人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

<   2019年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ダイエットにも『GPDCA』サイクルを回そう

b0179402_14320443.jpg



あなたは『GPDCAサイクル』と言うことばを聞いた
ことはありますか?

GPDCAサイクルとは、PDCAサイクルにGoal(目標)
を加えたものです。

b0179402_15564302.jpg


PDCAサイクルは、ビジネスでよく使われる言葉
ですが…

 Plan  (計画)
 Do   (実行)
 Check (評価)
 Action (改善)


上記のそれぞれの頭文字をとったものです。
『GPDCAサイクル』は、それにGoalをを加えた
ものです。

つまり、
具体的な目標を定めて=Goal
その目標達成のための計画を立て=Plan
それを実行し=Do
結果を分析して=Check
改善してい=Action

GPDCAサイクル
はサイクルですから、それを繰り
返すことです。

そこで考えてみて下さい。
これは、ビジネスに限らずダイエットにも応用でき
ますね。


【ダイエットのためのGPDCA】

ダイエットとは、体重管理をすることです。
自分にとっての、適正体重や目標体重に近づく
よう努力をすることになります。

体重が、かなりオーバーしている方や、もう少し
絞りたいと思っている方には、このくらいまで
体重を落としたいという目標があるでしょう。

これを、GPDCAサイクルに当てはめていくと…

①Goal (目標)を明確にする
まず、体重を「◯◯キロ」落とすを設定する。
無理のない範囲で、目標設定することで、自分が
何をするのか、何のためにするのかの、モチベー
ションの維持にもつながります。

②Plan(計画)をたてる
目標達成のための計画を立てます。
「いつまでに」「どのようにして」「何をするか」
など、目標を実現するための行動を考えましょう。

③Do(実行)する
②で立てた計画を実行していきます。

④Check(チェックと分析)を定期的にする
立てた計画が思うように実行できたか、またその
結果を調べ、結果が出ていなければ、その原因を
調べる。

⑤Action (改善)する
チェックと分析で見えた課題を改善することです。
思うような結果が得られなかった場合は、計画の
見直しをする。
そして、次のサイクルにつなげていくポイントに
します。


b0179402_11262446.jpg



【サイクルを回していくコツ】

①まずは、無理のない目標を立てる。

そのためには、今の自分の現状(体重)を確認した
うえで、実行可能な範囲で、目標を立てましょう。


②目標達成に向けてチェックシートをつくる

減量のために何をするか、リストをつくり一覧
表にしてみましょう。

但し、最初から、やることを詰め込み過ぎると
実行できず、中途半端になってしまいます。
計画に無理があるということになります。
 

③計画が実行できたか、チェックシートに記入

例えば
〇間食は、時間と量を決めて食べる 
〇夕食は炭水化物の量を半分に減らす
〇1日30分歩く
〇週2回はジムに行く

などの項目で、実行できたかどうかをチェック


④チェックシートを確認する

何ができていなかったか、確認して、なおかつ
なぜできなかったかを考えてみましょう。

実行が、あいまいだと結果は出ません。
完全に実行されているが、結果が出ない場合は
計画(リスト)の見直しをする必要があります。


b0179402_11125900.jpg


【まとめ】

ダイエットに近道はありません。
コツコツ実行することが、最大のポイントです。

成果を急ぎ過ぎても、良い結果は得られません。
ちょっとやって、すぐ行動を変えてしまっては
本当に自分に合ったものが何か、わからずじまい
になってしまいます。

チェックシートを作成したり、毎日記入したり
手間はかかりますが、自分の行動をしっかり目で
確認する良い方法です。

GPDCAサイクルを上手に回してダイエットを
成功させましょう。

あなたも試してみませんか!



ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/











by fit-plus | 2019-05-31 11:45 | フィットネス

今から始める汗腺トレーニング

b0179402_11245924.jpg

5月後半にして、真夏並みの暑さが続いています。
これからますます汗ばむ季節となりますが、皆さん
暑い夏に向けて、良い汗をかくための汗腺トレー
ニングを始めませんか。


【汗には良い汗と悪い汗がある】

良い汗は … サラサラで無臭です。
悪い汗は … ベッタリとして臭う。

普段から汗をかく習慣のある方は、汗腺の働きが
よく、サラサラとしてすぐ乾きます。

しかし、あまり汗をかかない生活を続けていると
汗腺機能そのものが衰え、塩分やミネラル分が
一緒に出てしまい、臭いの元となってしまいます。
汗がしょっぱい人は、これに当てはまりますよ。


【いい汗をかくためには】

いい汗をかくためには、汗腺トレーニングを
スタートしましょう。

では、何をしたらよいのかと言えば、汗をかく
習慣をつけることです。
それには、運動と入浴です。

◎運動 … 1回30分の運動を週3回~4回

◎入浴 … ここでお勧めしたいのが、ゲルマ
      ニウム温浴

ゲルマニウム温浴は、夏はチョット!と思う方が
いらっしゃいますが、夏こそ!おススメです。

手と足を42度のお湯に、20分間つけるだけで
大量の発汗が得られます。
心臓にも負担がかからず、年配の方にも安心です。

汗をかく習慣をつけ、良い汗をかくようになると
体温調節機能が向上し、さらに熱中症予防にも
なるのです。

b0179402_12334451.png


【過ごしやすい環境が機能の低下を招く】

夏はクーラーの効いた部屋で過ごし、何も運動を
しない状況は、人間の適応能力を低下させてしまい
ます。

高齢者の場合は、体温調節機能も低下しますから
より注意が必要ですね。

熱中症の予防にも、今からしっかり汗をかくことを
実践して、汗腺トレーニングをしましょう。


ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/























by fit-plus | 2019-05-28 14:24 | 健康

だれもが気になる『ウェスト サイズ ストーリー!』

b0179402_14094152.jpg

多くの皆さんは、体重も気になるけれど、何とか
したいのはウェストサイズでしょうか。
男性女性にかかわらず、体の部分で1番機になる
のは、ウェスト周りのようです。

若い頃は、こんなではなかったのに!と嘆くのは
男女ともに中年以降の方でしょう。
ほっておいたら、どんどん増えるウェストサイズ!
今回は、ウェストサイズについてみてみましょう。


【ウェストサイズの平均は】

経済産業省が出しているデータで見てみましょう。
これは日本人の平均値です。

  年齢     男性     女性
 20~24    72.9     67
 25~29    77.9     67.6

 30~34    81.5     68.1
 35~39    83.5     69.3

 40~44    85.4     71.1
 45~49    85.5     71.6

 50~54    86.2     73.5
 55~59    86.0     74.9

 60~64    84.3     75.5
 64~69    85.6     78.0

 70~74    85.9     79.4
 75~79    84.8     80.5

上記の数字から見ても、男女とも年齢とともに腹囲
が増えるのがわかりますね。

これは、加齢に伴い運動量が減り、基礎代謝が低下
することが主な原因となるでしょう。

特に男性は、20代から30代になると一気にウェスト
回りに脂肪がつくようです。
これは、筋肉量の減少と、男性は女性に比べて内臓
脂肪がつきやすい点もあります。

女性の場合は、閉経とともにお腹周りに脂肪がつき
やすくなります。


b0179402_14462457.jpg


『今のあなたのウェストサイズは』

女性の場合、20代後半を過ぎる頃から徐々に皮下
脂肪が増えていきます。
40代を過ぎると、特にお腹など上半身が大きく
なります。

と言っても、電車などで若い女性が座席に座って
いる姿を見ると、ワーお腹がポッコリなんて方も
結構多く見かけますけど。

あなたが若い年代でしたら、中年になったらどう
なるか想像してみてください。
中年を迎えた方は、今の自分のウェストサイズを
見てください。

最初に表示した、経済産業省のデータはあくまで
平均で、個々によって身長も体重も違いますから
その方にとっての数字は変わってきますよね。

10人いたら、10人とも体型はそれぞれ違いますし
皆同じサイズであるはずもなしです。

理想的なプロポーションは、その方の体全体の
バランスで考えましょう。

b0179402_12100271.jpg

【ウェストサイズをキープするには】

ウェストサイズが大きくなってしまうのは、脂肪の
蓄積と、筋力低下の両方が原因です。
ほっておけば、緩んで重力と共に下がっていく体を
いかにキープするか、今からしかり対処していき
ましょう。

そのためには…、

◎余計な体脂肪をつけないための食生活を心掛ける。

◎運動習慣を身につけ、筋力低下を防ぎ、活動的な
 生活を送る努力をする。

◎普段から姿勢に気を付け、正しい歩き方を心掛け
 お腹を締めておく、くせをつける。


自分の体型、特にウェストサイズをいかにキープ
していくかは、あなたが努力をするかしないかに
かかっています。



b0179402_12171250.jpg


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

一昔前、タイトスカートをはく女性が多い時代が
ありました。
タイトスカートは、お腹がポッコリでは美しくあり
ませんし、ウェストを意識せざるを得ないファッ
ションです。

反対に今は、ルーズシルエットのファッションが
多いのも、女性のウェストが大きくなる一因かも
しれませんね。

自分の身体を意識することは、プロポーションを
キープすることにつながる始めの一歩です。


ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/

















by fit-plus | 2019-05-26 12:36 | フィットネス

フィットネスは 『なぜやるか』を考えよう

b0179402_11315803.jpg

フィットネスと言えば、一般的には健康な状態でいる
ためにする運動を指しますが、『ウェルネス』と言う
ことばを聞いたことはありますか?


『ウェルネス』とは

『ウェルネス』とは、精神的、身体的、社会的に
良好な状態であることを指します。
身体の健康が基礎になり、そこからさらに、より
良く生きるための生活のあり方をさします。

つまり、生き生きとした人生を目指すことです。

ピラミッドで言えば、1番下に健康があり、1番上の
ゴールは、豊かで輝いている人生(ウェルネス)が
あるのです。


b0179402_12023288.jpg
フィットネスの先進国であるアメリカでも、最近は
このウェルネスという意識が高まっています。

その点、フィットネスではまだまだ後進国?の日本
でも、健康の意識は高まりつつあります。

それは、いろいろなスタイルのフィットネシジムが
増え、パーソナルジムにも多くの女性が通い、大手の
スポーツクラブにも、やはり、多くのシルバーエイジ
の方が通っている状況からもうかがえます。

フィットネスジムに通っている方の目的は、年代に
よって違いがあるでしょうが、ウェルネスの1番の
基本は、健康です。


フィットネスからウェルネスへ

ウェルネスライフを送るためには、体を鍛えること
だけでなく、生活の質も上げていく必要があります。

そして、より良い生活の実現のために何が必要で
何をすればよいのでしょうか。
以下のことは、ウェルネスの基本です。
日常生活を送りながら自分で実践可能ですね。

 ①バランスのとれた食生活を心がける
 ②定期的な運動習慣をつける
 ③精神的タフネス(運動が良い影響を与える)

この3つのバランスが整ってこそ、ウェルネスの
実現があります。


『基本となるフィットネス』

特に、定期的な運動習慣により、身体が変われば
精神状態にも良い影響があることは、科学的にも
証明されています。

ウェルネスライフの基本である、健康や体力作りの
ための運動を習慣にすることで、自信がつき、より
積極的な生活を実現することができます。

今の自分のためではなく、将来の自分のために
フィットネスを生活の中に取り入れてこそ、ウェル
ネスライフを実現できるのです。

ウェルネスライフを実現するために、フィットネスの
必要があるのです。



b0179402_11192785.jpg




ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/



















by fit-plus | 2019-05-20 11:58 | フィットネス

令和に目指す女性のフィットネスはどんなスタイルでしょう

b0179402_11045551.jpg

平成も終わり、新元号の令和となりました。
時代が受け継がれ、女性の生活環境も少しづつ変化
してきました。

共働き世帯も5割を超え、労働時間も長くなっている
ためか、時間の管理も大変な時代です。

そのような状況を料理のトレンドから見ると…
 ◎健康志向 
 ◎時短 

だそうです。

また、インターネットやスマホの普及で、コミュニ
ケーションも複雑、多様化してきました。
それゆえに、多様な健康上の不具合も多くなりつつ
あります。

そんな多くの女性たちが望む、健康管理や豊かな
人生を送るための、サポートとなるフィットネス
とはどんなスタイルなのでしょうか。


b0179402_14012358.jpg

『現代の女性とフィットネス』

そもそもフィットネスは、自分の生活を豊かにする
ためのものです。

女性のライフスタイルも、時代と共に多様化している
現代は、フィットネスのスタイルも多様化しています。

かつてのエアロビクスブームに始まり、今はバイクや
ボクササイズ、そしてファンクショナル系のトレーニ
ングなどが増えてきました。

フィットネスのプログラムの変化と共に、テクノロ
ジーの導入などと、かなりの進化を見せています。
そんな中で、何を選ぶか迷ってしまいそうです。

そのようなフィットネス状況のなか、何を選ぶかを
考える時は、まず自分のライフスタイルを考えま
しょう。

自由な時間が取れない方には、隙間時間に続けられ
る小規模形態のジムなどが向いているでしょう。
料理のトレンドと似ていますね。
まさに、健康志向と時短です。

そして、大切なことはフィットネスの継続です。
フィットネス初心者の方は、流行りのプログラムや
設備の新しさなどの、見た目に気を取られやすいの
ですが、実質的なプログラムの内容や、営業時間
通いやすい場所かどうか、などをしっかりチェック
してみましょう。

自分の生活パターンに合っていないと、結局継続
できずに、途中で終わってしまいます。


b0179402_15004301.jpg


フィットネスは、自分自身と向き合う時間です。
単に痩せるとか、一部の筋肉をつけるだけではなく
自分自身の、今の身体の状況を感じ、何が必要かを
考えながら、良い変化を楽しむことが、継続を可能
にする秘訣かもしれません。

まだフィットネスを始めていない方、迷っている方
ぜひ、ご自分のライフスタイルに合ったフィットネス
を見つけてみて下さい。




ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/














by fit-plus | 2019-05-13 11:28 | フィットネス

ゴールデンウィーク最後はリフレクソロジー・フェイシャルで癒される

b0179402_09231794.jpg

ゴールデンウィーク中に開催した、フィットプラス
のイベント。
最後は、身体を癒す『足ツボ・フェイシャル』を
開催しました。

足ツボかフェイシャルのお好きなコースをお選び
いただきましたが、意外だったのは、フェイシャル
よりも足ツボを希望する方が多かったことです。

皆さん疲れを感じているのでしょうか!参加された
方達の殆どが、お仕事を持っているメンバーです。


リフレクソロジーとは

多くの方がご存知と思いますが、身体に関連する足
の反射区を刺激することにより、滞った体の部分を
改善する施術です。


◎足は全身の縮図
足の反射区は全身の縮図で、つま先にある頭部から
胃や肺、腸などのの内臓。
そして踵は腰、生殖器などと順に並んでいます。
また左右の足は、それぞれの半身を反射しています。


b0179402_09554329.png


◎足は神経の集まり
足には、片足だけでも7,000を超える神経の末端が
あるそうです。
それだけに、足はとても敏感だということです。

施術者が、反射区を押したりしながら、様々な部位
を刺激しますが、人の手で触るという行為そのもの
も大きな治癒力を持っているのです。
足がリラックスすれば、全身がリラックスします。


◎ストレスは健康を害する
病気の70%は、ストレスに関係していると言われて
います。

ストレスと言えば…
〇仕事に行くには通勤ラッシュ…
○気の合わない上司や同僚との付き合い…
○うるさい子供や、旦那に付き合う時…

少なからず誰もが、日々様々なストレスにさらされ
ています。
その結果、首のコリ、頭痛、過敏性胃腸炎などの
症状が、ストレスによって引き起こされます。

リフレクソロジーは、体の緊張をほぐしリラックス
させます。


b0179402_10492632.jpg
b0179402_11142417.jpg


今回多くの方が、施術を受けましたが、その反応は
さまざまでした。
どこを押しても痛い痛いを連発の方、気持ちよく
寝てしまった方など。
全体的に、消化器官が弱っている方と、足のむくみ
がある方が多かったようです。

今回の足ツボを受けて、『やはり、運動をしっかり
しないとだめですね』と帰り際に言われた方も。

女性に多い冷え性や、むくみを改善するには、運動
とゲルマニウム温浴がおススメですよ。


ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/














by fit-plus | 2019-05-07 11:25 | フィットプラスイベント

フィットプラス祝日イベント その2 『ステップでシェイプ』で脂肪燃焼

b0179402_15091668.jpg


5月3日憲法記念日は、フィットプラスのイベント
その2『ステップでシェイプ』を開催。

ステップでシェイプは、月に1回 土曜日にも開催
していますが、ゴールデンウィーク中の運動不足が
不安な方向けに開催しました。

今回、初めてステップエクササイズを体験する方
から、ベテランの方までが参加して、ステップの
エクササイズをこなすこと1時間40分!

そんなわけで、ステップエクササイズについて少し
考えてみましょう。



グループレッスンのメリット…

サーキットトレーニングでは、普段は会うことが
あまりないメンバーも、同じ時間に集合して同じ
レッスンを楽しむことができます。

そして、サーキットトレーニングは、好きな時間に
できるのがメリットの一つでもありますが、反対に
いつでもいいが、今日はまあいいか、とだんだん
トレーニングが遠のく恐れもある訳です。

クラスレッスンは、決まった日と、決まった時間に
エクササイズをするので、その時間に行かなければ
ならないのです。

先日のサーキットスペシャルと同様に、ステップ
エクササイズは、グループレッスンです。
ちょっときついな!と思っても皆と一緒だから
頑張れるんですね。


運動をすることのメリットは身体だけではない…

ステップエクササイズの内容は、基本のステップに
アレンジを加えたり、順番にいくつかのステップを
組み合わせ、それを覚えながら動きます。
ちょっとした集中力が必要なのです。

順番を覚えたりするのが苦手な方は、覚える必要が
無い運動しかやらない!でしょうね。
しかし、『脳を鍛えるには、少し複雑な運動をする
必要がある』とジョン J レイティはその著書の中で
言っています。

このことは、以前このブログでも書いた覚えがあり
ますが、彼は医学博士。ハーバード大学医学部臨床
精神医学准教授で、運動が脳に及ぼす効果を説いて
います。


b0179402_15581491.jpg

健康のためや減量の目的でする運動も、さまざまな
種類と方法があります。
何をやるかは、その方の好みで決まるでしょうが
勇気を出してろいろ試してみましょう!

思いがけず、楽しい運動が見つかるかもしれません。
ちょっときついけど、楽しいから続けられる運動が
結局は継続性につながるのです。




ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/

















by fit-plus | 2019-05-05 15:59 | フィットプラスイベント

祝日イベント初日はサーキットスペシャルで体を絞る!

b0179402_09580970.jpg


令和となった5月1日、それを記念するわけではない
のですが、フィットプラスの祝日イベント「その1」
『サーキットスペシャル』を開催。


【第1部】
サーキットトレーニングにおける、マシンの正しい
効果的な使い方をおさらい。
そして、ちょっとしたコツをお教えしました。
マシンは、どこに効かせるかを意識することが大切
なのです。
それを踏まえた上で、自分自身のフォームの見直し
をワークショップ形式で行いました。

【第2部】
第2部は、いつもと違うスタイルのスペシャルな
サーキットトレーニングを体験。

その内容は…
マシンは通常通り行いますが、有酸素運動を完全な
グループレッスンにして行いました。

あえてダンベルも、フィットネスバーも使用せず
自分の身体のみを使った、ファンクショナルな動き
で通常の2倍の有酸素運動(30秒×2)を実施。 
つまり、全身運動は30秒ではなく1分と長め!

マシン30秒→有酸素1分→マシン30秒→有酸素1分
の繰り返しです。

通常のサーキットトレーニングでは、有酸素の
ステーションは、各自違った動きを行いますが
今回は、全員が同じ動きを行うグループレッスン
です。
皆さんで掛け声をかけながら、集中して行う経験
はなかなか楽しいものでした。


メインのサーキットトレーニングの後は、クール
ダウンのストレッチで終了しました。


b0179402_11322023.jpg

b0179402_11331121.jpg


ここでサーキットトレーニングについておさらい
してみましょう!

サーキットトレーニングは、筋力アップや基礎体力
アップの運動を、自然な流れの中に組み合わせる
ことで、バランスの取れた運動ができます。

30分のエクササイズは『時間が無い』という方に
も気軽に続けられるエクササイズです。

筋力が無い方にも安全に、また男性やスポーツ選手
にも充分なトレーニングが可能です。

マシンは、常に滑らかに早く動かすことで、筋力が
増します。

週1回は気分転換。
週2~3回の頻度が有効です。
毎日エクササイズしても問題ありません。


b0179402_11125827.png

ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/




















by fit-plus | 2019-05-04 11:27 | フィットプラスイベント

ジャネットを踊る

b0179402_14352828.jpg

毎週開催している、フィットプラスのダンスクラス
今月からは、ジャネットのアルバムUNBREAKABLE
から『DAMMN BABY』を踊ります。

ジャネットと言えば、皆さんもよくご存知と思い
ますが、マイケルジャクソンの妹であり、ヒット
曲も多くあり、長年にわたりビルボードのチャートを
にぎわせてきました。

When I Think Of You …
Nasty …
Control…
What Have you Done For Me Lately …
Miss You Much …
Black Cat …
Rhythm Nation …

まだまだたくさんありますが、久し振りに彼女の
曲を聴くと、ウーンやはりいいなァ。
ジャネットは、わりと淡々と歌う感じなんですが
リズムをとても感じる!のは私だけでしょうか。

かつて彼女の曲で、何曲か振付けをしたこともあり
懐かしさを感じると共に、やはり、ジャネットの
良さを改めて感じています。

そんなわけで、皆さんにもジャネットのリズムを
感じながら、コンビネーションを楽しんで頂きたい
と思っています。


『DAMMN BABY』

長年ジャネットのプロデューサーとしてタッグを
組んできた、かの有名なジャム&ルイスが手掛けた
アルバム。
やはり、ビートやグルーブ感を感じる作品になって
います。

曲のテンポはミディアムですが、キレとしなやかさ
を意識してもらいたいところです。
(まあどんなダンスにも必要ですが…!)
そして、ジャズの基礎であるアイソレーション!
これがしっかりできていないと、ダンスのキレも
見た目も良くないダンスになってしまいます。

曲の持つグルーブ感や、リズムを体で表現するのが
ダンスです。
曲の持つ、これらを感じるセンスも必要ですね。



ジャネットとダンス

ジャネットは、マイケルと同じように歌うだけでは
なくダンスもこなしています。

昔からの彼女の作品を見てみると、時代によって
ダンスのスタイルも変わってきたのを感じますが
新しいスタイルのダンスを見事にこなし、多くの
女性アーティストに影響を与えてきたのも当然の
ことでしょう。

しかし、変わらないなと感じるところが、やはり
ジャズ(ダンス)であるということです。

ジャスのスタイルも、時代と共にさまざま変化を
遂げてきました。

今は、デジタルダンスのような速い動きで、機械
じかけのロボットが、踊っているようなダンスが
多くなった感があります。

それはそれで、素晴らしいものですが、私のクラス
では、ジャズを踏まえたダンスを皆さんに学んで
ほしいと考えています。



b0179402_13081930.jpg

   
   ~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~


【ダンスクラスのお知らせ】


5月5日(日)のダンスクラスはお休みとなります。
6月30日(日)に振替レッスンを開催しますので
6月は5回レッスンがあります。


ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/












by fit-plus | 2019-05-01 11:38 | ダンス