ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フィットネスと健康ブーム 何が必要かしっかり考えましょう

b0179402_11403553.jpg

健康やダイエットに関する情報が、TVや雑誌などで
毎日のように取り上げられています。
 
昔から、ダイエット情報を載せると雑誌(特に女性誌)
の売れ行きが、ぐっとアップする…と聞いていました!
雑誌に関しては、読んでおしまい!がほとんどかも
しれませんが。

テレビなどでも、健康情報番組が大人気のようです。
その中で、これを食べるとダイエットできるなどの情報
がでると、たちまち町のスーパーでは、その食品が売り
切れになるそうです。

食品にしても運動にしても、これだけやれば痩せるとか
単一の物でよいと言うことは、あり得ません。



【あふれる情報を正しく判断しましょう】

その溢れる多くの情報も、断片的なものが多く結局は
すぐ飛びつくけど、長くは続かないのが実情ですね。
 
溢れる情報も、自分自身でしっかり判断して、選択して
欲しいです。

また、美味しいものは山ほどあり、欲しければすぐ手に
入ります。
加工してあるものや、調理済みの物があふれていて知ら
ないうちに、高カロリーでかたよった食事になりやすい
現在です。

反対に、身体を使う事が減り、食べた分のカロリーは
消費しきれず、体脂肪となって身体に付きます。

気が付けば体重増加となり、痩せたい願望は増大する
ばかりです!


【身体にとって本当に必要な事は】

健康で快適な生活を送るためには、バランスの取れた
食事と運動にあります。

そのためにも、もっと自分の身体を感じながら、身体を
作るための栄養素が何か、自分は何が足りないかなどを
判断しながら、毎日の生活を考えましょう。

そして、身体を活性化するためにも、肥満防止にも老化
防止にも、適度な運動を続ける事を心掛けましょう。

b0179402_14370650.jpg


【フィットネスとしての サーキットトレーニング】


全身をくまなく使うトレーニングとして、サーキット
トレーニングは、バランスの良いフィットネスの1つ
です。


<トレーニングの注意点>

どんなものでも、初めのうちは珍しさなどで、意識を
集中しながら、多少の緊張感も持ちながら楽しくできて
も1年2年経つとマンネリ化してきます。
 
フィットプラスのメンバーを見てきて、経験の長い
メンバーは、トレーニングに慣れているので、緊張感
が減る分マシンの使い方も、やや甘くなりがちです。
 
やはりマシンは集中力です! 
筋肉を感じながら、どこに効いているか、どこを意識
するかをしっかり考えながら、マシンを使いましょう。
そして、自分の弱いところをより強化しましょう。 

身体を使う事って実は奥が深いのです!

b0179402_12104310.jpg

サーキットトレーニングの後は、揃ってストレッチ!
伸びてる~!
b0179402_1214668.jpg

フィットプラスでは、皆さんにやってもらっていますが 
家でもできますね。



 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…

健康情報や、ダイエットに関する情報も、ネットで検索
すればたくさんの情報が出てきます。
情報過多の時代で、検索する人が正しい判断力を持って
いないと、間違った情報をうのみにしてしまう事になり
かねません。
正しい判断力を持ち、その情報が正しいか自分自身で
考えましょう。















by fit-plus | 2012-10-21 12:19 | フィットネス

サーキットトレーニングで緩んだ身体をしぼりましょう!

b0179402_12084387.jpg

女性が気になる自分の身体の部分は どこでしょう?
フィットプラスのメンバーが一番気になる(何とか
したい)ところは! 

NO1.お腹周り 
NO2.もも(脚)  
NO3.二の腕


これがベスト3ですかね 

痩せていてもお腹はぽっこりの方や チョットふっくら
していても全体のバランスは良い方など プロポーション
は10人いたら10人とも違います。

まあそれが個性と思いますが ダンスやエアロビクスと 
フィットネスの仕事を長く続けてきて 一番思う事は 
楽しんで続ける事で身体が応えてくれる…なんですよ。

ダンスレッスンで言えば 1時間30分のレッスンのうち 
コンビネイション(いわゆる振り付け)は最後の30分で
残りの1時間はアップ、ストレッチ、バレエ基礎、アイソ
レイション等の基本レッスンです。
地道な基礎練習をこなしてから やっと踊りに入るんです。

b0179402_11573005.png


【サーキットトレーニングはバランスよく
 鍛えられる】

ある意味サーキットトレーニングは 地味な作業ですが 
コツコツ続ける事で 身体はそれに応えてくれるのです。

運動中は 先ずお腹をしめておく…これ大切な基本です。
マシーンは効かせる筋肉を意識して使う、ステップ台や
ボードは 大きく身体全体で動き、脂肪燃焼目指しま
しょう!

サーキットトレーニングは 筋肉を意識して回る事で 
お腹も、脚も、二の腕も締まるはずですよ。
お腹も腿もそして二の腕も 部分運動だけでは落ちま
せん(部分痩せはできないので)脂肪燃焼+筋肉トレ
ーニングの両方が必要なのです。 

サーキットトレーニングは 8台のマシンで 主要な
大きな筋肉を鍛えらえます!
ステップ台などの様々な動きのバリエーションで脂肪
を燃焼します。



b0179402_1055862.jpg

【ボードでのバリエーション】

今回も諒子さんにモデルを お願いしました!  
フィットで皆さんにお教えしてますので ご存知と
思いますが 
サイドに脚を上げますが 踵から真横に押し出すように
上げながら 両腕は肘からまげて 上げた脚の方に
上体を倒しながら肘を下げます。
これを左右両方で行いますが 脇の筋肉を意識しながら
やってみましょう。
脇腹と中殿筋に効果があります。


   
 









by fit-plus | 2012-10-05 11:06 | サーキットトレーニング