ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

<   2018年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

最近転びやすくなったあなた 筋肉減少していませんか!

b0179402_11104208.jpg

ちょっとの段差でつまずいたり よろけたりは筋肉の
減少が原因かもしれません。
人は加齢とともに 身体の衰えや生理機能の低下を
きたします。


【運動機能と加齢】

人の身体には 骨がありその骨を筋肉が覆い 身体の
土台を構成していますが 運動機能のうち筋力・瞬発力
持久力・柔軟性・バランス能力・反射神経は 加齢と
共に低下していきます。
60歳を超えるとピーク時の半分になるそうです。


【運動能力低下の原因】

加齢による運動能力の低下は…

◎筋肉量の低下
◎運動ニューロンの数や機能の低下

によるものです。

例えば 歩くという動作をする時 歩こうと意識すると
大脳の運動中枢に信号が送られ運動ニューロンを通り
筋肉の収縮が起こり歩けるわけですが その運動ニュー
ロンの数や機能が低下し 筋肉自体も減少し運動能力が
低下する訳です。


【運動能力低下がもたらす現象】

反射的な運動や 態勢を保持する能力が衰え バランス
を崩しやすいので 転倒や骨折の原因となります。
高齢者の場合は そのまま寝たきりになる原因になり
ます。


b0179402_11130151.jpg

高齢者に限らず 30代過ぎたら自分の身体について
しっかり関心を持ちましょう。

何もしなければ筋肉量の低下は 気が付かないうちに
どんどん進行していきます。
心掛けて 運動を生活にとり入れていきましょう















by fit-plus | 2018-05-21 11:40 | 筋トレ

バランスの良い食事ってどんな食事?

b0179402_11003534.jpg

ダイエットをする場合 バランスの取れた食事を
しましょう…とよく言いますが それは何故なのか
考えてみましょう。

私たちが食事をするとは 栄養素を体に取り入れる
と言う事ですが 栄養素を体内に摂りいれることで
体を維持し 生命活動を維持しています。
その栄養素の役割とは…


【栄養素の役割】

食事は 食べ物に含まれている体に必要な栄養素を
体内に取り込む行為ですが 栄養素の役割は大きく
分けて3つあります。

①身体のエネルギー源
②身体を作る材料
③エネルギー源や栄養素をスムーズに利用し
 生理作用を調節する

………………………………………………………………

①身体のエネルギー源

体のエネルギー源となる栄養素には 炭水化物・脂肪
が主で タンパク質もエネルギーになります。

炭水化物の中で一番身近なものは 主食となる米やパン
そして麺類がなどがあります。

そして もう一つの栄養素が脂質です。
脂肪は水より軽いので 貯蔵に適していますから体に
蓄積されて エネルギーをを蓄える役割もします。
また 脂肪は細胞を作るための材料にもなり体の調子を
整えるホルモンの材料にもなります。

極端な脂肪を摂らないダイエットは 危険である事が
分りますね。



②身体を作る材料

タンパク質は筋肉・皮膚など体の様々な組織を作る
栄養素です。
タンパク質は アミノ酸に分解され、吸収されて
最終的にタンパク質に合成されます。
運動をしても タンパク質が足りないと筋肉組織が
発達しないことになります。

③エネルギー源や栄養素をスムーズに利用する

とり入れた栄養素を スムーズに化学反応させるため
不可欠な有機物質で ビタミン、ミネラルがこれに
あたります。
摂りいれた栄養素が 筋肉になったり うまく消費
されたり 良いサイクルを作るためのものですから
欠乏すると様々な不調が生じます。


b0179402_11030873.jpg
………………………………………………………………

栄養素には 炭水化物・脂肪・タンパク質・ビタミン
電解質があり これらがバランスよく体にとり入れられ
ることで 体のエネルギーとなり、体を作り、体の働き
を維持します。

また 糖質、脂質、タンパク質は エネルギーになるが 
摂りすぎた分は 体内で脂肪となり蓄えられます。 

つまり バランスが取れた食事とは 各栄養素を適量に
(過不足無く)摂る必要がある訳です。
     



















 
by fit-plus | 2018-05-20 12:43 | ダイエット

年齢を感じたら!抗重力筋を鍛えよう

b0179402_15274158.jpg


運動能力は 20代も後半を過ぎると徐々に低下し
筋力、持久力、柔軟性、バランス能力、瞬発力など
加齢と共にどんどん低下します。

加齢による運動機能の低下を食い止めるには 筋量を
を維持し 筋力を強化するほかありません。

運動能力の低下は 特に反射機能やバランス力に
顕著です。
つまり とっさの時に反応が遅いことや ちょっとの
ことで転倒しやすいという事になります。


歳とともに屈筋より伸筋のほうが弱くなる】

加齢に伴う筋力の低下とは… 

◎筋肉組織の萎縮
◎筋繊維の減少

によりますが 筋萎縮が著しいのは伸筋です。


【伸筋とは】

関節を伸展させる時に働く筋肉で…大腿四頭筋
上腕三頭筋などで この他には 頸部、僧帽筋下部
背部、腹部、臀部などの筋群で加齢による筋萎縮が
大きいそうです。

これらの筋肉は 立ち上がったり、姿勢を維持
したり ジャンプしたりと重力に対して身体を
支える時に働くので 抗重力筋と呼ばれます。

加齢による筋力や体力の低下を防ぐには 抗重力筋
を強化するする必要があります。



【負荷をかけてトレーニングする】

目的をもって筋肉トレーニングを継続し 体力筋力
の低下を防ぎましょう。

筋肉トレーニングとして

◎自分の体重を負荷にしたトレーニング
◎フリーウェイト(ダンベル等)を用いたトレーニング
◎マシントレーニング
◎チューブトレーニング

などがありますが どれをやるにしても…

筋肉に適度な負荷をかけ その負荷に対抗する筋力を
つける。
負荷を段階的に高めそれを継続することが必要です。



b0179402_15355231.jpg











 
by fit-plus | 2018-05-19 15:39 | 筋トレ

元気な生活に欠かせない関節を守るにはどうしたらよいか

b0179402_11320828.jpg
元気でアクティブな毎日を送るためには 健康、体力
筋力 そして忘れてならないのが 関節の健康です。

しかし 女性を中心に40代を過ぎる頃から 関節痛
に悩む人が増えてきます。
特に多いのが 膝関節痛にお悩みの方です。
高齢化の影響もあり その割合は益々増加するでしょう。



【関節の役目は…】

関節は 骨と骨をつなげるつなぎ目 私たちが身体を
動かすことが出来るのは 身体を支える骨とその骨を
滑らかに動かす関節の働きです。

関節内には 硬い骨と骨が直接接触するのを防ぐために
軟骨がクッションの役目をしています。
軟骨は関節包と言う袋で包まれ その中には潤滑油の
役目をする滑液が入っています。
これらの組織が衰えたり 変性してしまうと関節に痛み
が出て来るわけです。


加齢などにより軟骨は摩耗する】

軟骨は 関節を保護し 滑らかに動かす役目を担って
いますが 加齢により軟骨成分の合成能力が低下して
いきます。
また 運動のやり過ぎや過体重等で負担が掛かり摩耗を
加速します。
そして 極端なダイエットや運動不足も軟骨を衰えさせる
原因になります。


【関節を健康に保つには】

①筋力をキープしましょう
 身体を動かすには骨、関節、そして筋肉の働きが
 必要です。
 筋力が落ちれば関節に負担が掛かり 筋肉は硬く
 なりますから 筋力を落とさないように筋肉運動を
 して筋肉をキープしましょう。

②体重のコントロールを
 膝や股関節等への負担になるので 太り過ぎは禁物
 但し急激なダイエットは 軟骨成分を減らしたり 
 危険ですから ゆっくり減量をしていきましょう。

③軟骨成分となる栄養素を摂りましょう
 軟骨成分のコンドロイチン硫酸はウナギや鮭の中骨等
 コラーゲンは手羽先や牛すね肉、鶏ガラ等
 グルコサミンのもと としてカニやエビ等

④膝や肘関節等を過度に使う運動は控える
 長期にわたり ジョギングやテニスなど同じ動作を
 繰り返すスポーツは 軟骨の減りを早くしてしまう
 のでやり過ぎに注意しましょう。


年齢とともに身体が衰えていくのは 仕方がない事
ですが 普段の生活での心掛け次第で 好調な毎日を
手に入れる事が出来ます。
関節を好調な状態に維持するポイントを押さえ 毎日を
アクティブに過ごしましょう。














by fit-plus | 2018-05-13 11:42 | 健康

アンチエイジングを考えよう

b0179402_11043189.jpg

いつまでも若くいたい…
健康で長生きしたい…
介護予防…

アンチエイジングと言っても年代や環境によって人それ
ぞれ違うでしょう。
また アンチエイジングに関しての情報や 健康食品
などが氾濫し 自分にとって何が良くて何が必要な物か
の判断も難しいところです。


それではエイジング(加齢)について考えてみましょう


【年齢と共に全身の機能やホルモン分泌、基礎代謝などが
低下します】

これはある程度避けて通れないものですが 生活習慣を
より良いものに変える事で エイジングを遅くすることは
可能です。
つまり 年齢に合った生活のしかたや食事に変えていく
ことがポイントです。

【悪い生活習慣を続ける事で その影響が年齢と共に
身体に現れる】
 
偏った食生活や運動不足などが積み重なり その結果
が身体に現れます。
つまりエイジングが加速する訳です。
その1つが肥満で 特に問題なのが メタボリック
シンドロームですが 見た目も悪いうえ動脈硬化や
糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まります。
男性は特に要注意ですね!
アンチエイジングの為にも今から対策をしましょう。


【運動から見た問題は筋肉量の低下!】
筋肉量の低下と言えばサルコペニアですが 原因は
加齢と運動不足による 廃用性筋委縮という事です。

筋肉は使わなければ どんどん細くなってしまう…
つまり身体活動量の低下が サルコペニアを招く!
昔に比べ現在は 便利な暮らしと共に体を使わなく
なりました。
意識して筋肉を鍛えることをしないと サルコペニア
まっしぐらになってしまいます。

【筋肉をつけてアンチエイジング】
筋肉をつけることで 引き締まったボディラインを
キープでき 若々しく見えますね。
男女とも40歳を過ぎるころから 筋肉量の減少が
多くなりますから 筋肉を鍛えることで…

  きれいな姿勢をキープ
  肥満の防止
  転倒予防
  骨密度低下の防止
  肩こり腰痛の予防

などが可能です。
今からしっかり運動することで 若さをキープ
しましょう。













by fit-plus | 2018-05-09 11:07 | 健康

ダンスが作るしなやかな身体

b0179402_10103197.jpg


ダンサーのからだが美しい3つの理由!
ダンスが作る しなやかでキレのある動作はどこから
生まれるのでしょうか。
ダンスは運動性、芸術性などが ミックスされた身体の
芸術的ボディワークです。


【まっすぐに伸びた姿勢】
ダンスの基本は 足の裏でしっかり床を踏んでまっすぐ
立つことから始まります。
この正しい立ち方を意識しながら 様々な動作を行う
わけですが レッスンで1つ1つの動きを意識しながら
繰り返し行うことで 関係する筋肉群が鍛えられきれいに
伸びた姿勢が作られます。

ダンスを踊るという事は 自分の身体を自分自身の
意思で コントロールすることです。


【細く引き締まった身体】
フラや日本舞踊と違って つま先立ち(ルルべ)や
回転(ターン)をしたり 素早くステップを踏んだり
全身の筋力とバランスの安定性が養われます。
ダンスは 抗重量筋に作用する動作が多く筋肉量が
増える事で代謝もアップします。
しかしその筋肉は太くならず 細く締まった筋肉が
つきます。
なぜなら普通の筋トレと違い "引き上げ"を意識する
からです。
ダンスに太い筋肉は必要ありません。
反対に 太い筋肉がつくのは使い方が正しくないと
いう事になります。

③【なめらかな動き】
ダンスレッスンでは 結構しっかりストレッチを
します。 
いわゆるダンスストレッチですが これは関節を
より大きく 多方面に動かす必要があるからです。
ダンスは 姿勢やバランスをキープするために
ある程度の柔軟性は必要で 柔軟性と筋力があって
こそなめらかな動きが生まれます。



普段通勤やデスクワークだけで 身体をそれ以外で
使っていない方や 家事だけで 身体の前面しか使わ
ないでいると 背中は丸くなり身体の可動域はどんどん
狭くなります。

柔軟性も筋力も落ちれば 実年齢より老けた印象になり
やすいですが ダンスで鍛えた身体は より若々しい
印象を与えますね。






 

by fit-plus | 2018-05-06 10:51 | 特別レッスン

ステップエクササイズの運動効果と安全性を見直そう

b0179402_13285345.jpg

運動効果が大きい ステップエクササイズですが 
ステップエクササイズが誕生した歴史はご存じないと
思います。
そこでステップエクササイズの効果と その誕生の
歴史をあらためてみてみましょう。


ステップエクササイズの誕生】

ステップエクササイズが誕生したのは エアロビクス
エクササイズ(当時はエアロビクスダンスなどと呼ばれて
いました)より遅れて始まりました。
どちらもアメリカから入ってきましたが その元はエアロ
ビクスインストラクターのリハビリからでした。

エアロビクスが広まった初期の頃は ハイインパクト
の動きが主流で 日本でも膝の故障者が多く出たため
当時安全性に対して問題にもなりました。
インストラクターもしかり 何しろ職業としているわけ
ですから 膝も故障します。
そのインストラクターが リハビリから考案したものが
ステップ台を用いた昇降運動で のちにそれがヒットし
現在のスタイルに至ったわけです。



【ステップエクササイズの有効性と安全性】

ステップの安全性については 数字的にも検証されて
いて 足・腰にかかる衝撃が少なく 有酸素性の運動
効果としてのエネルギー消費は大きい。

◎エネルギー消費量はランニングと同程度
◎足裏にかかる衝撃は ウオーキングと同程度

また音楽に合わせてコンビネーションをマスターする
ことで 覚える楽しさや達成感そして爽快感を得られる
エクササイズです。


シルバーメンバーの方達に サーキットトレーニング中に 
ステップを通常では30秒でチェンジのところを3分間続けて 
単純に昇って降りるを繰り返してもらいました。
すると 皆さん「すごい!効きました~ァ!すごい汗です」
と感激していました。

これを見ても ステップの運動量がいかに大きいかが
分りますね。
月に1回開催しているステップレッスン『ステップで
シェイプ』はこのステップエクササイズのクラスです。
サーキットトレーニングとは 一味違ったレッスンを
あなたもぜひトライしてみて下さい。














 
by fit-plus | 2018-05-04 10:38 | サーキットトレーニング

糖質制限は老化を早める

b0179402_12124568.jpg


数年前から糖質オフダイエットがブームになって
いますが テレビのニュース番組で 東北大の都筑
教授がこの糖質制限の研究について説明をされて
いました。


糖質制限を長期に続けると…

マウスによる実験3種類のエサで飼育をすると
  ①日本食に近い炭水化物をとる
  ②欧米型の炭水化物を減らし脂質を増やしたもの
  ③糖質制限(無)食でタンパク質を増やしたもの

すると驚きの結果が… 糖質制限食を続けると
  なんと老化が促進してしまうのです


この3種類のエサで1年間飼育すると③のマウスの
老化の進行が30%早く写真で比べてもその違いが
ハッキリと分りました。
通常のエサの場合…毛並みもきれいで見るからに元気
糖質制限の場合……皮膚も薄く毛も薄くツヤが無い
結局30%老化が早まれば 早死にするという事に
なります。
中高年がこの糖質制限をすると危険ですね。

細胞を見るとIL-6(インターロイキンー6)が増加
したのが原因だそうで。
IL=6は免疫疾患や炎症に関与する物質だそうです。

以前読んだ本にも 日本人の体質として炭水化物を
控えてはいけないとの記事がありました。
欧米人とは違った体質の日本人が 欧米食のような
内容の食生活を続けるのは 体質的にも向いていない
ようです。

結局 昔から引き継がれている日本食を基本に考える
のが 一番良いのではないでしょうか。




by fit-plus | 2018-05-03 12:16 | ダイエット

運動してもなかなか痩せないのはなぜ

b0179402_10030257.jpg


痩せたいと張り切って運動を始めたにもかかわらず
体重も思ったように減らないし 体型も変化なし!
「こんなに頑張って運動しているのに痩せない…
も~やめた!」なんて方も多いのではないでしょうか。


【運動で消費するカロリーは思っているより少ない】

ダイエットを目的に運動をしていても つい油断して 
食べ過ぎてしまう事はありませんか?
例えば… 
30分ジョギングをして消費されるのは 約270㎉です。 
一方体脂肪1kgには 約7,200㎉のエネルギーが蓄え
られています。
ですから 1㎏の体脂肪を消費するには ジョギングを
10時間以上続ける必要があるのです。

つまり 短期間の運動で体脂肪をどんどん燃やすのは
至難の業となります。
運動は健康的にシェイプアップするためには必要不可欠です。
しかし 運動によるダイエット効果を過信しすぎると
このように運動しても痩せないとなってしまいます。

運動したからと安心して つい食べ過ぎてしまったり
甘いものに手が伸びていませんか!

例えば サーキットトレーニングを1回やったあとに
菓子パン1個(大体の菓子パンは500㎉以上あります)
食べてしまうと サーキットトレーニングでの 消費
カロリーは250~300Kcal ですから 運動で消費した
カロリーより摂取カロリーの方が多く 結局痩せること
にはならず効果が無いとなってしまうのです。



【ダイエットを確実に成功させるためには】
 

①運動の効果をしっかり認識する事 
②食事管理をする

両方を2本立てで行うことが大切です。

ダイエットを成功させるためには… バランスの良い食事
(脂肪や糖分を控え野菜を増やすなど)を心掛ける。
これと並行して 定期的に運動を継続することです。
運動した分は カロリーは消費している訳ですから。



【運動は太りにくい体質とキレイな体型を作る】

運動による脂肪燃焼効果が低いからと 運動をやめて
しまうのは早計です。
運動は 体質改善やきれいなボディラインを手に入れる
ために大きく貢献しているからです。
何度も書いているので 皆さんもご存じでしょうが運動は
基礎代謝の低下を防ぎ 太りにくい体質をつくります。
運動をしないと筋肉量が減り 結果エネルギー消費量が減り 
体脂肪が蓄積するだけでなく 太りやすい体質になって
しまいます。

運動を全くしないで食事だけを減らすダイエットを行うと
基礎代謝は 20~30パーセントも低下するそうです。

また食事制限だけで体重を減らすと 体脂肪だけでなく 
筋肉も減少してしまい その結果痩せたけど お腹も
二の腕もプヨプヨ 肝心のプロポーションが崩れたり
肌荒れなども招いてしまいます。

健康で引き締まったボディを手に入れるためには運動が
欠かせません。


【有酸素運動・筋トレ・ストレッチ】

基礎代謝を高め筋力の低下を防ぐためには… 
1日30分の運動を習慣にしましょう。

それには 心拍数が少し上がる 有酸素系の運動
(速足での散歩・ジョギングなど)と筋トレ そして
ストレッチの3つを組み合わせて行うと理想的です。


運動と食事管理はセットで考えて どちらもバランスよく
実行していきましょう。
自分の生活を見直して 足りない部分を補っていきましょう。
















by fit-plus | 2018-05-01 10:11 | ダイエット