人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

カテゴリ:フィットネス( 47 )

運動に欠かせないストレッチを正しく行うポイントは何か

運動に欠かせないストレッチを正しく行うポイントは何か_b0179402_10501692.jpg

運動にはストレッチが欠かせません。
テニス・ジョギング・水泳・サッカーなど全ての運動の
前と後には、ストレッチですね。

サーキットトレーニングを行う場合も同様です。
ウォーミングアップとしてのストレッチから、メインの
サーキットトレーニング、そして最後にクールダウンの
ストレッチと、これでトレーニング終了となります。

ストレッチには、ゆっくり伸ばすストレッチと、準備
運動としてのストレッチがあります。

それでは、ストレッチの必要性とやり方を考えてみま
しょう。


【ストレッチの必要性】

柔軟でしなやかな筋肉は、けがを防ぎます。
柔らかくリラックスした筋肉は、衝撃を吸収して身体に
余計な負担が掛かるのを防ぎます。

逆に硬くなった筋肉は、ケガをしやすいうえ体の一か所
が固いと、それを補うために周りの筋肉や関節に余計な
力が入ったりと、身体全体に影響を及ぼします。

硬くなった筋肉を伸ばすことで、関節の可動域も大きく
なり、身体の柔軟性も回復します。


【ストレッチをする時のポイントは…】

準備運動としてのストレッチ

◎筋肉をあたためるため
寒い季節は 筋肉も硬くなっています。
体を温める事で、体の隅々まで血液がゆきわたります。
体を軽く動かして 、事前に筋肉に刺激を与えてから
軽くストレッチをしましょう。

つまり、座ったり横になって、じっとストレッチを
することは、あまりお勧めできません。
筋肉が弛緩してしまうので、これから運動をする状態
にはならないからです。

立ったままで、腕や足を振ったり、膝上げ動作などを
することで、筋肉も緩み関節の動きも良くなります。
そこから、軽いストレッチを行ってみましょう。
運動をを始めるというスイッチがはいり、体がスムーズ
に動きます。

運動に欠かせないストレッチを正しく行うポイントは何か_b0179402_14194684.jpg


<運動後のストレッチ>

ストレッチは、必要な時間と目的に合ったものを行う
必要があります。
運動後に行うストレッチは、柔軟性の向上と筋肉組織
を元の長さに戻す目的で行います。
そのことが、オーバーユースなどの障害の予防につな
がります。


運動に欠かせないストレッチを正しく行うポイントは何か_b0179402_12484794.jpg

◎大きな関節、大きな筋肉からストレッチ 
大きな筋肉・関節からストレッチし、徐々に小さな
部分へ移っていきましょう。

◎反動はつけずにゆっくりと
反動をつけると筋肉や腱を痛める恐れがあります。
おまけに、伸張反射と言って筋肉は反対に縮もうと
します。 
静かにゆっくりと、息を吐きながら筋肉や腱に適度の
緊張を感じるところで10秒程度キープしましょう。

◎段階を踏んでストレッチ
筋肉を 1度で伸ばし切ってしまうのではなく、何回か
に分けて少しずつストレッチしましょう。

例えば、最初は緩めに伸ばし、1回戻して休み次は少し
長めにキープと、徐々に時間と強さを増すようにして
みましょう。
いきなり強いストレッチをすると 筋肉や腱を痛めて
しまいます。
伸ばすというより 伸びるという感じで行いましょう。

◎呼吸を忘れず
呼吸を止めてしまうと、筋肉が緊張して反対に縮んで
しまいます。
ゆっくり息を吐きながらストレッチしましょう。

◎伸ばすところを意識して

ただ漫然と形だけやるのではなく、どこの筋肉を伸ば
しているかを意識してストレッチする方が効果が
あります。

◎両側の筋肉をストレッチ
筋肉は 片側の筋が緊張して短縮すると、反対側の筋が
緩みます。
片側だけをストレッチすると、反対側の筋が緊張した
ままになってしまいます。
両側の筋肉 (全面と後面・右側と左側)をストレッチ
しましょう。

◎急がず無理はしない
無理なストレッチは筋のリラックスを妨げてしまい
ます。
無理をしないで 痛みを感じたら中止しましょう。


運動に欠かせないストレッチを正しく行うポイントは何か_b0179402_10524503.jpg




【スポーツとストレッチ】

運動のパフォーマンスを上げるためにも ウォーム
アップとしての、全身を軽く動かす動きを実施すること
が大切です。

そして、運動後は疲労し固くなった状態の筋肉をスト
レッチして、筋肉をほぐしておきましょう。

運動のパフォーマンスをアップするには、ある程度の
軟性が必要です。
柔軟性を目的としたストレッチもお忘れなく。


運動に欠かせないストレッチを正しく行うポイントは何か_b0179402_14272521.jpg

ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/











by fit-plus | 2018-03-19 11:09 | フィットネス

ウェストのくびれを手に入れるためのミニエクササイズ



ウェストのくびれを手に入れるためのミニエクササイズ_b0179402_16533127.jpg



女性の皆さんが引き締めたいと思っているウェスト!
ですが、今回もウェストを絞るためのエクササイズの
紹介です。


【やり方】

①バーを持ちまっすぐ上に腕を伸ばします。

②お腹を締めてウェストから上体をサイドに倒して
 いきます。

③息を吸って吐きながらゆっくり倒しますが、倒し
 切った時に腹筋を緩めず息を吸い 吐きながらこれも
 ゆっくり戻して行きます。

ゆっくり1,2,3,4、と倒して 5,6,7,8で戻して
いきましょう。
これを左右で3セット以上行います。

ウェストのくびれを手に入れるためのミニエクササイズ_b0179402_16512989.jpg



ウェストのくびれを手に入れるためのミニエクササイズ_b0179402_16515805.jpg



〔注意するポイント〕


この時注意するのは、腕だけ倒しやすいので注意しま
しょう!腕は引き上げたまま、わき腹を倒します。 
腕をしっかり伸ばし、骨盤が動かないように腹筋を
しめてやってみましょう。

~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…

すでにサーキットトレーニングでも紹介しているので
実践している方も多いですが 見るとやるでは大違い
結構きついエクササイズです。

2月ももう終わり3月! 3月と言えば…春です! 
寒さも日々和らぎ だんだん薄着の季節を迎えます。
今から体のラインを整えて すがすがしい春を迎え
ましょう。

 
ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/



by fit-plus | 2018-02-27 11:45 | フィットネス

運動時は膝とつま先の向きを揃えて!正しく足を使いましょう



運動時は膝とつま先の向きを揃えて!正しく足を使いましょう_b0179402_08402853.jpg


膝は、肘関節と同様に中間関節と呼ばれ、股関節と
足関節の調整をしています。
と言うことは、股関節や足関節の影響を受けやすい
ことになります。

そこで、足の使い方について考えてみましょう。
あなたの足の使い方は大丈夫?
正しい使い方で、膝に負担をかけないようチェック
しましょう。

脚関節のアライメントを見てみると 構造的に違い
があります。


【О脚・X脚】
両足を揃えて立った姿勢で、膝の位置を見た場合に
両膝が、指2本以上離れている場合をО脚(内反膝)と
言います。

反対に、両膝は揃っているが、内くるぶしが指2本
以上離れている場合をX脚(外反膝)と呼ばれます。


【内反膝】
内反膝(O脚)は、日本人に特に多く見られ、膝関節
の内側にストレスが掛かります。
その結果、内側の軟骨がすり減りやすくなります。
その逆の側には、靭帯が引き伸ばされることで痛み
が出る事もあります。


運動時は膝とつま先の向きを揃えて!正しく足を使いましょう_b0179402_12061585.jpg


【外反膝】
外反膝(X脚)は欧米人に多く、膝関節の外側にスト
レスが掛かり、内側に隙間ができる分靭帯が伸ばされ
痛みが出やすくなります。


運動時は膝とつま先の向きを揃えて!正しく足を使いましょう_b0179402_12064392.jpg


【内股 ガニ股は膝痛のもと】

膝のアライメントに注意しましょう!

足先だけを外側や内側に向けると、膝や足関節に負担が
かかります。
常に膝頭が、足の人差し指の方に向いているようにしま
しょう。
すると、膝にかかる力が均等になり、膝関節の一部に
負担がかかるのを防ぎ、膝が安定します。

膝は、ひねりにとても弱いので、膝とつま先を同じ向き
にして運動する事が重要です。

そして、膝を曲げる場合の膝と足首の位置にも注意が
必要です。
膝が足首より大きく前に出てしまうと、膝関節に負担が
かかるので、膝に何らかの問題がある場合は、膝が足首
より前に出ないようにしましょう。


歩く、走る、スクワット などの運動をする場合は
常に膝とつま先の方向が、 同じ向きにあるこことを
チェックしましょう。

運動時は膝とつま先の向きを揃えて!正しく足を使いましょう_b0179402_12181335.jpg


【腿の筋肉をストレッチしましょう】
腿の前(大腿四頭筋)後ろ(ハムストリングス)の
筋肉が硬くなると、膝が痛くなる場合があります。
また 腰の横(中臀筋など)の筋肉も影響しますから
ストレッチを心掛ける事も大切です。

運動時は膝とつま先の向きを揃えて!正しく足を使いましょう_b0179402_12083058.jpg


【筋力をつけましょう】


筋力が弱いと支える力が十分に働かないので、腰まわ
りを含め、脚の筋肉の強化が必要です。
日本人に多いO脚気味の方は、内転筋群のトレーニ
ングをしましょう。

運動時は膝とつま先の向きを揃えて!正しく足を使いましょう_b0179402_12080382.jpg





【おススメのマシン】

◎レッグカール  大腿四頭筋・ハムストリングス
運動時は膝とつま先の向きを揃えて!正しく足を使いましょう_b0179402_10043382.png



◎コンパス    内転筋・中殿筋・外側広筋・腸脛靭帯


運動時は膝とつま先の向きを揃えて!正しく足を使いましょう_b0179402_10044816.png

 〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜…〜

普段の生活でも、運動をする場合でも、自分の脚が 
どういう状態か知ることも大事です。
鏡の前に真っすぐ立って、自分の脚のアライメントを
確認してみましょう。

関節を痛めないためにも、きれいな脚のラインのため
にも正しく足を使いましょう。

















by fit-plus | 2017-06-20 10:00 | フィットネス

年齢によって変わる体型は運動でリセットしよう!

年齢によって変わる体型は運動でリセットしよう!_b0179402_09373221.jpg


⒛代、30代…60代と年齢を重ねると、体重は増え
筋力、体力は落ち、若い頃の自分と全く変わって
しまった…と感じる方が多くなります。

年齢と共に活動量は落ちます。
しかし、食べる量は変わらず。
その結果、体重は増加し、体力は落ちてしまう
のが原因ですね。

運動不足が原因のデメリット……

● 基礎代謝の低下で太りやすくなる
● 疲れやすく 疲れがなかなか取れない
● 筋肉量の低下で腰や膝に負担がかかり痛みが出る
● 体の老化がすすむ
● スタイルが崩れる
● ホルモン分泌も低下し体調に影響する
● 生活習慣病などのリスクが上がる

…… など運動不足のデメリットは大きいですね。

いくつになっても 元気でいるためには 心掛けて体を
動かす気持ちを持ちましょう!

毎日の生活でも、小まめに身体を動かしましょう。
そして、より確実に効果を出すためには、フィット
ネスジムなどで、しっかり全身を程よくトレーニング
することがオススメです。

何故なら、筋力やバランス力などが、偏りなく鍛え
られることと、正しいやり方を覚えることができる
からです。

フィットプラスでの、サーキットトレーニングも
バランス良く全身をトレーニングでき、運動が
初めての方にも向いています。

皆さんも、しっかり運動を実施することで、体型を
リセットしましょう。



仲良くスクワットトレーニングできるのも楽しい!

年齢によって変わる体型は運動でリセットしよう!_b0179402_02030683.jpg


by fit-plus | 2017-06-02 10:00 | フィットネス

どうして「運動が続かない」のか!自分の性格にマッチしたエクササイズを見つけよう


どうして「運動が続かない」のか!自分の性格にマッチしたエクササイズを見つけよう_b0179402_21015958.jpg

◯◯までには痩せたいな…
もう少しお腹を何とかしなくちゃ…
腿が太いなぁ…

など お悩みの方は多いと思いますが そこで考える
のがダイエットや運動ですね。

しかし シェイプアップするには どちらも有効かつ
欠かせない事だとわかっているけど … 続かない!

「スポーツクラブに入会したが 続かなかった…」
「三日坊主で終わってしまった…」
「効果が出ない…」
という方が多いのも現実です。

● 最初は頑張るが続かない
● 運動しなくでは…が反対にストレスになる
● 運動は昔から苦手だし嫌い
● きつい運動は嫌い 楽して痩せたい
● 運動している自分の姿を見られたくない

あなたに当てはまる点はありますか?
性格にもよりますが 継続するためには

● 無理なくできる
● 自分の生活リズムに合った
● 短時間でできる
● ウエアを気にしないでできる
● 小さな目標を持つ
● 楽しめる
● 家から近い

などを考慮して あなたに合った運動や 運動施設を
探してみましょう。

単純に運動と言っても 年齢、性別、性格、生活環境
などにより その運動のしかたや種類が違ってきます。

がっちりやって 達成感を得る事が楽しいと感じる
方もいれば 気楽に楽しんでゆっくりやるのが好きな
方も それから一つのことを突き詰めていくことが
やりがいと感じる方など様々ですね。

あなたはどのタイプなのか?
自分のタイプを考えて フィットネスにチャレンジ
してみましょう!

どちらにしても スタートが無ければ 結果がでません
から 頑張り過ぎや結果を追いすぎないで 気楽に
始めてみましょう。
だんだん自分のタイプが明確になってくるでしょう。

どうして「運動が続かない」のか!自分の性格にマッチしたエクササイズを見つけよう_b0179402_12260480.jpg


ダイエットに近道はありませんから 楽しめる運動や
気の合った仲間との運動 集中できる場所 そして
気負わず行ける施設でコツコツ継続したいものです。

運動⇒体調が良くなる⇒良い睡眠が得られる⇒痩せる

など 運動によるメリットはたくさんありますから!


〜◎〜◎〜◎〜◎〜◎〜◎〜◎〜◎〜◎〜◎〜◎〜


三鷹駅からフィットプラスのビルを眺める。
緑が映える季節ですが この先は 「風の散歩道」です… 。

どうして「運動が続かない」のか!自分の性格にマッチしたエクササイズを見つけよう_b0179402_02143936.jpg


by fit-plus | 2017-05-25 10:00 | フィットネス

高齢者が健康で若さを維持するためには 気持ちを若くもとう

高齢者が健康で若さを維持するためには 気持ちを若くもとう_b0179402_10391931.jpg

フィットプラスでは、20代から最高80代の方までが
日々サーキットトレーニングで、運動を継続されて
います。

年代により目的は違いますが、運動をすると身体も
快調になり、脳にもよい刺激がはいることで、脳も
活性化します。
つまり、加齢による衰えを遅くします。


【シルバーメンバー】

フィットプラスでは68歳以上の方は、シルバーと
呼んでいます。
シルバーメンバーの方達を見ても、一般のシルバー
エイジの方に比べ、 皆さんとてもお元気です。

シルバーの方たちの特徴として1番感じることは
バランス感覚が悪いことです。
皆さん入会したとうしょは、片足立ちなどをすると
態勢を維持できず、ふらついてしまいます。
つまり、バランスをとることが苦手のようでした。

これは、高齢になるとバランス能力が落ちるという
ことに当てはまっています。

しかし、運動を継続されて体力やバランス感覚が
ついてくると、このバランス能力が高くなるのが
はっきりわかります。



高齢者が健康で若さを維持するためには 気持ちを若くもとう_b0179402_10544220.jpg

【老化度】

単なる年齢に対して、「生物学的年齢の違い」が
「老化度」として表されます。
これらの項目の結果により、肉体的老化度をみる
のです。


<老化度測定のための項目>

運動機能 握力・腕立て伏せ・垂直飛び・反復横飛び
     閉眼片足立ち・立位体前屈・踏み台昇降

生理機能 血圧・近視力・聴力・皮膚二点識別能

外見   身長・体重・毛髪量・白髪量・歯牙脱落数
     顔面のしわ・顔面の色素沈着


<精神的年齢>

上の老化度測定の項目に、自分を当てはめてみると
ちょっとゆううつになるかもしれません。

でも、肉体的老化の奥には、精神的な年齢が実年齢
とは別にあります。

その精神的年齢の違いが、老化度に大きく影響して
いる可能性が、大きいのではないでしょうか。

気持ちが落ちていては積極性も無くなり、生活は
閉塞的になってしまいます。
反対に若々しい高齢者の方は、生き生きと何事にも
積極的です。


【高齢者と運動】

老化度のうち、運動機能については、自分自身の
努力でいくらでも改善できますね。

健康で快適、そして若々しい毎日を送るためには
日々の適度な運動が不可欠です。

積極的な方は、スポーツジムや各種教室などの
運動ができる施設を探すこともあるでしょう。

そのためには、ご自分に合った運動施設を探す…
ことです。
そのためには、実際にその施設に出かけてみま
しょう。
そして、雰囲気やどのような運動をやるのか施設
の現場をみて、自分にあうか判断しましょう。

ホームページや、チラシだけではわからない
ことが、ご自分の目で確かめられますから。

高齢者が健康で若さを維持するためには 気持ちを若くもとう_b0179402_12174655.jpg

  ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~


フィットプラスは、年齢に関係なくトレーニングを
して頂けるプログラムで、世代の違う方たちと一緒
に運動をすることで、良い刺激を受けることも大切
でしょう。

フィットプラスは、いつでも体験レッスンを受付け
ています。

お気軽にお電話下さい。
☎0422-41-2621

高齢者が健康で若さを維持するためには 気持ちを若くもとう_b0179402_12155682.jpg


by fit-plus | 2017-04-21 10:00 | フィットネス

運動不足を感じたら!自分に合ったフィットネス施設を探してみよう

運動不足を感じたら!自分に合ったフィットネス施設を探してみよう_b0179402_15510091.jpg

『運動不足を…何とかしなくては』
『太ってしまった…何とかしなくては』

わかっているけど 頭の中で考えるだけで、その先に進む
行動が起こせない!
そんな方が多いのではないでしょうか。

また
家で毎日腹筋をやろう…
毎日ジョギングをやろう…
夜は炭水化物を摂らない…
など、一応目標を立てても、途中で挫折してしまう。

どうしたらいいのか!


【家トレよりフィットネス施設がおススメ】

書店に行けば、トレーニング関係の書籍が、これでも
かと思うほど出ています。

その中には、自宅でやる『家トレ』を紹介した書籍
などもありますが、やはり運動は、運動をする為の
施設で行うのがおススメです。

なぜかと言うと、意識の切り替えと集中力が得られる
からです。
家でやる!は相当の意志の強さが無ければ続かない
点と、間違ったやり方に気が付かないまま、反対に
結果がでなかったり、身体を痛めたりする危険性も
あります。
 
本やネットの情報は、万人向きなのでその方に合って
いるか、またその方に必要な運動か分らずにやって
しまうことが問題です。

その為には、まず運動する施設をいくつか探してみて
どこにするか、選択しなければなりません。


【フィットネス施設を選ぶには】

自分に合った施設を選ぶことが、継続できるかどうか
に関わってきますから、実際に見学したり 体験して
みましょう


施設の充実性だけではわからない、雰囲気や他の会員
の様子なども、実際に行ってみることで、感じ取る事
ができます。

そこが、自分の置かれている状況や生活にマッチして
いて、なじめそうな雰囲気なら思い切ってチャレンジ
しましょう!

そのための一歩を踏み出すことを、勇気を持って
やってみたら、結構スムーズに事が運び  『何だ!
もっと早く始めれば良かった』となるかも知れません。


運動不足を感じたら!自分に合ったフィットネス施設を探してみよう_b0179402_11523328.jpg

   ~◦~◦~~◦~◦~~◦~◦~~◦~◦~


彼女は、今まで運動経験無しで入会し、着々と結果を
出しています。

1回のトレーニングで、家族に脚が細くなった!と
言われたそうです。
むくみが取れたのが脚を細くした理由でしょう。
運動を始めると、いろいろな変化を感じることができ
ます。
きっと身体が、それを待っていたのでしょう。

運動不足を感じたら!自分に合ったフィットネス施設を探してみよう_b0179402_12203186.jpg


by fit-plus | 2017-04-10 10:00 | フィットネス

マラソン後の体調管理は休養と栄養が必要です!

マラソン後の体調管理は休養と栄養が必要です!_b0179402_01002091.jpg


1月に開催された東京マラソンに 実はフィットプラス
メンバー男女2名が出場しました。

お二人共無事完走されましたが、やはりフルマラソン
を走った後は かなりの疲労感があったようです。

そのフルマラソンを終えた後の体調管理は大切!

回復の早い遅いは、遺伝的要因も関係しているそう
ですが フルマラソン後 身体が回復する迄には通常
2週間くらいはかかるので 2〜3週間は回復期間と
して できる限り休養し 栄養ある食事を摂ることが
重要です。

【フルマラソン後の身体に及ぼす影響】

【筋肉】
2週間は炎症と筋繊維の壊死が見られ 筋力と持久力の
低下が明らかで 回復までに2週間が必要。

【細胞】
フルマラソン後は 細胞が傷つき 完全に回復するには
7〜10日程度かかる。

【免疫系】
フルマラソン後は 著しく免疫力が落ちるので 風邪
やインフルエンザにかかりやすくなる。
3日程度は低下したままので できる限り休養し栄養の
ある食事を摂る。

マラソン後の体調管理は休養と栄養が必要です!_b0179402_12144395.jpg

現在 お二人共 元気にサーキットトレーニングを
継続されています。

どんなスポーツをするにも サーキットトレーニングは
ベースになります 偏りの無い 基本トレーニングとして
皆さんもしっかり継続しましょう。








by fit-plus | 2017-03-18 10:00 | フィットネス

貯金と貯筋!使わなければ筋肉は減ってしまいます



貯金と貯筋!使わなければ筋肉は減ってしまいます_b0179402_11590946.jpg



こんな言葉を聞いた事ありますか?

『貯金と貯筋』
貯金は使えば減るが 貯筋は使わないと減る!

まさに的を得た例えですね。
筋肉量の平均は、年齢や性別により変わりますが
年代が若いほど高く、反対に高齢になるほど低く
なります。


【身体のエンジンとなる筋肉】

人が身体を動かす役目を担うのが、筋肉です。
赤ちゃんがハイハイするのも筋肉が働くからです。

人間の筋細胞は、胎児期にその数が決まり、誕生後
は数ではなく、筋細胞の肥大によって筋肉が大きく
なります。

成人になる頃は、体重の約40%を筋肉が占めます。
また、筋肉量は20歳くらいまでは増加しますが、そこ
を頂点に、30代から徐々に減少していきます。

これは、特に運動をしていない限り平等に皆さんに
現れる現象です。

   【筋肉量の平均】

   年代)  (男性) (女性)
   ⒛代 …… 44%   39%
   30代 …… 37%   37%
   40代 …… 34%   33%
   50代 …… 31%   30%
   60代 …… 29%   26%
   70代 …… 25%   23%

上の表で見ると、女性も男性も70代になると20代の
頃の約半分に減ってしまうのです。
恐ろしいくらいです。

つまり、心掛けて運動をしなければ、筋肉は年齢と共
にどんどん減っていくのです。
運動により常に筋肉を使い、筋肉を貯える必要があり
ます。

貯金と貯筋!使わなければ筋肉は減ってしまいます_b0179402_11564218.jpg




【身体を守る筋肉】


筋肉の働きとしての機能は、収縮と短縮です。
その筋肉の役目は次の点があげられます。

 ①力の発揮→運動
 ②熱の発生
 ③関節を守り姿勢の保持
 ④ストレスから身体を守る
 ⑤循環作用を助ける

①力の発揮
 歩く、走る、投げるなど、全ての日常生活での動きの
 もとは筋肉がもとになり、いろいろな身体活動が可能
 となります。

②熱の発生
 筋肉は、体温を保持するための熱を発生します。
 骨格筋の活動によって、発生した熱の半分以上が体温
 を保つために利用されています。

 また、運動でエネルギーを消費するため、肥満予防に
 も効果があるので、筋肉量を増やすことで肥満の防止
 にも役立ちます。

③関節を守り姿勢の保持
 骨と骨の結合部分が関節です。
 その関節を保持しているのが、筋肉や靭帯です。 
 関節が正しく保持されることで、姿勢の保持が
 されます。

④ストレスから身体を守る
 筋肉の働きには、外からの衝撃から身体を守る作用が
 あります。
 筋肉によって、内臓や骨などを外的衝撃から保護する
 クッションのような役目をします。

⑤循環作用を助ける
 筋肉の収縮によるポンプ作用で、血液の循環を助け
 ます。
 心臓より下にある血液の循環を促すためにはこの
 筋肉の活動が特に重要です。


【筋肉貯金のためのトレーニング】


筋肉を負荷をかけて使うと、筋肉が太くなり筋力も
つき筋持久力も増します。
トレーニングの方法は、いろいろありますがその基本
は…

 ◎筋肉に適度な負荷をかける
 ◎その負荷を段階的に高めていく
 ◎継続する

筋力トレーニングは、レジスタンストレーニングとも
言いますが、その方法には以下のような方法があり
ます。

◎自体重トレーニング (自分の体重)
 自分の体重を利用して、上げたり下げたり、起こし
 たりする。

 <自体重の代表的なトレーニング>
  スクワット・腕立て伏せ・腹筋運動 など

貯金と貯筋!使わなければ筋肉は減ってしまいます_b0179402_11581371.jpg



◎フリーウェイトトレーニング(ダンベル・バーベル)
 重量が選べるので、自分の筋力に対して適応する
 ものを選ぶことができます。

 <フリーウェイトトレーニング>
  ダンベルカール・アームカール・デッドリフト

貯金と貯筋!使わなければ筋肉は減ってしまいます_b0179402_11591205.jpg



◎マシントレーニング
 所定の負荷とポジションで動作を行います。

 <マシントレーニング>
  レッグカール・スクワット・アブバック など 

貯金と貯筋!使わなければ筋肉は減ってしまいます_b0179402_12002333.jpg



◎チューブトレーニング
 ゴムチューブの負荷は、バリエーションが多く
 多様な運動が可能です。

貯金と貯筋!使わなければ筋肉は減ってしまいます_b0179402_12155777.jpg


◎PRT (補助者による人力負荷)
 パートナーに、押したり抑えたりしてしてもらう
 ことで筋力を向上させます。
 パートナー・レジスタンストレーニングと言います。
 これは、あまり一般的だはないですね。
 
 

貯金と貯筋!使わなければ筋肉は減ってしまいます_b0179402_12173845.jpg



手軽に実施するのでしたら、自体重トレニングやチュー
ブトレーニングが手軽にできるトレーニングです。

筋肉貯金は、コツコツ継続しないと、どんどん減って
しまいます。
自分の身体は、自分で鍛えて守っていきましょう。

◎将来に備えて!
◎キレのある身体を目指して!
 
◎快適に機能する身体のために !

定期的なトレーニングを
継続しましょう。

貯金と貯筋!使わなければ筋肉は減ってしまいます_b0179402_01083750.jpg























by fit-plus | 2017-03-02 10:00 | フィットネス

理想の身体は一日にしてならず!運動を継続してこそ可能

理想の身体は一日にしてならず!運動を継続してこそ可能_b0179402_10023692.jpg

皆さんは、肌のお手入れは毎日欠かさず実行している
ことと思います。
美肌をキープするためには、毎日コツコツお手入れ…
ですよね。

締まった身体をキープするのも、健康を維持するのも
全く同じで、運動を習慣としてコツコツ継続すること
が大切です。

運動の必要性を感じても、運動を継続できない方が
多いのも現状です。
スポーツクラブに入会して、3ヵ月でほとんどの人が
退会するという話を聞いたことがあります。


【運動を継続するコツ】

◎激しい運動は続かないので楽で気持ちが良い運動
◎楽しくできる運動
◎短時間で終わる運動

この3つがポイントです。

運動は簡単ですが、運動を継続するのはそう簡単では
ありません。
なぜなら、人はめんどくさいことは後回しにするから
です。
例えば「痩せるために毎日30分走る」はちょっと
ストレスになりそうです。
でも、テニスが趣味なら、30分のテニスプレイは
楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまいます。


【大切なのは運動の継続】

皆さん、運動が大切なことは理解していますよね。
それこそ、本やテレビ、ネット上に運動の情報は溢れ
多くの方が、健康に関する知識は十分ある時代です。

しかし、知識は頭の中だけにあるものです。
得た知識を基に、からだを使わなければ意味が無い
わけです。
そのためにも、あなたが楽しめて、気持ちよくできる
運動をみつけましょう。
そして楽しく継続しましょう。
楽しければ続けけられるのです。

ただし、まじめで意志の強い方は、どんな運動でも
意志の強さで続けられるでしょうけど。


理想の身体は一日にしてならず!運動を継続してこそ可能_b0179402_11252599.jpg


理想の身体は一日にしてならず!

ずっと健康で、素敵なプロポーションを維持していく
ための 将来への自己投資…!

積み木を積むように、一歩一歩進めていきましょう。
運動が楽しくできれば、ストレスなく継続できます。

運動は、やり貯めができません、やり続けることが
必要です。


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

2月も半分過ぎました、もう春は直ぐやって来ます。
今から身体を絞って春に備えましょう。
あなたも、自分にコミットしますか?

男性メンバーも、サーキットトレーニングの後に
バランストレーニングで頑張っています。

理想の身体は一日にしてならず!運動を継続してこそ可能_b0179402_01175609.jpg


by fit-plus | 2017-02-13 10:00 | フィットネス