨と仙骨と尾骨から構成されていて
仙骨と尾骨は脊柱の一部でもあります。

体の中心にあって、上には背骨、下は股関節につながり
内臓や、子宮を保護する役目も果たしています。

b0179402_11571654.jpg

女性の骨盤は、男性の骨盤と比べ、より丸く横に広い
構造になっています。
それは、赤ちゃんを育てるための子宮が収まっていて
出産するための出口として、左右の恥骨の角度が広く
なっています。


b0179402_11431263.jpg


【妊娠中の反り腰】

妊娠後期になると、大きなお腹が前にせり出します。
すると、バランスをとるためにどうしても「反り腰」の
姿勢になります。

反り腰は、腰に大きな負担がかかるため、腰痛をおこし
やすくなります。
反り腰になると、殿筋も緩んでしまい筋肉のバランスも
崩れてしまいます。

また、大きなお腹では動くのもしんどいので、運動不足
で筋力も低下しやすくなります。



b0179402_12305468.jpg


【出産時は骨盤が開く】

普段は、靭帯や筋肉で補強されている骨盤も、出産時は
大きく開いた状態になります。
でも心配はいりません、開いた骨盤は自然と元に戻る
のです。
b0179402_14095281.jpg

産後は、無理をしないように家事や育児をし、身体の
回復を心掛け、まだ安定しない骨盤に負担がかからない
ようにしましょう。

それでも、以前から骨盤が歪んでいたり、産後に無理
をしたりで、うまく元に戻らないままの方も…。

そのため、腰痛や恥骨痛など、骨盤まわりに痛みが
のこったり、おなかがポッコリしたままになったりと
気になる症状も出てきます。


【産後のボディラインを整えるためには】

やはり、出産後の女性にとってプロポーションの変化が
一番気になるところでしょう。

出産前の体型に戻すためには、筋肉をバランスよく鍛え
ることです。
バランスが悪いまま生活を続けると、骨盤の歪みが固定
されてしまい、身体全体にその影響が出てしまいます。

弱った筋肉や、バランスが崩れた筋肉を整えながら強化
しましょう。 *でも無理は禁物です。


① ストレッチで柔軟性を高めましょう。
  妊娠中は、動きも制限されるため関節も硬くなって
  います。
  大きなお腹で、バランスをとるために、腰や背中の
  筋肉は強張っているでしょう。
  ゆっくりストレッチをして、関節の可動域を広げ
  筋肉をやわらげましょう。
  特に股関節周りや、腿のストレッチをお忘れなく。

② 筋肉をバランスよく鍛えましょう。
  一番緩んでいるのは、腹筋でしょうし殿筋も弱って
  います。
  弱った筋肉をしっかり鍛えて、筋肉のバランスを
  整えましょう。

③ 普段から正しい姿勢を意識しましょう。
  これは、出産後に限らず、誰にも当てはまることで
  骨盤が後ろに倒れたり、反対に反ったりしないよう
  意識しましょう。



【リラキシンホルモン】

「リラキシンホルモン」て聞いたことありますか?
1930年に発見されたホルモンで、出産と深い関わりが
あります。

子宮弛緩因子と呼ばれ、恥骨結合の弛緩など出産に向け
生理的な助けになる働きをする訳です。
しかし、関節や靭帯なども柔らかくなるので、骨盤が
不安定になり、恥骨痛などを感じる方もでてくるという
あまり良くない点もあります。

出産後は、骨盤まわりの筋肉も不安定なので、負担が
かかる動きや、悪い姿勢にならないように注意も必要
ですね。



b0179402_15211234.jpg


【骨盤は体の中心】

骨盤は体の中心にあって、たくさんの筋肉がついて
います。
反り腰や猫背など、いわゆる不良姿勢を続けると、体は
バランスをとるために変位し、筋肉に負担がかかります。
そして、その影響は全身に及んでしまいます。


骨盤がゆがむ原因
 ①不良姿勢 (ねこぜ・反り腰)
 ②筋力不足(姿勢の保持にはある程度の筋力が必要)
 ③偏った筋肉の使い方(筋力の不均衡)
 ④妊娠・出産(女性ならではのものですね)

◎普段から、姿勢の意識を持ちましょう。
◎腰痛などがある方は、ストレッチなどで硬くなった
 筋肉の柔軟性を取り戻しましょう。
◎そして、全身を程よく使うことで、筋力の偏りをなく
 しましょう。

 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

昔の人は多産で、4人とか5人の子供を産んでいました。
それが普通で、産前産後は家事労働をしていました。
昔のことですから、家電は無いので、体を使っての労働
(筋肉運動)をしていたわけです。

しかし現在は、少子化・家電の発達・核家族化などの
影響もあって、もともとの体力不足などから、出産や
産後の体に影響があるのではないでしょうか。

出産前から、ある程度の体力を維持すること、出産後も
体を使うことで、体力・筋力を維持する生活を心がけ
ましょう。


















# by fit-plus | 2018-11-27 15:44 | 健康

2018年秋 フィットプラスは14年目を迎えました


b0179402_09422293.jpg



2018年のこの秋で、フィットプラス三鷹駅前店は
お陰様でオープンから14年目を迎えました。

三鷹駅南口から徒歩2分と言う立地から、地元の方は
もちろん、通勤途中に三鷹駅で下車してトレーニング
にいらっしゃる方も結構多いのです。

仕事を持っている方にも、気軽に運動不足を解消して
頂ける運動施設として、皆様のお役に立てているかと
思っています。

b0179402_11050884.png
b0179402_11363975.jpg
三鷹駅南口を出ると、左に見えるガラスブロックのビル
3階にフィットプラスはあります。

また、女性に限らず男性にもご利用いただいていますが
女性の方は、20代の若手から80歳のシルバーエイジ
の方まで、幅広く対応しています。


【継続するための秘訣】

先日も、入会以来13年を経過したメンバーの方から
「私も13歳年を取ったんですね~!」 と感嘆の声。
あっという間の13年…!が感想です。
オープン以来のメンバーが、今もなお継続されている
ことに感謝と感慨を感じます。

継続は力なりと言いますが、継続する力をもつことは
素晴らしい!

健康のために、運動の重要性が言われている現在ですが
分っているけど、結局何もしない方が多いのも実情。
行動に起こして、なおかつ継続するのは、やはり本人の
意志と実行力でしょう。

その方に、13年も続けられる理由をうかがいました。
その理由は…

 ◎駅に近いので通勤途中に寄れる。
 ◎30分で済むから気軽に運動できる。
 ◎ゲルマニウム温浴が健康に役に立っている。
 ◎大手のスポーツジムは時間がかかり続かなかった。
 ◎大手と違って個人をよく見てもらえる。

…でした。
特に、なるほどと思ったのが「運動をしに行かなくちゃ
と言う感じではなくて、仕事の後はジムに行くのが普通
のル―ティーンになっている」でした。

確かに、運動しなくちゃ! ジムに行かなくちゃ!と
考えるとストレスになりますよね、
毎日歯磨きをするように、普通に行う行動ととらえれば
それが続けられる秘訣になるでしょう。

b0179402_13513979.jpg

【体力無くても安心です】

もうひと方、入会以来約3年目の女性を紹介します。
彼女は、若いころから体力が無く、病院とのかかわり
も多く、運動に関してはあまり自信が無いようでした。
そんな、Kさんにお話を伺いました。

〔フィットプラス〕
入会のきっかけはなんでしたか?

〔Kさん〕
ずっと病気がちで体力もなくて、それでも今までいろ
いろなスポーツクラブに入会しましたが、すぐ体調
不良になり、続けられないほどでした。
そんな時に、病院の健康教室で「サーキットトレー
ニング」をすすめられ、三鷹のサーキットジムを探し
見学をして、フィットプラスに決めました。

〔フィットプラス〕
サーキットジムの中で、フィットプラスを選んだ理由は
なんでしたか?

〔Kさん〕
他の人と同じペースでは、ついていけないので悩みまし
たが、フィットプラスでは、自分なりのゆっくりした
ペースでも大丈夫であったので、お願いすることにしま
した。

〔フィットプラス〕
サーキットトレーニングについてはどう思いますか?

〔Kさん〕
最初のころは1周するだけでも大変で、筋肉痛も有り
ましたが、ゆっくり続けているうちに身体が楽になり
ました。
筋肉をつけると言うことは、毎日の生活のために大切
ではないかと実感しました。

〔フィットプラス〕
どのようなトレーニング効果を感じますか?

〔Kさん〕
体力がついてきたことを一番感じます。
寝込むことも少なくなり、とても大きな変化だと思って
います。
ゲルマニウム温浴を利用していますが、身体にとても
良くて体調改善に効果大です。


b0179402_13594379.jpg
kさんにも好評のゲルマニウム温浴は、これからの身体
が冷える季節には、特におススメです。
疲れも取れ、スッキリしますよ。


〔フィットプラス〕
フィットプラスのどこが良い点でしょうか?
またご要望はありますか。

〔Kさん〕
その日の体調に合わせて、自分のペースでできるのが
うれしいです。
周りの方を励みにでき、自分も頑張ろうと思います。
一番は、楽しい気持ちで通えるのが良いです。



【その方の体力に合わせて】

同じ女性でも年齢、基本的体力、運動経験など皆さん
違います。
サーキットトレーニングは、そこを調整できる点が良い
のではないでしょうか。

体力のある方はあるように、無い方は無いようにカスタ
マイズできる点が、皆さんに満足して頂ける理由では
ないでしょうか。



【元キックボクサーも認める】

女性がやるサーキットトレーニングは、ゆるいとか効果
がないと勘違いしている方も多いでしょうが、それは
大きな間違いです。

先日、筋トレをかなりやっている男性(もちろん身体
はすごいです)や、元キックボクサーの男性などに
サーキットトレーニングを試してもらいました。
トレーニングに関しては玄人ですが、さあどうだった
でしょう。

皆さんの反応は…

「これけっこう良いですネ!」
「油圧式だからスピードですよね!かなり効きそう!」

とうれしい感想を聞き、さらなる自信を得ることが
できました。


b0179402_14323361.jpg

フィットプラスでは、男性にもサーキットトレーニング
を提供していますが、しっかりトレーニングしている
男性は、それなりの結果が出ています。


【これからのフィットプラス】

オシャレでもなく、大規模でもなく、地味~に皆様の
健康維持・体力向上のサポートをしていきます。

シンプルで最低限の設備ですが、サポート力でカバー
できることが売りと考えています。

年齢、性別に関係なく、20代の方からシルバーエイジ
の方まで、広くご利用いただければと思います。

つまり、これからもフィットプラスは今までと変わり
なく、健康な毎日のため、シェイプアップのための
サポートをしていきます。













 

# by fit-plus | 2018-11-15 10:58

気が付かないうちに歯をかみしめていませんか?それはストレスのせいです

b0179402_11192001.jpg
人は食べることで、心を満足させるということがよく
あります。
「ストレス食い」なんて言うことも、聞いたことがある
のではないでしょうか。

ではなぜ、お腹がすいていなくても食べてしまうので
しょうか。
それは脳は食べる(かむ)ことで満足感を得るからです。
食べることで咀嚼筋を使うと、脳は満足するように設計
されているのです。

また、悔しい… つらい… 時などに歯を食いしばる
などの「かむ」行為や、寝ている間の歯ぎしりなども
脳と関係があるのです。

歯をかむことで、咀嚼筋をつかい得られた情報は直接
脳に送られる、つまり脳にとってはそれだけ重要なこと
なのでしょう。

今回は、噛む動作と精神的な関係を考えてみましょう。


【噛みしめはストレスから】

人は精神的ストレスがかかると、歯をかみしめます。
そのストレスを取り除くためにかみしめるのです。

ストレスを感じると、無意識のうちに交感神経が緊張
します。
すると、あごや口元の筋肉が緊張して歯を食いしばる
結果になるのです。

夜の睡眠中に、自分では気が付かないうちに、歯をかみ
しめている(歯ぎしり)ことがあります。
それこそ、ストレスを減らすために無意識に行っている
ことなのです。

噛むことと脳の間には、重大な関係があることがわかり
ますね。

しかし、この噛みしめる行為が、身体に悪影響を及ぼす
デメリットもあるのです。

b0179402_12053087.jpg

【脳の働き】

私たちは、以下の3つの働きを正常に保つことで健康を
維持しています。

①身体の働きを調整をする『自律神経』
②ホルモンの分泌を調整する『内分泌』
③外部から侵入する異物から体を守る『免疫』

ホメオスタシス(生体恒常性)は、体を環境に適応させ
安定させる機能で、自律神経・内分泌・免疫の3つの
バランスをとっています。
これをつかさどっているのが、脳です。

そのバランスを狂わせてしまうのが、ストレスです。


b0179402_11484313.jpg


【噛みしめによる身体への影響】

<側頭筋のコリ>

側頭筋は、頭の横にある左右の咀嚼筋の一種で、食事の
ときもそうですが、何かを我慢したり、疲労や過度の
ストレスがかかると、側頭筋が収縮しコリとなってしま
います。

「コっているかな」と思い当たる方は、頭の横をマッサ
ージしてみましょう。

<歯に及ぼす影響>

無意識の状態で、歯を強く食いしばる癖をクレンチング
症候群と言います。
これもストレスが原因で起こりやすく、歯や歯周組織
に大きな負担がかかってきます。

実は、歯のかみしめは症状の重さに個人差はあるけれど
ほとんどの人が行っているそうです。
ただ、無意識に行っているので気が付かない場合もあり
ますね。

クレンチング(歯ぎしり)には3つのタイプがあります。

①グラインディング
 上下の歯をすり合わせるタイプです。
 ギリギリと音がするので、他の人にわかります。
 歯ぎしりをする方の多くが、このタイプだそうです。

②クレンチング
 上下の歯を強くかみしめるタイプです。
 大きなストレスなどがあると、強く食いしばるのです。
 グラインディングと違って、音はしないのです。

③タッピング
 上下の歯をカチカチ鳴らすタイプです。
 グラインディングやクレンチングほどの歯などへの
 影響は大きくない。


人のかむ力は、体重と同じくらいと言われ、食事をする
時のかむ力は、その20%~30%だそうです。
それだけでも結構な力ですから、硬いものをかむ力は
どんなものでしょう。

それが、無意識に歯を食いしばった場合は、体重の5倍
以上の力が加わるとも言われています。
これは大変な力で、当然歯やほかの組織にも影響が出る
ことが考えられます。

ストレスによるあごの筋肉の緊張で、歯に強い圧力が
かかると、歯や顎に痛みが生じます。

歯のかみしめが長期化すると、以下のようなことが
おこりやすくなります。

◎歯の削れ、割れ、亀裂など歯そのものの損傷
◎歯のグラつき
◎歯周病
◎知覚過敏
◎顎関節症
◎肩こり

あなたはいかがでしたか、思い当たる点があったら…
知らないうちに歯をかみしめているかもしれません。


b0179402_12343948.jpg


【ストレスの軽減】

<体内時計を整えましょう>

睡眠の質を考えましょう。
浅い睡眠が、歯の食いしばりの原因になりますから熟睡
することが大切です。

特にパソコン作業が多い方は、ブルーライトの影響で
覚醒効果が高く、寝つきが悪くなります。
遅い時間のパソコンやスマホの使用は控えましょう。
寝不足や夜更かしも生体リズムを狂わせます。

そのためにも、体内時計を整えましょう。
体内時計を正常にするためには、太陽の光を浴びま
しょう。
太陽の光は、セロトニンという脳内ホルモンの分泌が
増えます。
セロトニンは、ストレスを軽減する効果があります。


<適度な運動でストレス解消>

現代は、身体をあまり使わず頭ばかり使う生活が多いの
が現状です。
頭は疲れているけれど、身体は疲れていないため寝つき
が悪くなりがちです。

そんな時こそ、適度な運動でストレスを解消しましょう。
1日30分程度の散歩や軽いジョギングなどをすることで
ストレスによって、抑制されてしまったセロトニンなど
の物質が分泌され、ストレスの軽減になります。


b0179402_14135985.jpg


【ストレスに負けない脳を】


「かむ」ということは、実はとても大切な行為です。
よくかむことで、脳の血流が増えて脳が活性化します。
咀嚼運動は、脳の記憶に関する部分を活発にします。

かむと言えば食事ですが、食事を摂るときもよくかむ
ことで、食べ過ぎを防ぎ肥満の防止にもなります。

ストレスがかかると、交感神経の働きが活発になって
ストレス物質が放出されます。
そこで、「歯のかみしめ」ではなく「よくかむ」ことで
ストレスを減らしましょう。
正しくかむことで、ストレス物質が減るのです。

b0179402_15504879.jpg

 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

以前、歯の治療に行った歯科医院の先生に、「歯ぎしり
しませんか」と言われ、えっと思ったことがあります。

そこで、歯ぎしりするとは生まれてから1度も、言われ
たことはないので、無いですと答えましたが。
なぜ先生がそう聞いたのかというと、歯の根が砕けて
いるので、歯を食いしばっている!ということでした。

その後、ある時気が付きました!
キリキリ切歯ぎしりではなく、クレンチングという
強く歯を食いしばっていることに気が付いたのです。

そのとき思ったのが、自分の性格でもあるのでしょう
けど(本当は繊細なんです)ストレスだ~!と。

皆さんも思い当たる方は、大切な歯を守るためにも
ストレスをためないような、生活を心がけましょう。


























































# by fit-plus | 2018-11-13 15:51 | 健康