人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

<   2019年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

運動を始めたら「継続」を目標にしよう

b0179402_13365492.jpg

今年も半分過ぎてしまいましたが、今年からジムに
入会し、運動を始めた方も多いことでしょう。

運動を始めることは簡単です。
しかし運動をすることで、一番難しいことは何で
しょう?
それは、「続ける」ことではないでしょうか。

女性の場合、運動を始める目的の多くが「痩せたい」
でしょう。
最初は痩せたいと思いジムに入会して、しばらくは
頑張る。

しかし、思うように体重が減らないとテンションも
下がり、やる気も落ちてしまう。
そのうち、自分自身に何かと理由をつけてジムに行く
のをさぼる。
さらに、行かないことが何ともなくなり、なんとなく
フェードアウトしてしまう。

多くの人がおちいりやすいパターンです。
もともと人間は、キツイことや、めんどうなことは
やりたくないと思うものです。
おまけに、慣れてくると飽きるということもあります。

b0179402_14411358.jpg


【何のために運動をするのか】

目標・目的を明確に持ち続ける

運動を習慣として身につけるのは、結構努力が必要に
なります。
目的はあっても、それ自体が曖昧であったり、生活の
管理が甘かったりすると、継続は難しいでしょう。

例えば、皆さんが運動を始めるきっかけは…

テレビでも雑誌でも、運動や筋トレの情報があるから
自分もやってみようと、世の中の流行りに乗せられて
始める。
健康診断が近いから、健康診断の数字が悪かったから。
あと3キロ痩せたい。
などですかね。

しかし人間は弱いので、最初の目的や目標をすっかり
忘れてしまいがちです。
目標はあっても、今の自分の事情に流されてしまい
がちです。
皆さんがよく口にする「仕事が忙しいから!」は
ジムに行かない言い訳の代表的なことばです。

時間は自分で管理するもの。
忙しいのはあなただけではありません。
少ない時間で、いかにジムに行く時間をスケジュール
するかは、あなたの時間管理しだいです。

「仕事ができるビジネスマンは、ジムに通って
トレーニングを欠かさない。」
と聞いたことがありますか?。

仕事ができる人は、自分が何をしなければならないか
分っていて、そのために必要な時間の管理がしっかり
できるひとです。


b0179402_11352685.jpg

【情報の選択と実行力】

書店に行くと、これさえやれば的なトレーニング法や
新しいメソッド、などをうたった雑誌などを多く目に
するでしょう。

しかし、トレーニングにしても、簡単にとか短期間で
効果を出すことは無いと思ってください。
また、個人差があるので、同じトレーニングをして
全ての人に、同じ効果があるとも限りません。

雑誌や、テレビの情報に流されやすい人は、自分の
意志がはっきりしないまま、実行力が伴わず挫折し
やすいでしょう。

たくさんの情報から自分で判断し、本当に良いと思う
ものを実行に移すことが大切です。

運動は継続することで、身体が変わり、それを維持
できるのです。
やめてしまったら、体は元に戻るということです。




【運動で変わる身体を感じる】 

初めて運動にチャレンジして、まず3ヶ月くらいは
継続できるでしょう。
3ヵ月続けることができれば、個人差はありますが
身体に変化を感じることができます。

◯体が軽くなった…
◯夜よく眠れる…
◯体力がついてきた…
◯少し体重が減った…
◯スカートやパンツがゆるくなった…

などです。

運動をすることで、自覚できる変化があれば、やる気
はアップし、運動を継続する意識が高くなります。
少しでも体重(体脂肪)が減ることで、食生活にも
気を配るようになるでしょう。



【継続を可能にするためには】

運動を始めようと思い最初にすることは、フィット
ネスジムを探すことですね。

最優先することは通い易さ

ジムを選ぶ場合に重要なことは、自宅か会社から
近い場所を選ぶことです。
どんなにスタイリッシュで豪華でも、通うのに不便
では、継続が難しくなります。


●トレーニングの指導を受けられるか

どんなに最新のマシンがあっても、使い方やフォーム
の指導が受けられないと意味がありません。
気軽に相談できるスタッフがいるかどうかを確認
しましょう。


●目標の設定

年齢によって、身体や筋肉の状態も違ってきますから
自分の体の状態も把握しましょう。
そのうえで、自分はどうなりたいか無理のない目標を
立てましょう。

運動は継続してこそ効果が出るものです。
常に自分の目標を頭にいれておきましょう。


b0179402_11381670.jpg



 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

運動を始めたら、目標を設定しましょう。
どんな小さな目標でも大丈夫です。

次に、『継続する力』を身につけることが大切です。
目標を達成するためには、継続する力が必要です。

運動に限らず、どんな事にも当てはまる継続する力が
無くては、目標達成はかないませんね。

 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~































by fit-plus | 2019-07-19 12:32 | フィットネス

フィットプラス・スタンプラリー2019年がいよいよスタートします!

b0179402_14274683.jpg

お待たせしました! 毎年恒例の『フィットプラス
スタンプラリー』が、いよいよ今月スタートします。

    ーーーーーーーーーーーーーーーー
       スタンプラリー開催期間

     7月16日(火)~9月30日(月)
    ーーーーーーーーーーーーーーーー

題して、『おくのほそ道』をたどる旅を楽しもう!

かの有名な、松尾芭蕉の『おくのほそ道』をもとに
芭蕉が訪ねた場所を、皆さんと一緒に旅してみま
しょう。

そこで、スタート前に奥の細道について、おさらい
してみませんか。
b0179402_14313468.jpg


【おくのほそ道とは】


月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也…。
の序文で始まる松尾芭蕉の紀行文。
あまりにも有名ですね。

単なる紀行文ではなく、事実と創作を交えながら
書かれた紀行文です。

そこには芭蕉の無常観があり、それがおくのほそ道
の根底にあるのでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1689年(元禄2年)松尾芭蕉は、江戸の深川を出発。
北陸を廻り、大垣まで行き、伊勢神宮をお参りして
再び江戸に戻ったのが、1691年(元禄4年)。
およそ600里の旅、2,400kmを徒歩で制覇。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当時は、車も電車も無い時代。
庶民の旅は、もちろん徒歩です。
沼地や、草ぼうぼうの原野などで道に迷うことも
多くあったでしょう。
当時は関所もあり、気楽に旅をすること自体多くは
なかったと思われます。

そんな時代に東北、北陸を徒歩で旅した芭蕉の
思いは、どのようなものだったのでしょうか。
芭蕉の思いを感じながら、たどる奥の細道。


b0179402_15341150.png

【松尾芭蕉】


松尾芭蕉と言えば、有名な俳諧師です。

古池や蛙跳びこむ水の音(ふるいけやかはづとび
こむみずのおと)
この句は、芭蕉を代表する有名な句ですね。

三重県上野市(現在の伊賀市)で生まれた彼は
俳諧師として身を立てるために、江戸へむかい
ました。
 
俳諧宗匠となりましたが、深川に居を移します。
それは、自分の俳諧に行き詰まりを感じ、俳諧の
あり方にも疑問を感じたからです。

真の俳諧道を目指し、安住の地であった草庵を出て
弟子の曾良と旅に出ます。
そして、旅をしながら数々の俳句を詠んでいます。

*おくのほそ道は「奥の細道」とも書きますが
 正しくは「おくのほそ道」です。


b0179402_11490991.jpg

      ーーーーーーーーーーーーーーー
         おくのほそ道ルート
      ーーーーーーーーーーーーーーー

深川をスタート
「草の戸も住み替わる代ぞ雛の家」は旅の最初の
句です。

b0179402_11032821.jpg

千住 
「行く春や鳥鳴き魚の目は泪」と惜別の句を詠みます。

草加
粕壁
⑤室の八島 
「糸遊に結びつきたる煙哉」と詠みました。
 
b0179402_13221618.jpg

日光
「あらたふと青葉若葉の日の光」
「剃捨て黒髪山に衣更」
「暫時は滝に籠るや夏の初」と詠みます。
b0179402_13214220.jpg

那須(湯本)
「かさねとは八重撫子の名成べし」

余瀬
⑨黒羽
 「夏山に足駄を拝む首途かな」
 「啄木も庵は破らず夏木立」と詠みます。

⑩殺生石・遊行柳
「野を横に馬牽きむけよほとゝぎす」
「田一枚植て立去る柳かな」

⑪白河の関
「卯の花をかざしに関の晴着かな」曾良が詠みました。
b0179402_13253082.jpg

⑫須賀川
「風流の初めや奥の田植え歌」
「世の人の見つけぬ花や軒の栗」と詠みました。

⑬浅香山
「早苗とる手もとや昔しのぶ摺り」

⑭福島(佐藤庄司が旧跡)
 「笈も太刀も五月に飾れ紙昇幟」

⑮飯坂温泉
⑯笠島
「笠島はいづこさ月のぬかり道」 
「桜より松は二木を三月越」

⑰岩沼
 「武隈の松見せ申せ遅桜」
 「桜より松は二木を三月越し」

⑱仙台
 「あやめ草足に結ばん草鞋の緒」

⑲塩釜
⑳松島
「松島や鶴に身をかれほとゝぎす」曾良が詠みました。
b0179402_13260517.jpg

㉑石巻
㉒登米
㉓一関

㉔平泉
「夏草や兵どもが夢のあと」
「五月雨の降り残してや光堂」
「卯の花に兼房みゆる白毛かな」
b0179402_13312719.jpg
㉕堺田
㉖尿前の関
「蚤虱馬の尿する枕もと」

㉗尾花沢
 「涼しさをわが宿にしてねまるなり」
 「這い出でよ飼家が下の蝉の声」
 「眉履きを俤にして紅粉の花」

㉘立石寺
 「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」
b0179402_13393187.jpg

㉙新庄(最上川)

「五月雨をあつめて早し最上川」
b0179402_13483986.jpg

㉚羽黒

「ありがたや雪をかをらす南谷」

㉛月山
「涼しさやほの三日月の羽黒山」
「雲の峰いくつ崩れて月の山」
「語られぬ湯殿にぬらす袂かな」

㉜鶴岡
「珍しや山をいで羽の初茄子び」

㉝酒田
「暑き日を海に入れたり最上川」
「あつみ山や吹浦かけて夕すゞみ」 

㉞象潟(さきかた)
「象潟や雨に西施がねぶの花」
「汐越や鶴脛ぬれて海涼し」
「象潟や料理何くふ神祭」

㉟大山
㊱温海
㊲中村
㊳村上
㊴築地
㊵新潟
㊶弥彦
b0179402_14453734.jpg

㊷出雲崎
「荒海や佐渡に横たふ天の川」

㊸鉢﨑
㊹直江津
㊺高田
㊻市振
「文月や六日も常の夜には似ず」
「一家に遊女もねたり萩と月」

㊼滑川
㊽高岡

㊾加賀
「わせの香や分入右は有磯海」

㊿金沢
「塚も動けわが泣く声は秋の風」
「秋涼し手ごとにむけや瓜茄子」
「あかあかと日はつれなくも秋の風」

51小松
「むざんやな甲の下のきりぎりす」
b0179402_14530083.jpg

52那谷(山中温泉)
曾良と別れる
「石山の石より白し秋の風」
「山中や菊はたおらぬ湯のこう」
「今日よりや書付消さん笠の露」
b0179402_14581791.jpg

53永平寺

「物書きて扇引きさくなごりかな」
「庭掃て出ばや寺に散栁」
「終宵秋風聞やうらの山」
b0179402_14101957.jpg

54福井


55敦賀
「寂しさや須磨にかちたる浜の秋」
「月清し遊行のもてる砂の上」
「名月や北国日和定なき」

56大垣でゴール
「蛤のふたみに別れ行く秋ぞ」が最後の句になります。

芭蕉は、伊勢の遷宮を拝むために、再び船に乗り伊勢
に向けて出発します。
b0179402_14263884.jpg

旅の最初の句が「行く春や鳥鳴き魚の目は泪」で春。
終わりの句が「蛤のふたみに別れ行く秋ぞ」で秋です。


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

芭蕉が旅をする間、いったい何を食べていたか?
気になりますよね…。

それは、うどん・そうめん・蕎麦切・茄子・粥・茶
などで、菓子や酒も味わっていたそうです。
しかし、当時の食糧事情から考えても、さっぱりした
ものばかりですね。

 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

さて、今回は芭蕉が歩いた足取りをたどりながら
ゴールの大垣を目指して、この夏もフィットプラスで
トレーニングに励みましょう。

そして芭蕉のように、コツコツトレーニングを継続
して、今年の夏を元気にすごしたいですね。

    ーーーーーーーーーーーーーーーー
       スタンプラリー開催期間

     7月16日(火)~9月30日(月)
    ーーーーーーーーーーーーーーーー






































by fit-plus | 2019-07-15 12:27 | フィットプラスイベント

夏に向かって整えるのはヒップでしょ!


b0179402_13032081.jpg



最近女性の筋トレが、トレンドになっています。
その中でも特に、ヒップ!
きれいに引き締まったヒップラインは、女性の皆さん
も手に入れたいところでしょう。

どうしたら、キュッとしまったヒップを手に入れる
ことができるのでしょうか。

その前に、どうしてヒップラインが変化してしまうの
かを考えてみましょう。


【垂れ下がるヒップは年齢を表す】

年齢とともに、ヒップラインは下がってきます。
その原因は、筋力の衰えが大きいでしょう。
筋力が衰えると、ヒップを支える力が弱くなります。
その結果、垂れる、ヒップと足の境目がなくなるなど
残念なヒップになってしまいます。

b0179402_10520351.jpg


■20代の女性は
まだ垂れるまではいきません。

■30代になると
ヒップの下部分のたるみが出てきます。

■40代は
ヒップ全体が下がってきます。
ウェストサイズが大きくなることも加わり、全体が
四角くなります。

■50代以降は
ヒップの横がやせ、内側に下がってきます。

人によって、この変化のスピードは個人差があります。
しかし、ヒップラインが下がるとスタイルの見栄えは
悪くなってしまいます。


【ヒップの筋肉】

ヒップを引き締めるために鍛えるべき筋肉は何か。
また、その筋肉はどんな働きがあるのかを知ること
からスタートしましょう。

ヒップをかたち作る筋肉は、大きく分けて3つあります。

 ①大殿筋
 ②中殿筋
 ③小殿筋

この3つの筋肉は、股関節を動かすために重要な筋肉
です。
日常生活でも、立ち上がる、歩く、ジャンプするなど
の動きを担う大切な筋肉です。

体の中心部分に当たる骨盤を取り巻いていて、まさに
要の筋肉ともいえるでしょう。

b0179402_10183843.jpg



大殿筋
ヒップの大部分を構成しているのが、大殿筋です。
まっすぐ立って、ヒップに力を入れてみてください。
その時固くなったのが、大殿筋です。

大殿筋の重要な働きは、2つの重要な働きがあります。

①股関節の伸展… 足を後ろに伸ばす動き。 
②股関節の外旋… 足を外側や内側に振り出す動き。

中殿筋
骨盤の外側面についています。
太ももの外転にかかわる働きをします。
また、骨盤が左右にブレるのを防ぎます。

小殿筋
中殿筋の下にあるのが、小殿筋です。
例えば、片足で立った場合にバランスが取れずグラ
つく方は、この小殿筋が弱いでしょう。
また、股関節を内旋させる働きもあります。

b0179402_13374088.jpg

【美尻を作る殿筋】

ヒップの筋肉は、動きを助けると共にヒップの形も
作る筋肉です。
ヒップの丸みは大殿筋が作ります
まさに美尻を作るだいじな筋肉
殿筋を鍛えて引き締めることで、キュッと絞まった
美尻が出来上がります。

大きなヒップは、脂肪の量と大殿筋の筋力が弱い状態
が関わっています。

それでは、この殿筋を鍛えるために有効な、エクサ
サイズを紹介します。

【殿筋を鍛えるエクササイズ】

気になるヒップラインを引き締めたいと思ったら
筋トレに挑戦しましょう。

ーーーーーーー
 スクワット
ーーーーーーー
最近話題になっていますが、スクワットは手軽に
できる効果的なエクササイズです。

b0179402_14473227.jpg


ーーーーー
 ランジ
ーーーーー
一歩大きく前に踏み込み、踏み込んだ脚のももが
床と平行になるところで、安定させる。
主に大殿筋に作用します。

強度を高くするには、ダンベルやバーベルをプラス
するとよいでしょう。


b0179402_11275128.jpg


ーーーーーーーーーーーー
 ヒップエクステンション
ーーーーーーーーーーーー
四つん這いの状態から、片脚を後方に伸展させる。
このエクササイズは、とてもポピュラーで昔から
行われていますが、効果の高いエクササイズです。

バリエーションもいろいろありますが、伸展させた
脚を戻すときに、膝を曲げ、胸に近づけるように
すると、大殿筋とともに、ハムストリングスにも
効果があります。

殿筋・大腿四頭筋・ハムストリングスなどの大切な
下半身を鍛えることができます。

b0179402_13161150.jpg
ーーーーーー
 ブリッジ
ーーーーーー
仰向けに寝た状態から、膝を立て骨盤を持ち上げる
下ろす時も床にはつけずに連続で行う。
このエクササイズは、ハムストリングスと大殿筋
有効です。

b0179402_12553562.jpg
下の写真は、ブリッジをアレンジしたやり方です。
片脚を挙げた状態で行っているので、片脚側で維持
するため、強度は上がります。


b0179402_12093280.jpg


ーーーーーーーーーーー
 ヒップアブダクション
ーーーーーーーーーーー
横向きで床に寝た状態で、膝を伸ばし脚を上げる。
このエクササイズは、中殿筋、小殿筋に有効です。

写真では、上体を起こしていますが、初心者の方は
寝た状態のほうがよいでしょう。

b0179402_12084899.jpg



ここまで、ヒップに効果があるエクササイズを紹介
してきました。


【臀溝】

ここで、よく皆さんが「お尻と腿の境目が無い」と
よく言います。
それは、臀溝(デンコウ)と言うヒップと腿の境目
が無いということです。
b0179402_11574503.jpg


この臀溝をしっかり出すためには、何が必要でしょう。
それには、腿の裏のハムストリングスを鍛える必要が
あります。

ハムストリングスは、坐骨の下部分に付いています。
その上を、殿筋が覆っている訳です。

マシンでいえば、レッグカールがハムストリングス
に効果があります。
レッグカールは、力を入れて膝を曲げる動作です。


ヒップアップに効果があるエクササイズを先に紹介
しましたが、ハムストリングスにも効果があるので
しっかり筋肉を鍛えることで、キュッと引き締まった
ヒップを手に入れましょう。


b0179402_11593741.jpg

ただし、体脂肪が多いと、ヒップラインは出ません!
体脂肪が多い方は、体脂肪の調整も必要ですね。






























by fit-plus | 2019-07-02 13:42 | 筋トレ