ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

カテゴリ:フィットネス( 31 )

肩こりに悩む女性は男性の2倍!肩こり予防エクササイズの紹介

b0179402_10105120.jpg



女性は 男性に比べ肩こり症に悩む方が多くその数字は
男性の約2倍に及びます。
なぜかと言えば やはり女性は筋持久力が 弱いため
でしょう。


【肩こり症とは】

肩こり症とは 肩を含み首や腕のこわばり、コリ、痛み
などの 不快感を感じる事の総称を言います。

日常生活で 自覚が無くても姿勢保持のために様々な
筋肉が活動していますが 使い過ぎで筋肉が収縮する
事で 周辺の血管が圧迫され 血流も悪くなります。
重い頭部を支える僧帽筋、肩甲挙筋、脊柱起立筋など
が持続的に収縮を強いられ 結果肩こりとなる訳です。


【僧帽筋】

僧帽筋は もともと頭部にあり えらを動かす筋肉で
あったが 進化と共に下に移動してきたとも言われて
います。
いわゆる肩の凝りは この筋肉から来ています。

b0179402_11500902.jpg




図を見てもわかるように 僧帽筋は上部にあたる頭の
後ろの頸椎から始まり 肩のあたりの中部そして背中の
半分辺りの下部まで伸びています。
頭とつながっていることで 僧帽筋は緊張しやすいの
です。
なぜかと言えば 私たちは頭が前に出ていたり 前に
倒れている状態が多いことで 僧帽筋が緊張を強いられ
ているからです。
この緊張が続けばおのずと 筋肉は硬直してしまいます。


【肩こりを予防するためには】

肩こりの原因である 血流の悪化を改善することが大切
になります。
そのためには 血流が悪くなった筋肉に 収縮と弛緩
を繰り返すエクササイズを行うことで 血流を増加させ
筋肉のコリをることができます。

また予防対策として… 
◎同じ作業を1時間以上続けない
◎作業の合間に10分~15分の休憩を入れる


【おススメエクササイズ】

女性は男性に比べ 肩や腕などの筋力が弱い分 やはり
筋肉が凝りやすい訳です。
肩まわりの骨格筋を強化するには 僧帽筋などと共に
肩からつながっている 腕を使うエクササイズも重要
です。
腕を使う事で 肩まわりの筋肉を使う事になります。


マシンによるエクササイズ…
  
                                    ◎ショルダープレス

 
b0179402_11052383.png

  ………………………………………………………

 ◎ラットロウ

b0179402_11063805.png


  ………………………………………………………

 ◎バタフライ
b0179402_11071738.png


  ………………………………………………………

ダンベルによるエクササイズ…

◎フロントレイズ
 ダンベルを両手に持ち 手の甲を前に向けてそこから
 まっすぐ前の 肩の高さまで上げていきます。
 (肩より上に上げ過ぎないように注意)

b0179402_13213879.jpg

 
◎サイドレイズ
 同じくダンベルを両手に持ち 手の甲を横に向け
 肩の高さまで横に上げていきます。

b0179402_13222345.jpg


◎ショルダーシュラッグ

 ダンベルを両手に持ち 腕は下げたまま肩の上げ
 下げを行います。
b0179402_13234974.jpg
b0179402_13243482.jpg


 ~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~

マシンやダンベルなどにより 肩や頭部を支える筋群
(僧帽筋・肩甲挙筋・菱形筋・脊柱起立筋など)を強化
します。



b0179402_12294523.jpg




ただし 筋力よりも筋持久力をつける方が良いので
重いダンベルより 軽めで回数を多くやりましょう。


 ~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎

筋力をつけることで 肩こりの予防をしましょう。
固まった筋肉を動かすことで 筋の緊張を取り滑らか
に動く肩まわりを手に入れましょう。
首や肩をリラックスすることで 身体全体が解放され
ますよ。

























by fit-plus | 2018-07-14 12:48 | フィットネス

ステップエクササイズの運動効果と安全性を見直そう

b0179402_13285345.jpg

運動効果が大きい ステップエクササイズですが 
ステップエクササイズが誕生した歴史はご存じないと
思います。
そこでステップエクササイズの効果と その誕生の
歴史をあらためてみてみましょう。


ステップエクササイズの誕生】

ステップエクササイズが誕生したのは エアロビクス
エクササイズ(当時はエアロビクスダンスなどと呼ばれて
いました)より遅れて始まりました。
どちらもアメリカから入ってきましたが その元はエアロ
ビクスインストラクターのリハビリからでした。

エアロビクスが広まった初期の頃は ハイインパクト
の動きが主流で 日本でも膝の故障者が多く出たため
当時安全性に対して問題にもなりました。
インストラクターもしかり 何しろ職業としているわけ
ですから 膝も故障します。
そのインストラクターが リハビリから考案したものが
ステップ台を用いた昇降運動で のちにそれがヒットし
現在のスタイルに至ったわけです。



【ステップエクササイズの有効性と安全性】

ステップの安全性については 数字的にも検証されて
いて 足・腰にかかる衝撃が少なく 有酸素性の運動
効果としてのエネルギー消費は大きい。

◎エネルギー消費量はランニングと同程度
◎足裏にかかる衝撃は ウオーキングと同程度

また音楽に合わせてコンビネーションをマスターする
ことで 覚える楽しさや達成感そして爽快感を得られる
エクササイズです。


シルバーメンバーの方達に サーキットトレーニング中に 
ステップを通常では30秒でチェンジのところを3分間続けて 
単純に昇って降りるを繰り返してもらいました。
すると 皆さん「すごい!効きました~ァ!すごい汗です」
と感激していました。

これを見ても ステップの運動量がいかに大きいかが
分りますね。
月に1回開催しているステップレッスン『ステップで
シェイプ』はこのステップエクササイズのクラスです。
サーキットトレーニングとは 一味違ったレッスンを
あなたもぜひトライしてみて下さい。














 
by fit-plus | 2018-05-04 10:38 | フィットネス

運動がもたらす効果は大きい!身体の中から改善されます


b0179402_16190908.jpg

普段運動している方と、全くしていない方では、健康面
でなにが違ってくるでしょう。

運動をすることで、体の中では実に様々なプラスの変化
が起きます。
先ず、運動を始めるとだるさも消え、シャキッとするの
を感じるはずです。

それは、血液やリンパの流れが良くなり、疲労物質の
排出が促され、脂肪の燃焼や身体全体が活性化するから
なのです。


【運動により排出されるもの…】
 

【水分】
体温調節のため、血液中の水分が汗として蒸発する事で
運動によって上昇した体温を下げます。
その結果、余分な水分が排出がされます。

【ナトリウム】
発汗によって、ナトリウムが体外に排出されます。
汗はしょっぱいですよね、これによりむくみも取れます。

【有害物質】 
水銀、鉛、ヒ素などを、発汗によって排出します。

b0179402_16390273.jpg

現在は、生活環境により、体調不良を感じる方も多い
ようです。
体調不良になる原因は、ストレスや偏った食生活など
いくつもありますが、運動不足も大きな原因となります。

運動を定期的に継続することで、代謝システムが順調に
働き、体調も良くなります。

運動不足は、肥満のリスクもありますが、骨や血管の
衰えや、コレステロール・血糖値の数字も悪くなり老化
が進みます。
運動をすることで、神経系や循環器系の働きが良くなり 
精神的にも良い影響を与えます。


【運動を継続すると…】

【脳】
脳にも酸素が十分行き届くことで、疲労物質が回収され 
頭もスッキリします。
運動後の勉強や、仕事の能率がアップするのは、脳が
活性化するためで、これは世界で実証されています。

【血管】
運動により、末梢の毛細血管が発達し、冷え性の改善に
なります。

【筋肉】
筋肉を活発に動かすことで、疲労物質や老廃物を輩出し 
コリや痛みが軽減されます。

b0179402_09290836.jpg


これを読んだら、運動をしない訳にはいきませんよね!
運動は身体だけではなく、精神にも良い影響を与える
のです!
運動経験のない方も、ずっと運動から遠ざかっていた方
も、ぜひ運動をスタートしましょう。


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

フィットプラスで、トレーニングをしているメンバーの
多くが、たとえ体重の変化があまりなくても、健康診断
での結果が、とても良くなっています。
それこそ、運動の効果といえるでしょうね。
















 


by fit-plus | 2018-04-25 23:38 | フィットネス

トレーニングを効果的に行うために!自分の身体の状態を知ろう!

b0179402_12253727.jpg


近年 筋肉トレーニングは一般の人々にも広まり
筋肉強化の関心もかなり高まっています。

筋肉トレーニングがもたらす効果は 健康づくりや
老化防止、スタイルを良くするなど 美容的な効果も
あり 女性にも広く関心がもたれています。


【筋トレでのポイント】

同じトレーニングでも 人により姿勢やくせが違います。
また 筋肉の質自体にも違いがあります。
という事は 必要なトレーニングも変わってきます。
トレーニングを行う上で 注意する事は自分の癖を直し 
弱い部分をより強化することです。

◎腹筋は常に締めて行う
筋肉は単独で動くのではなく 身体全体で連動して動き
ます。
例えば 片足バランスや スクワットなどを行う場合
肝心な腹筋を締めて行わないと 姿勢はぶれやすく
なってしまいます。

◎自分の筋バランスを知ろう
日常生活で使う筋肉は結構限られています。
いつも使う筋肉は 短縮し固くなり 使わない筋肉は
緩みます。
例えば 
腹筋は非常に強いが 背筋は弱い…
腿前面の四頭筋は大きいが 裏腿のハムストリングスは
弱い…
左足保持は得意だが 反対の右足はダメ…
など 身体の表と裏 右と左が均等に筋強度があること
が好ましい状態です。
この筋バランスが崩れると 腰痛や膝痛などを引き起こす
原因にもなります。



b0179402_16090908.png

フィットプラスのマシンの1つバタフライは 胸と背中の
両方に効果があります。
それこそ 表と裏の両方に効果があるということです。

  ~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎

自分の弱点を知り そこを強化し 調整することで 
よりトレーニングの効果がアップします。
特異な種目ばかりやるのは間違い 不得意な種目も
しっかりやりましょう。













by fit-plus | 2018-04-06 11:39 | フィットネス

身体の柔軟性と安定性はセットで考えよう

b0179402_11000615.jpg


健康ブームのせいか ストレッチ関係の書物も多く
出ています。
またヨガなどもブームにあり 柔軟性に興味がある方
も増えていると思われます。


【柔軟性と筋力はセットで考えましょう】

柔軟性は ケガの予防にもなりますからある程度の
柔軟性は必要です。
ただし 柔軟性だけでは怪我につながるリスクも
あります。
柔軟性があり過ぎて 怪我をする方も多いのは事実
ですから それを補うだけの筋力が必要です。

身体を動かすためには 安定性と可動性のセットで
考えなければ 身体の安定性がないバランスの悪い
状態になり怪我のリスクも出てきます。


今回は 皆さん興味のある開脚について考えて
みましょう。


ダンス用語ではスプリッツと言いますが 皆さん
開脚して 上体を前に倒しベターとつけるのが夢!?
かもしれませんね。

開脚があまり出来ない方は 骨格の状態や腱や筋肉の
状態により個人差が大きく 硬い柔らかいの差になって
きますが 柔軟性の向上にはまず筋肉の状態から見て
いきましょう。

開脚の場合…
◦脚の付け根の前面が固い
◦脚の付け根の後ろ側が固い
◦ヒップや腰の横が固い
◦脚の付け根の内側が固い

…など 
人によって柔軟性を妨げる筋肉が違うのと 筋肉は
連動していますから そこをバランスを整えながら
よくストレッチしましょう。
しかし柔軟性は 先天的なものも大きく影響しますから
無理はしないようにしましょう。

しかし 開脚してベターと上体を倒すことはダンスや
体操、フィギアスケートなど柔軟性が 必要なものを
除けば そこまでの柔軟性はあまり必要性が無いと
考えます。

b0179402_15282394.jpg


適度な柔軟性を得ながら それを保持する筋肉も鍛え
バランスよく身体を整えていきましょう。





ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/








by fit-plus | 2018-03-27 11:05 | フィットネス

ストレッチを正しく行うポイント

b0179402_10501692.jpg

運動にはストレッチが欠かせません。
テニス・ジョギング・水泳・サッカーなど全ての運動
の前と後には、ストレッチですね。

サーキットトレーニングを行う場合もしかり
ウォーミングアップとしてのストレッチから メインの
サーキットトレーニング そして最後にクールダウンの
ストレッチと これでトレーニング終了となります。

それではストレッチの必要性と、やり方を考えてみ
ましょう。


【ストレッチの必要性】

柔軟でしなやかな筋肉はけがを防ぐためにも大切です。
柔らかくリラックスした筋肉は、衝撃を吸収し身体に
余計な負担が掛かるのを防ぎます。

逆に硬くなった筋肉は、ケガをしやすいうえ体の一か所
が固いと、それを補うために周りの筋肉や関節に余計な
力が入ったりと 身体全体に影響を及ぼします。

硬くなった筋肉を伸ばすことで、関節の可動域も大きく
なり 身体の柔軟性も回復します。

【ストレッチをする時のポイントは…】

◎身体をあたためて
寒い季節は 筋肉も硬くなっています。
身体を温める事で体の隅々まで血液がゆきわたります。
身体を軽く動かして 、事前に筋肉に刺激を与えてから
ストレッチをしましょう。

◎大きな関節、大きな筋肉からストレッチ 
大きな筋肉・関節からストレッチし、徐々に小さな
部分へ移っていきましょう。


b0179402_12484794.jpg

◎反動はつけずにゆっくりと

反動をつけると筋肉や腱を痛める恐れがあります。
おまけに、伸張反射と言って筋肉は反対に縮もうと
します。 
静かにゆっくりと、息を吐きながら筋肉や腱に適度の
緊張を感じるところで10秒程度キープしましょう。

◎段階を踏んでストレッチ
筋肉を 1度で伸ばし切ってしまうのではなく、何回か
に分けて少しずつストレッチしましょう。

例えば、最初は緩めに伸ばし、1回戻して休み次は少し
長めにキープと、徐々に時間と強さを増すようにして
みましょう。
いきなり強いストレッチをすると 筋肉や腱を痛めて
しまいます。
伸ばすというより 伸びるという感じで行いましょう。

◎呼吸を忘れず
呼吸を止めてしまうと、筋肉が緊張して反対に縮んで
しまいます。
ゆっくり息を吐きながらストレッチしましょう。

b0179402_12440729.jpg

◎伸ばすところを意識して

ただ漫然と形だけやるのではなく、どこの筋肉を伸ば
しているかを意識してストレッチする方が効果が
あります。

◎両側の筋肉をストレッチ
筋肉は 片側の筋が緊張して短縮すると、反対側の筋が
緩みます。
片側だけをストレッチすると、反対側の筋が緊張した
ままになってしまいます。
両側の筋肉 (全面と後面・右側と左側)をストレッチ
しましょう。

◎急がず無理はしない
無理なストレッチは筋のリラックスを妨げてしまい
ます。
無理をしないで 痛みを感じたら中止しましょう。


b0179402_10524503.jpg



運動のパフォーマンスを上げるためにも ストレッチを
しっかり実行していきましよう。



ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/





by fit-plus | 2018-03-19 11:09 | フィットネス

フィットネスパワーをグループレッスンで感じよう!エンジョイステップ!

b0179402_10123019.jpg

3月のステップ台エクササイズ『ステップでシェイプ』
のご案内です。
(写真は以前開催のステップでシェイプの一場面)

すっかりおなじみになった『ステップでシェイプ!』
ですが、参加した皆さんにはとても好評で、次回の
開催を楽しみにしていただいています。 
そこで、ご希望にこたえて3月も開催予定です。


【ステップエクササイズの流れ】

 ①ウオーミングアップ
 ②メインエクササイズ
 ③フロアーエクアサイズ
 ④クールダウン

大手スポーツクラブなどでのスタジオレッスンでは
簡単なウォーミングアップと、メインのステップエクサ
サイズで終了します。
 
私流のステップレッスンは、十分なウォーミングアップ
から、メインのステップエクササイズ、そして最後は
コンディショニングと、クールダウンのストレッチも 
時間をかけます。

1回のレッスンで、十分な運動効果と調整ができ満足
していただける内容となっています。

そして、何より運動を楽しむところに、このグループ
レッスンがあります。

1人ではここまでやらない…! 
1人では途中であきらめてしまう…!

ですが、皆でやれば頑張れる!
そして、楽しいが感じられれば、エクササイズとしては
最高ですね。

     ~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦
      開催日:3月24日(土)
      時間:15:00~16:30
      参加費:800円
     ~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦

まだ体験されていない方も、気軽にご参加ください
人数制限もありますので、お早めにお申し込み下さい。



ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/


by fit-plus | 2018-03-09 10:39 | フィットネス

ウェストのくびれを手に入れるためのミニエクササイズ



b0179402_16533127.jpg



女性の皆さんが引き締めたいと思っているウェスト!
ですが、今回もウェストを絞るためのエクササイズの
紹介です。


【やり方】

①バーを持ちまっすぐ上に腕を伸ばします。

②お腹を締めてウェストから上体をサイドに倒して
 いきます。

③息を吸って吐きながらゆっくり倒しますが、倒し
 切った時に腹筋を緩めず息を吸い 吐きながらこれも
 ゆっくり戻して行きます。

ゆっくり1,2,3,4、と倒して 5,6,7,8で戻して
いきましょう。
これを左右で3セット以上行います。

b0179402_16512989.jpg



b0179402_16515805.jpg



〔注意するポイント〕


この時注意するのは、腕だけ倒しやすいので注意しま
しょう!腕は引き上げたまま、わき腹を倒します。 
腕をしっかり伸ばし、骨盤が動かないように腹筋を
しめてやってみましょう。

~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…

すでにサーキットトレーニングでも紹介しているので
実践している方も多いですが 見るとやるでは大違い
結構きついエクササイズです。

2月ももう終わり3月! 3月と言えば…春です! 
寒さも日々和らぎ だんだん薄着の季節を迎えます。
今から体のラインを整えて すがすがしい春を迎え
ましょう。

 
ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/



by fit-plus | 2018-02-27 11:45 | フィットネス

低衝撃で運動強度は高いステップエクササイズで身体を絞ろう!


b0179402_10355694.jpg


【ステップエクササイズの特徴】

軽快な音楽とともに、身体を動かすことは、新鮮な酸素
を体中にめぐらせ、自由に体を動かすことで、肉体的に
も精神的にも有効なエクササイズです。

そして、手軽に効果的に、そして何より楽しくできる
エクササイズです。

<衝撃度が低く運動強度は高い>
 脚への衝撃はウォーキング程度ですが、ステップ台を
 昇降する体重の上下運動は、ジョギングと同じ程度の
 消費エネルギーがある。

<狭いスペースでできる>
 ステップ台を使っての高低移動が、主な動きなので
 基本ステップ台分と、周りのスペースがわずかにあれ
 ばできる。

<体力に応じて強度を調節>
 ステップ台の高さを調節することで、その方の体力や
 体調によって調整ができる。


【ステップでシェイプのレッスン】

2月24日の土曜日は『ステップでシェイプ』の特別
レッスンを開催しました。

昨年から土曜日に何回か開催し、毎回参加の方も多く
レッスンにも慣れてくると共に、レッスンの楽しさも
感じていただいているようです。

大手のスポーツクラブのスタジオレッスンでは、個人
個人に細かいサポートは出来ませんし、レッスンを受け
る側も気後れしてしまったり、周りの雰囲気について
いけなかったり、という事もあるでしょう。
 
フィットプラスでは、少人数で個々の力量も分っている
ので、レッスン毎に細かく対応ができます。
気負うことなく、楽しく体を動かす事を知っていただけ
ればと思っています。

運動の目的は…
 シェイプアップですか?
 筋力アップですか?
 ロコモ予防!

等皆さんそれぞれでしょうが、痩せるために運動する!
よりも、楽しく運動を継続したら、こんなにシェイプ
アップが出来ました!…の方が、より継続率が高いのです。

理想は、
運動しなくちゃ!…ではなく 
運動(レッスン)もっとやりたい!です。

まだ特別レッスンを体験していない方も、ぜひ一度お試
し下さい、その楽しさを感じて頂けるでしょう。





b0179402_10513227.jpg

上の写真はレッスン後の参加のメンバーです。



 ~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎

運動と縁のなかった方が、フィットプラスのサーキット
トレーニングのメンバーになり、そこから発展した
グループレッスンのダンスや、今回のステップ台を用い
たエクササイズなどに参加し、運動の幅を広げていく
ことは、とても良い事と思います。



ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/




by fit-plus | 2018-02-25 11:35 | フィットネス

モリモリのダンスレッスンでフィットネスを楽しむ

b0179402_15373396.jpg


11月11日は チーズの日・ポッキーの日…!
いろいろありますが、この日はフィットプラスのダンス
レッスンを開催しました。

  ……………………………………………………………
   題して『簡単ダンスで気分はダンサー!』
  ……………………………………………………………
初めて参加の方や、日曜ダンスクラスのメンバーの
皆さんと共に、ストリート系ジャズを1時間45分に及び
体験をしてもらいました。

ダンスは難しそう…!と思っている方にも、気軽に楽し
めるよう簡単な振り付けで、ダンスをエンジョイして
もらいました。

ダンス経験も、ダンススキルもいりません、曲に合わせ
て身体を動かす楽しさを感じて下さい!です。

レッスン中の皆さんは、緊張からか集中している為か 
顔がマジでしたが、終了後に聞いてみたところ… 
皆さん”楽しかった”との声を聴き、チョット安心。


b0179402_15564693.jpg
 ………………………………………………………………
 その後は Xmasのための出し物 ”ONE” の練習!
 ………………………………………………………………
これは、皆さんご存知、あの有名なコーラスラインの
ラストの曲です。
有志の皆さんと、1時間みっちり練習!
来月開催予定の、フィットプラスクリスマスパーティー
での披露に向けて、ダンス経験のない参加者全員で
頑張っています。

両方参加した方は、3時間連続のエクササイズとなった
わけです。



 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

25日は、ステップエクササイズのレッスンを開催予定
ですので、ご期待ください。

今日のレッスンに参加したハンさんから、お手製の韓国
海苔巻きを頂きました。
おいしくいただきました!ありがとうございます。
b0179402_12125508.jpg


b0179402_11120597.jpg










 
ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/

by fit-plus | 2017-11-12 11:26 | フィットネス