人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

<   2018年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フィットプラス Xmasパーティ 練習で得たものは大きい

b0179402_13491455.jpg

フィットプラスの今年の営業も、今日25日が最終営業
となりました。

年に一度の大イベント、フィットプラスXmasパーティ
もおかげ様で無事に終わりました。

例年通り、メンバーによる出し物も皆さんに楽しんで
いただけたようで、ある会員さんには「クオリティが
高くてびっくりしました!」との言葉を頂きました。


そこで、出し物の『練習裏話』をこっそりお話ししたい
と思います。


【シルバーメンバーによるフラ】
ハワイの1日をフラで紹介と題して…

最高齢80歳を含む70代のメンバーと、40代のメンバー
によるフラダンス。
衣装のフラ独特のスカートは、80歳のメンバーが6名分
を手作り!
もちろん個々の採寸をして、まさにオーダーメイド。
レイも用意して、にわかフラダンサーに変身。

練習は12月に入ってからほんの数回でしたが、何とか
演技力で補い、黒子のサポートも得て無事最後まで踊り
きりました。

b0179402_11324689.jpg


【USA】
エアロビクスバージョンでのパフォーマンス…
そうです、曲はダ・パンプのUSA


私の急な思い付きで、これも12月に入ってから急きょ
練習を始めましたが、参加メンバーは、否応なく3名の
メンバーにお願いして、サーキットトレーニングの
合間に、少しずつ練習。

何しろ、エアロビクスなんてやったことが無いメンバー
にお願い(半分強制でしたが)したので、練習はヒッシ
だったことでしょう。

おまけに、順番を覚える作業は、サーキット・トレー
ニングにはありませんものね!

そのメンバーの一人の方が、練習の成果でしょうか
何と5キログラム痩せたそうです
見た目もかなりスッキリしたのに、私もびっくりです。


b0179402_11343449.jpg


【DIRTY WORK】
ブルゾン何とかさんで、話題だったようですが…
日曜ダンスクラスメンバーによるジャズ


Xmasパーティでは、毎年普段の練習成果をご披露して
いますが、皆さん練習をスマホで撮って、自分のダンス
をチェックしています。
今は便利ですね! ちょっと昔は、スマホで撮影なんて
ありませんでしたから。


b0179402_11371493.jpg


【THIS IS ME】
今年のミュージカル映画「グレイテスト・ショウマン」
テーマ曲…
土曜のベーシックダンスクラスメンバーによるジャズ

昨年のXmasパーティで「ONE」を踊ったメンバーが
ダンスに目覚めて? ダンスの基本を学びたいとの要望
を受け、今年中頃過ぎにスタートしたクラスです。

まだスタートして間もない方達ですが、どうせならぜひ
Xmasパーティで発表をしましょうと、練習を積んで
きました。
1曲通して踊ることは、とても有意義なダンスの勉強に
なります。

始めたころは、皆さんぎこちない動きでしたが、練習を
積むうちにまとまりができ、一生懸命さが素敵なパワー
となって、上々の出来栄えでした。

ダンスの感動は、「上手い」より「踊り手の気持ち」が
大きいことの証明です。




b0179402_11382828.jpg


【BANG DEM STICKS】
MEGHAN TRAINORのキャッチ―でポップな曲…
日曜ダンスクラス+私(ダンス指導と振り付け)による
ジャズ

普段は、皆さんが踊りやすいテンポや踊りやすい動きで
振付けをしていますが、この曲は少し早振りです。

早振りは、身体を早く動かす必要があります。
当たり前ですが、そのためには何が必要かと言えば
身体(特に体幹部の筋肉)を締めて使わなければ、動き
についていけません。

そして、ファンキーな振りですからコントラクションや
肩の使い方など基本的なアイソレーションも必要です。
アップ・ダウンのリズム感を表現することも!なくては
ならない要素です。


b0179402_11391998.jpg


その他、筋肉プリンセス(愛称)による手相占いや
クイズ『あなたの身体を探検しよう!』会員10年を
迎えたメンバーの表彰など、楽しんで頂けたのでは
ないでしょうか。


会場の飾り付けもメンバーの協力のもと、素敵なデコ
レーションが完成。
美味しい食事とワインをお供に、約3時間の楽しい
時間を皆さんと共有できたことが最大の楽しさでした。

パーティに参加の皆さん、差入れやお手伝いなどご
協力いただいた皆さん、ありがとうございました。



b0179402_12031065.jpg


b0179402_12044020.jpg



b0179402_12075155.jpg

b0179402_12094456.jpg

*トップの花の写真は、パフォーマンス参加のメンバー
 から頂いたものです。





















by fit-plus | 2018-12-25 12:42 | フィットプラスイベント

2018年 フィットプラス Xmasパーティのご案内

b0179402_10000612.jpg

2018年の最後を飾るのは、フィットプラス恒例の
『フィットプラスXmasパーティ』です。

一年の締めくくりとなる催しですが、この一年フィット
プラスに通っていただいた感謝を込めての開催です。
今年で13回目となりますが、この催しが終わると「ああ
今年も終わるなあ」と言う思いがします。

そして…
何といっても見どころは、フィットプラスメンバーに
よる様々なパフォーマンスです。


【パフォーマンス】

◎ダンスクラスメンバーによるキレッキレの『ダンス』
◎有志による『エアロビクスパフォーマンス』
◎シルバーメンバーによる可愛い『フラ』

など…
日頃の運動成果を一つの作品として、皆様にご披露
します。
もちろんこの日のために、仕事の調整をしながら
厳しい特訓(?)に耐え、発表の日に備えてきました。

昨日の水曜もフィットプラスは定休日のところ、最後
の合同練習を実施し本番を迎えます。

そんな努力をしてきたメンバーの成果を、多くの方に
ぜひ見て頂きたいと思っています。

b0179402_11031322.jpg
  



【10年会員の方表彰】

今年も会員歴10年を迎えた方の表彰もあります。
今年は、6名の方が10年を迎えました。


【開催日】

12月22日 (土) 18:00~21:00
     (参加費1,000円)

オードブルは、おなじみの長男堂さん特性オードブル。
シャンパン・ビール・チューハイ・ソフトドリンク
飲み放題!
そして、皆様からの差入れや手作り料理も大歓迎です。



b0179402_10564202.jpg


















by fit-plus | 2018-12-20 10:56 | フィットプラスイベント

ダンスでの「振り覚えが悪い」と落ち込まない

b0179402_00132846.jpg

ダンスには、コンビネーション(振付)があります。
ダンスを習っている方にとって、一番楽しい時間はこの
コンビネーションの時間でしょう。

そのコンビネーションを覚えるのに、すぐ振りが入る人
となかなか入らない人がいます。

振りを覚えるのが苦手な方は、こう思うでしょうね。
早く振りを覚える秘訣があったら、教えてほしいと!
今日は、振りを覚えることについて考えてみましょう。


特にダンス初心者の方は、振り付けを覚えることが大変
と思うところでしょう。
なぜなら、ダンスの経験が少ないので、ダンスの動きに
慣れていないことと、基本的なステップなどを知らない
ことがあります。

ダンスは、学んだことを体で覚えることです。

目で見て → 頭で判断して → 身体に反映させる

これを、レッスンを受けることで何度も繰り返します。

例えて言えば、学校で数学の公式を学びました。
家で、参考書に載っている応用問題をいくつも解いて
いきます。
基本を学んだら、応用問題を解いて、より理解を深めて
力をつけていきますよね。
ダンスも、これと同じことが言えます。



b0179402_00583916.jpg


レッスンを受けることは、応用問題を経験する事です。
数多くのレッスンを経験することで、動きの流れも早く
つかむことができるようになります。



…………………………………………………………………
 では、振り覚えを早くするためには、どんな
 ことに注意すればよいのでしょうか。
…………………………………………………………………


b0179402_01385248.jpg


【基本の動きを早く覚えましょう】


ダンスエクササイズの中には、振り付けにつながる基本
的な動きが、たくさん入っています。
ですから、基本をしっかり身に着けることが大切です。
やはり、基本が第一です。


【振りのポイントを抑える】

振り付けは、エイトカウントのつながりです。
レッスンでは、8カウント×4程度の振り付けを覚える
ことが多いですが、ダンス初心者の方にはすべて覚える
のは結構大変でしょう。

カウントのすべてを覚えるより、振りのポイントとなる
部分(きめのポーズやターンが入るカウントなど)を
しっかり入れる。
つまり、要所を抑えておくとよいでしょう。
そのあとで、細かい点を詰めていきましょう。


【しっかり目を使いましょう】

指導者の動きをよく見ることです。
ダンスを覚えることは、まず振り付けを見ることから
始まります。
どちらの足が出るか、体の向きは、手はどこから伸ばし
てどこまで上げているか、腰の位置は、などよく観察
しましょう。



【重心の移動】

ダンスは、足でステップを踏みながら移動します。
つまり、重心の移動があります。

もちろん両足重心で立つ場合もありますが、ほとんどは
どちらかの足に重心があることで、次のステップにつな
がるわけです。

初心者の方は、この点があいまいになってしまうことが
多いので、次の足がどちらから出るか、わからなくなる
場合が目につきます。

どちらの足に重心をかけているか、重心移動をしっかり
しましょう。

b0179402_10142701.jpg


【多くの振り付けを経験する】

先ほども言いましたが、応用問題を多く経験することで
目で見たものを、すぐ身体(筋肉)が反応できるように
なります。

ダンス経験を何年も積むと、動きの引き出しがたくさん
増えます。
人は、二本の脚と二本の腕しかありませんから、それを
どう組み合わせて動かすか!です。

多くののレッスンをこなしていくことで、動きの回路が
増え、新しい振り付けにも、早く反応できるようになり
ますから。




b0179402_09544727.jpg



同じダンス初心者でも、振りを早く覚える器用な人と
なかなか覚えられない人がいることは事実あります。

でも、振り覚えが早いことと、ダンスが上手ということ
とは別問題です。
ダンスの振り付けを覚えるのが苦手でも、努力すれば
振り覚えのスピードアップは可能ですし、ダンスの上達
も本人の努力にかかっています。

振りを覚えることも、ダンストレーニングの一つと考え
ましょう。
つまり、覚えるトレーニングを積めば、だれでも振り
覚えは早くなりますよ。


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

フィットプラスのクリスマスパ-ティに向けて、ダンス
初心者クラスの皆さんが、必死?にダンスの振り付けを
練習しています。

まさに、振りを覚える作業に追われている最中です。
振りが、なかなか入らない方もいるようですが、何回も
何回もやってみましょう。

数多く練習すると、音が鳴っただけで、身体が反応する
ようになります。
そうなったら、振りが完全に身体に入ったと言うこと
です!

1曲完全に踊るということは、ダンスをするうえで
とても良い勉強になります。
皆さん、ぜひこのチャンスを生かして、ダンスの上達に
つなげていきましょう。

     ……………………………………………

    フィットプラスのクリスマスパーティ
        
         12月22日(土)
        18:00~21:00


    ………………………………………………

b0179402_11352404.jpg





















by fit-plus | 2018-12-13 11:48 | ダンス

ダンスに必要な股関節の柔軟性を高めるためには

b0179402_10222275.jpg


ダンスをするうえで必要な、身体能力の一つに柔軟性
があります。
その中でも、皆さんが「もう少し柔らかくしたい」と
思っているのが、股関節の柔軟性ではないでしょうか。

体の柔軟性を高めるためには、関節の可動域を大きく
する必要があります。
今回は、この股関節周りの柔軟性について、考えてみま
しょう。


【股関節】

股関節は、大腿骨の骨頭が、骨盤(腸骨・恥骨・座骨)
の下にある骨のくぼみに、はまってできています。
この関係は、たとえて言えばボール(大腿骨骨頭)と
ソケット(骨盤の寛骨臼)の関係です。
人の関節では、この股関節と肩関節が、球関節になって
いて、これがクルクル動くことで、下肢や腕が自由に
動くわけです。




b0179402_12392111.jpg

b0179402_10194146.jpg




さらに、股関節の周りを靭帯(Y靭帯・恥骨大腿靭帯)
が補強しています。
股関節では動きが自由でも、Y靭帯が厚く強いために
動きを制限しています。


<いろいろな動きが可能な関節>

靭帯で守られた股関節は、球関節だからこそ各方向に
自在に動くことが可能になります。

 ①前にあげる屈曲
 ②後ろに伸ばす伸展
 ③外側にあげる外転
 ④外側にあげた下肢を戻す内転
 ⑤外側に回旋する外旋
 ⑥反対の内側に回旋するのが内旋

b0179402_11063836.png


<ダンスの基本はターンアウトから>

股関節の外旋は、ダンスにおいても基本になります。
股関節の外旋には、筋肉もかかわっています。
ではどんな筋肉か、みてみましょう。

股関節の外旋 … 大殿筋・中殿筋・腸腰筋・外旋筋群
股関節の内旋 … 内転筋群・大殿筋

これらの筋群がかかわって、プリエやパッセ、アラベ
スクなどの動きにつながっていきます。
この時、十分な柔軟性が無いと余計な部分が緊張したり
正しいポジションが取れなくなります。

皆さんは、筋肉の名称などは、あまり覚える必要はない
でしょうが、骨格はある程度理解した方がストレッチを
行う上でとても有効ですよ。

皆さんが、ダンスレッスンで行う各脚でのポジションで
のプリエの動きは、体幹がぶれないようにすることで
股関節を開きやすくするサポートにもなります。

b0179402_10430715.jpg





<開脚>

そこで、皆さんが気になる股関節の柔軟性ですが…
開脚では、股関節を外旋させていくわけですが、一般的
にその角度は平均45度と言われています。

ダンスにおいては、90度近くまで開くのですから、それ
なりに努力をする必要があります。
より開脚の角度を上げるためには、日々のストレッチが
大切です。

b0179402_10503935.jpg


では、開脚を妨げる原因は何でしょう?

◎内転筋の柔軟性不足
◎股関節靭帯の柔軟性不足
◎ハムストリングスの柔軟性不足
◎個人的な骨格の差

などが考えられますが、一番影響するのは筋肉より
関節を守っている靭帯でしょう。

生まれつき柔らかく長い靭帯を持っている人は、苦も
無く180度開脚もできるでしょうが、それは反対に
組織を傷める危険もある訳です。
強靭な靭帯は、体を守るためには必要なのです。

骨の個人差は仕方ないとして、靭帯や筋肉の柔軟性を
つけていけば、可動域は広げることが可能と言うこと
です。

また、関節の可動域を妨げる原因は、1つだけではなく
いくつかの原因が、重なっている場合が多いでしょう。


b0179402_10174203.jpg



【柔軟性を手に入れるためには】

股関節の柔軟性を手に入れるためのポイントは…

皆さん、開脚する時に脚を開くことに、一生懸命に
なりすぎることが多いです。
順番を踏まえて、徐々に行っていきましょう。


<開脚をする前に>
開脚をする前に、関係する筋肉のストレッチをしま
しょう。
関係する筋肉が固いまま、急に開脚しても思うようには
いきません。
腿の裏、足の付け根、内腿などをよくストレッチした
うえで、開脚してみましょう。


<開脚のポイント>

①骨盤を立てる
 先ず、開脚した時に骨盤が立っていないと、体を前に
 倒すことは不可能です。
 猫背や股関節の柔軟性が無い方は、骨盤が後ろに倒れ
 てしまいます。 
 また、頭から突っ込んで、骨盤が動いていない方も
 多いので、上体はまっすぐにしたまま前に倒していき
 ましょう。

②骨盤を動かさずに股関節を動かす感覚を知る
 開脚をしても、股関節自体が動かないと関係ない筋肉
 に力が入るばかりで効果が得られません。
 足をフレックスにして、骨盤に手を当て、股関節から
 脚を内側と外側にゆっくり動かして、股関節の動きを
 感じてみましょう。


<開脚して上体を倒すポイント>

 ①充分に各筋肉をストレッチします。
 ②開脚したらまず骨盤を立てます。
 ③上体を上に引き上げ、特に腰裏を引き上げましょう。
 ④膝を天井に向けます。
 ⑤腰の後ろから、前に少しずつ押していきましょう。

毎日、少しずつ行って、股関節の柔軟性を手に入れま
しょう。

b0179402_10243854.jpg


バットマンするにも、股関節の柔軟性が必要です!
体の中心にあり、骨盤と言う大きな骨につながっている
股関節は、なかなか手ごわいです。
と言うことは、粘り強くストレッチを継続して、股関節
の柔軟性を手に入れていきましょう。

















by fit-plus | 2018-12-06 11:11 | ダンス