人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

タグ:ストレス ( 7 ) タグの人気記事

あなたが痩せない理由は「モナリザ症候群」のせいかも

b0179402_12593918.jpg

日々スリムを目指して努力しているのに、痩せない!と
お悩みの方も多いでしょう。

ダイエットをしても、運動に励んでも、なかなか結果が
でない方は、自律神経が乱れている可能性があります。

皆さんもご存知の通り自律神経には、交感神経と副交感
神経があります。
日中は交感神経が優位に働き、夜は副交感神経が優位に
なりリラックスできます。

自律神経というくらいですから、自分の意志ではどうに
もなりません。
日中は元気に活動して、夜はゆっくり入浴で疲れを癒し
十分な睡眠をとることで自律神経がよく働くのです。
言うなれば理想的な生活ですね。

しかし、現代は生活習慣の乱れ、例えば寝不足、運動
不足、朝食は摂らない、仕事のストレスなどで、自律
神経も働きが悪くなってしまいがちです。
そんな方が年々増えているのではないでしょうか。


b0179402_12463558.jpg


【モナリザ症候群】

タイトルにある「モナリザ症候群」をご存知ですか?
1990年に国際肥満学会でアメリカのジョージ・ブレイ
博士が提唱したものです。MONALISAsyndorome

most obesity known are low in sympathetic
activity の頭文字を取ったものです。

その内容は、エネルギー消費を促す交感神経は、昼間に
優位に働きますが、不規則な生活が続くと交感神経の
働きが悪くなり、代謝が低下することで体に脂肪がたま
りやすくなるという理論です。

博士が肥満者の摂取エネルギー量を分析すると、食べ
過ぎている人は、3割しかいないという結果も出ている
そうです。

つまり、肥満は食べ過ぎが原因ではなく、交感神経の働
きが悪い結果ということになります。
自分はそんなに食べていないのに太るという人は、交感
神経の働きが低下している可能性があるかもしれません。


【交感神経】

交感神経は日中に活発に働き、副腎からアドレナリンと
いうホルモンが出ることにより、心身が活性化します。
そして、脂肪燃焼にも一役買います。

ちまたにあふれるダイエット情報は「痩せる食べ方」
「即効痩せる運動」などの方法論が多いです。
しかし、ダイエットしても運動をしてもなかなか痩せ
ないという方は、自律神経に注目してみましょう。

ストレスも多く、食事も不規則、などを自覚する方は
どうやって自律神経を整えたらよいのでしょう。

その対処法は、メリハリのある生活をすることです。
 ①規則正しい生活
 ②運動習慣を身に着ける


b0179402_13560442.jpg

生活のメリハリが、身体のメリハリにつながりますね。
しかし、生活の改善には本人の努力が必要です。

ダラダラネットサーフィンして寝不足になったり、毎日
日中は座りっぱなしの生活などを見直して、体を動かす
ことで、昼間の活動量を上ましょう。
運動は、ストレスの解消にもなりますよ。

昔と違って、現代は複雑な社会になり、生活も乱れがち
です。
そんな時代ですから、健康を維持するためには、自分で
心身ともに鍛えていく必要がありそうです。


















































by fit-plus | 2019-11-21 12:11 | 健康

気が付かないうちに歯をかみしめていませんか?それはストレスのせいです

b0179402_11192001.jpg
人は食べることで、心を満足させるということがよく
あります。
「ストレス食い」なんて言うことも、聞いたことがある
のではないでしょうか。

ではなぜ、お腹がすいていなくても食べてしまうので
しょうか。
それは脳は食べる(かむ)ことで満足感を得るからです。
食べることで咀嚼筋を使うと、脳は満足するように設計
されているのです。

また、悔しい… つらい… 時などに歯を食いしばる
などの「かむ」行為や、寝ている間の歯ぎしりなども
脳と関係があるのです。

歯をかむことで、咀嚼筋をつかい得られた情報は直接
脳に送られる、つまり脳にとってはそれだけ重要なこと
なのでしょう。

今回は、噛む動作と精神的な関係を考えてみましょう。


【噛みしめはストレスから】

人は精神的ストレスがかかると、歯をかみしめます。
そのストレスを取り除くためにかみしめるのです。

ストレスを感じると、無意識のうちに交感神経が緊張
します。
すると、あごや口元の筋肉が緊張して歯を食いしばる
結果になるのです。

夜の睡眠中に、自分では気が付かないうちに、歯をかみ
しめている(歯ぎしり)ことがあります。
それこそ、ストレスを減らすために無意識に行っている
ことなのです。

噛むことと脳の間には、重大な関係があることがわかり
ますね。

しかし、この噛みしめる行為が、身体に悪影響を及ぼす
デメリットもあるのです。

b0179402_12053087.jpg

【脳の働き】

私たちは、以下の3つの働きを正常に保つことで健康を
維持しています。

①身体の働きを調整をする『自律神経』
②ホルモンの分泌を調整する『内分泌』
③外部から侵入する異物から体を守る『免疫』

ホメオスタシス(生体恒常性)は、体を環境に適応させ
安定させる機能で、自律神経・内分泌・免疫の3つの
バランスをとっています。
これをつかさどっているのが、脳です。

そのバランスを狂わせてしまうのが、ストレスです。


b0179402_11484313.jpg


【噛みしめによる身体への影響】

<側頭筋のコリ>

側頭筋は、頭の横にある左右の咀嚼筋の一種で、食事の
ときもそうですが、何かを我慢したり、疲労や過度の
ストレスがかかると、側頭筋が収縮しコリとなってしま
います。

「コっているかな」と思い当たる方は、頭の横をマッサ
ージしてみましょう。

<歯に及ぼす影響>

無意識の状態で、歯を強く食いしばる癖をクレンチング
症候群と言います。
これもストレスが原因で起こりやすく、歯や歯周組織
に大きな負担がかかってきます。

実は、歯のかみしめは症状の重さに個人差はあるけれど
ほとんどの人が行っているそうです。
ただ、無意識に行っているので気が付かない場合もあり
ますね。

クレンチング(歯ぎしり)には3つのタイプがあります。

①グラインディング
 上下の歯をすり合わせるタイプです。
 ギリギリと音がするので、他の人にわかります。
 歯ぎしりをする方の多くが、このタイプだそうです。

②クレンチング
 上下の歯を強くかみしめるタイプです。
 大きなストレスなどがあると、強く食いしばるのです。
 グラインディングと違って、音はしないのです。

③タッピング
 上下の歯をカチカチ鳴らすタイプです。
 グラインディングやクレンチングほどの歯などへの
 影響は大きくない。


人のかむ力は、体重と同じくらいと言われ、食事をする
時のかむ力は、その20%~30%だそうです。
それだけでも結構な力ですから、硬いものをかむ力は
どんなものでしょう。

それが、無意識に歯を食いしばった場合は、体重の5倍
以上の力が加わるとも言われています。
これは大変な力で、当然歯やほかの組織にも影響が出る
ことが考えられます。

ストレスによるあごの筋肉の緊張で、歯に強い圧力が
かかると、歯や顎に痛みが生じます。

歯のかみしめが長期化すると、以下のようなことが
おこりやすくなります。

◎歯の削れ、割れ、亀裂など歯そのものの損傷
◎歯のグラつき
◎歯周病
◎知覚過敏
◎顎関節症
◎肩こり

あなたはいかがでしたか、思い当たる点があったら…
知らないうちに歯をかみしめているかもしれません。


b0179402_12343948.jpg


【ストレスの軽減】

<体内時計を整えましょう>

睡眠の質を考えましょう。
浅い睡眠が、歯の食いしばりの原因になりますから熟睡
することが大切です。

特にパソコン作業が多い方は、ブルーライトの影響で
覚醒効果が高く、寝つきが悪くなります。
遅い時間のパソコンやスマホの使用は控えましょう。
寝不足や夜更かしも生体リズムを狂わせます。

そのためにも、体内時計を整えましょう。
体内時計を正常にするためには、太陽の光を浴びま
しょう。
太陽の光は、セロトニンという脳内ホルモンの分泌が
増えます。
セロトニンは、ストレスを軽減する効果があります。


<適度な運動でストレス解消>

現代は、身体をあまり使わず頭ばかり使う生活が多いの
が現状です。
頭は疲れているけれど、身体は疲れていないため寝つき
が悪くなりがちです。

そんな時こそ、適度な運動でストレスを解消しましょう。
1日30分程度の散歩や軽いジョギングなどをすることで
ストレスによって、抑制されてしまったセロトニンなど
の物質が分泌され、ストレスの軽減になります。


b0179402_14135985.jpg


【ストレスに負けない脳を】


「かむ」ということは、実はとても大切な行為です。
よくかむことで、脳の血流が増えて脳が活性化します。
咀嚼運動は、脳の記憶に関する部分を活発にします。

かむと言えば食事ですが、食事を摂るときもよくかむ
ことで、食べ過ぎを防ぎ肥満の防止にもなります。

ストレスがかかると、交感神経の働きが活発になって
ストレス物質が放出されます。
そこで、「歯のかみしめ」ではなく「よくかむ」ことで
ストレスを減らしましょう。
正しくかむことで、ストレス物質が減るのです。

b0179402_15504879.jpg

 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

以前、歯の治療に行った歯科医院の先生に、「歯ぎしり
しませんか」と言われ、えっと思ったことがあります。

そこで、歯ぎしりするとは生まれてから1度も、言われ
たことはないので、無いですと答えましたが。
なぜ先生がそう聞いたのかというと、歯の根が砕けて
いるので、歯を食いしばっている!ということでした。

その後、ある時気が付きました!
キリキリ切歯ぎしりではなく、クレンチングという
強く歯を食いしばっていることに気が付いたのです。

そのとき思ったのが、自分の性格でもあるのでしょう
けど(本当は繊細なんです)ストレスだ~!と。

皆さんも思い当たる方は、大切な歯を守るためにも
ストレスをためないような、生活を心がけましょう。


























































by fit-plus | 2018-11-13 15:51 | 健康

肩に力が入っていませんか!緊張を緩めて集中力を養おう!

b0179402_11592461.jpg

春ですね、フィットプラスで育つ植物に、今年も花が
咲きました。
春と言えば、新年度を迎え仕事や新しいチャレンジに
取り組もうと意欲を持つ季節でもあります。

ただ、忙しく時間に追われ、緊張から自律神経も乱れ
やすく、集中力が低下しやすい季節でもあります。
知らず知らず、肩に力が入っていませんか。
気が付いたら、肩がガチガチなんて経験はないですか。
 
そんな時は、適度な運動をして固まった筋肉を動かす
そして、ゆっくりストレッチをして、血流を促し筋肉を
緩めましょう。


【集中力を高めるエクササイズ】

集中力を高めるためには、バランストレーニングも
おススメです。
例えば、片足で立ちバランスをとってみましょう。
簡単そうですが、実際やってみると…集中しないと
バランスはとれませんね。

軸がぶれないようしっかり立ち、軸の足を替えて両足
で実践しましょう。
左右で立ちやすい、立ちにくいがあるはずです。
やりにくい方を倍行ってください。

身体の軸をとる事に集中する事で集中力が養われます。

b0179402_11035301.jpg


【ゆっくりストレッチ】

その後は、ゆっくりストレッチをしてみましょう。
ストレッチをする時には、呼吸を意識してゆっくり
行いましょう。
この時に、リラックス系の音楽をかけながらストレッチ
すると、より効果的ですよ。
おすすめは、ヒーリングミュージックなどや、あなたの
好きな音楽で。

b0179402_12293049.jpg

ストレッチする場合の心がける点…


◎ゆっくり呼吸をする
伸ばすときに息をゆっくり吐きながら行いましょう。

◎固まった筋肉を、気持ちよく伸ばす 
ギュウギュウ引っ張るのではなく、気持ち良いところ
までをゆっくり伸ばしましょう。

◎自分の身体に集中しましょう
テレビを見ながらとか、うるさい場所ではなく、静か
な状況で、自分の身体に意識を集中しましょう。

b0179402_10454406.jpg


日々のストレスや、緊張、それにまじめな性格の方は
体に余分な力が入り、筋肉を固めてしまいやすいので
緊張をとるために、筋肉を緩めることを意識して実践
してみましょう。

筋肉と精神状態はつながっています。
精神の緊張状態が続くと、筋肉も緊張を強いられます。

それが肩こりなどを引き起こし、本人が気が付かない
うちに、体中カチカチなんて事になりかねません。
緊張を緩め、集中力を養うことで、身体がすっきりして
気持ちもリラックスします。
きっと、安定した精神状態で物事に対処できますよ。
















by fit-plus | 2018-04-10 12:08 | 健康

ストレス解消には運動とバランスの取れた食生活を心掛ける

毎日の生活で 私達は様々なストレスを受けますが
特にこの時期は 引っ越しや仕事の移動など新しい
環境で身体や精神に 大きなストレスをうける事が
あります。

人間はストレスを感じると 抗ストレスホルモンを
(副腎皮質ホルモン)分泌します。

この抗ストレスホルモンを合成するには ビタミンB群
ビタミンC、カルシウム、マグネシウムなどの栄養素が
欠かせません。

また 運動すると脳はセロトニンやエンドルフィンなどの
脳内神経物質を増やします。
これらは 気持ちの安定に作用しますから ストレス解消に
効果があります。

ストレス解消には バランスのとれた食生活を心掛け
適度な運動をして しっかり睡眠をとり ストレスに
負けない身体づくりを心掛けましょう。

フィットプラスのXmasパーティでステキな歌をうたって
くれた 楯川さんのハンバーグとフライドポテトです。

b0179402_12143263.jpg
b0179402_12143412.jpg


by fit-plus | 2017-04-22 00:00 | 健康

ストレス発散には運動がおススメです!

b0179402_12304854.jpg

あるメンバーの方が 『仕事で嫌な事があって フィット
プラスに来る前 ケーキを食べてしまいました!』と
申し訳けなさそうに告白…!

フィットプラスのメンバーは、仕事を持っている方が
多く、仕事や人間関係のストレスを抱えている方が
増えています。
イライラして、思わず甘い物に手が出てしまう気持ち
はよくわかります。

しかしながら、運動した後はスッキリした
と感じる方も多く、フィットプラスでもサーキット
トレーニングを終えた後 『スッキリしました』との
声をよく聞きます。

b0179402_15222914.jpg

【実は 運動するとこんな効果があるのです】

◎疲労回復
◎体力、エネルギー生産量の増加
◎エンドルフィンを産出
◎セロトニンの増加
◎酸素供給量の増加
◎ストレス関連ホルモンの減少
◎免疫力アップ
◎熟睡を促す
◎食欲を改善する
◎成長ホルモンの分泌を促す

良い事ずくめですが、その理由として …
エンドルフィンとセロトニンが大きく関わって
いるそうです。


【エンドルフィン…】

脳内で機能する神経伝達物質で、モルヒネと同様の
作用があり、鎮痛効果、気分の高揚、幸福感が
得られる。

【セロトニン…】

人間の精神面で、心身の安定や心の安らぎに関与し
幸せホルモンとも呼ばれ、不足するとうつ病や不眠症
などの精神疾患になりやすい

つまり 運動は、ストレス解消におおいに効果がある
のです。
ストレスを感じたら、トレーニングしてストレス解消
しましょう。

b0179402_15234762.jpg


  ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…

メンバーの方からハワイ土産のクッキーを頂きました。
もちろんストレス食いでは無く、ゆっくり味わって
…ご馳走様。

20160929-100419.jpg

20160929-100434.jpg






by fit-plus | 2016-09-29 10:00 | フィットネス

運動でストレスに負けない体と心の健康を維持しよう

b0179402_11223501.jpg

仕事や人間関係のストレス、それに心配事など精神的に
負担を感じる事が多い現代ですが、ストレスを感じると 
やけ食いをしたり、反対に食欲が減退したりと精神状態
が食欲に影響する事がありますね。


【ストレスチェック】

こんな症状を感じるあなたはストレスをため込んで
いる可能性があります。

 ◎朝起きた時だるい
 ◎熟睡できなかった
 ◎胃腸がスッキリしない
 ◎食欲が無い
 ◎過食気味
 ◎気分が重い
 ◎疲れやすい
 ◎生理不順
 ◎やる気が出ない

…など
あなたにも、けっこう思い当たる事が多いのではない
でしょうか。


b0179402_09484829.jpg


【ストレスとは】


ストレスは外部からの様々な刺激(精神的・肉体的)に
よって歪みが生じた状態です。
また、嫌なことに対して我慢するなど気持ちを抑圧する
事によって処理しきれない感情が蓄積している状態です。


【ストレスをためやすい人は…】

 ◎まじめでで責任感が強い
 ◎どんな事にも頑張り過ぎる
 ◎完璧主義
 ◎我慢強い
 ◎細かい事にこだわる
 ◎相手の事ばかり気にする

ストレスが身体に及ぼす影響は、かなり大きいですね。
肉体と精神は密接に影響しあっているので、どちらも
健康でストレスに強い状態をキープしていきたいもの
です。

そこで ストレス社会と言われている今の世の中で 
いかにストレスを解消していくかが大切になります。
自分に合ったストレス解消法を実践しましょう。


【ストレス解消には】

人によって違うでしょうが 適度な運動は心の健康にも
とても有効です。

夜の仕事終わりに、サーキットトレーニングにいらっ
しゃる方は、ストレス(仕事の)発散の為とおっしゃる
方が多いです。
トレーニング後は、スッキリして帰る事が出来るそうで
まさに運動がストレス解消する事を証明していますね。

毎日の食事をバランス良く、そして運動を心掛ける !
精神状態の安定は体重の安定につながります。
そのほかにも 人と話す、笑う、好きな音楽を聴く
などを試してみましょう。

b0179402_09572421.jpg

自分が元気を感じるかどうか、体と心の健康状態をあら
ためて考えてみましょう 。

ちょっと前ですが スーパームーンの写真です。
月や星を静かに眺めたりするのも 心が静まる
瞬間かも !

20151013-002141.jpg

フィットメンバーからの写真ですが 望遠鏡を通して
撮ったそうです。



by fit-plus | 2015-10-13 10:00 | フィットネス

アロマオイルで生活に潤いを!心と身体を癒す手助けになります



b0179402_09425261.jpg




現代社会はストレスを受けやすく、私たちは少なからず
何らかのストレスを抱えて生きています。
その中でも、やはり「精神的ストレス」が、一番多いの
ではないでしょうか。

そのストレスも、長期にわたって抱えていると、私たち
の肉体や精神に不調を引き起こします。

そんな時に「いい香り」と感じるアロマの香りが、その
ストレスを緩和する手助けになります。


【アロマオイルの選び方】

◎自分に合ったアロマオイルを選んでみましょう。
 
1.アロマオイルを、鼻から10センチ離したところで 
  香りを試します。

2.「いい香り」と感じたものがあなたに合った香り
   になります。

◎アロマオイルの品質を確かめましょう

最近は、アロマオイルも広く生活に、摂りいれられる
ようになり、さまざまなメーカーの物が手に入ります。

値段も、安いものから高めのものまでありますが、選ぶ
ときは、ラベルなどで、品質をしっかり確かめて選ぶ
ようにしましょう。

あまり安いものは、化学成分などで調整しているものが
多いので、注意が必要です。

b0179402_09444193.jpg


【アロマテラピーのメカニズム】


①脳からのルート

香りを嗅いだとき、香りの分子が鼻から入り、嗅神経を
通り、脳の大脳辺縁系へ伝わります。
脳の大脳辺縁系に伝わると、すぐに「いい香り」か
「いやな香り」かを判断します。

五感のの中で、唯一脳にダイレクトに伝わるのが嗅覚で
それだけ大切な役目を担っている訳です。
つまり、香りは心身に直接影響を与えることになります。

b0179402_15520031.jpg



②肺からのルート

香りを嗅ぐと、香りの分子が量は少ないですが、気道を
通って肺に入ります。
そして、肺から血液と共に全身に回ります。


③皮膚からのルート

トリートメントなどで、皮膚からの吸収によって、直接
的に作用します。
皮膚の表皮から真皮に吸収され、肌への直接的な効果と
共に、毛細血管から全身に巡ります。

b0179402_16060454.jpg



【アロマオイルの選び方】

代表的な香りを、グループ分けしてみました。
「いい香」りと感じたものを選ぶのが基本です。
その気にいったオイルの、特徴や効能を知ってみると
また楽しいですね。

<フローラル系> 花の香り
 ジャスミン・ローズ・ミモザ・イランイラン
 ネロリ・

<フルーツ系> 柑橘系の香り
 グレープフルーツ・マンダリン・ライム・レモン
 ベルガモット

<ハーブ系> ハーブ類の香り
 カモミール・ゼラニウム・ペパーミント・ラベンダー
 ローズマリー・クラリセージ・パルマローザ


<グリーン系> さわやかな香り
 ティートリー・プチグレン・レモングラス・ユーカリ
 ニアウリ・シトロネラ・カユプテ

<ウッディ系> 森林の香り
 サイプレス・シダ―ウッド・ローズウッド
 ジュニパー

<エキゾチック系> オリエンタルな香り
 サンダルウッド・パチュリ・フランキンセンス
 ミルラ・ペチパー

 ………………………………………………………………

もしあなたが、最初の1本を手に入れる場合のおススメ
アロマオイルは「ラベンダー」です。

ヨーロッパでは、どこの家にも必ずあるのが、この
ラベンダーで、傷や、やけどなどに薬の代わりにつける
そうで、万能アロマオイルですね。
また、直接肌につけても大丈夫なのです。

ラベンダーの効果

 ◎水虫などの真菌を抑える
 ◎不眠・ストレスの緩和
 ◎呼吸器系の感染症に
 ◎皮膚炎・湿疹・ニキビ
 ◎傷の治りを早める
 ◎鎮痛作用
 ◎消炎作用
 ◎血圧降下作用
 ◎利尿作用
 ◎月経不順
 ◎筋肉痛緩和
 ◎うつの緩和
 ◎リラックス
 ◎体臭を抑える
 ◎発汗作用
 ◎やけど


b0179402_14065411.jpg
 

【目的に合った効能】

<肩こり>
肩こりに悩む方は多いですが、ひどい場合は頭痛や吐き
気を催すこともあります。
血流が悪い方や、精神的緊張から肩に力が入、り肩こり
を引き起こすこともあります。
アロマの香りと共に、筋肉をほぐしてリラックスしま
しょう。

 カモミール・クラリセージ・ペパーミント・ユーカリ
 ローズマリー・ラベンダー・マージョラム
b0179402_12595596.jpg

<神経痛・関節炎>
寒い季節には、特に痛みを感じる神経痛ですが、直接
神経に作用し、痛みをやわらげてくれます。

 サンダルウッド・ネロリ・シダ―ウッド・メリッサ
 クラリセージ・ラベンダー


<頭痛・偏頭痛>
頭痛や偏頭痛に悩む方もけっこう多いですが、なるべく
薬は使いたくないですね。
そんな時は、神経を鎮静させる効果のある香りで、痛み
を軽減しましょう。

 カモミール・ラベンダー・カユプテ・ベルガモット
b0179402_13004658.jpg

<更年期障害>

閉経後のホルモンの乱れによって、精神的不安定や頭痛
発汗などの不調が現れるのが、更年期障害です。
ホルモンのバランスを整え、不調を改善しましょう。

 クラリセージ・ネロリ・ローズ・ジャスミン
 カモミール・サンダルウッド・ラベンダー


<冷え性>
手足が冷たくて眠れないなど、冷え性でお悩みの女性も
多いですがね。
血流を促進し、リンパの流れを改善して、身体の中から
冷え性を改善しましょう。

 カモミール・ローズマリー・サンダルウッド

 スウィートマージョラム
 
<むくみ>
夕方になると脚がパンパンで、靴がきついなど、むくみ
が気になる方も多いですね。
身体の代謝を改善し浄化してくれる香りで、むくみの
改善をしましょう。

 グレープフルーツ・サイプレス・ジュニパー
 ゼラニウム・ラベンダー・レモングラス
 フェンネル・ライム
b0179402_13063580.jpg

<ボディシェイプ>

気が付かないうちに身体のメリハリが無くなってきた。
そんな方に、代謝を向上させ、リンパの流れを改善する
ことで、ボディシェイプにつなげていきましょう。

 グレープフルーツ・サイプレス・ジュニパー・
 ラベンダー・レモングラス・フェンネル
b0179402_13302776.jpg

<ストレス解消>
残業続きの毎日、人間関係、通勤ラッシュと、ストレス
にさらされる毎日ですが、ストレスを抱えたままでは、
心身に不調をもたらします。
ストレスを感じたら、早めにケアをしましょう。

 クラリセージ・イランイラン・ネロリ・カモミール
 ラベンダー・ゼラニウム・ローズ・プチグレン
 サンダルウッド・ローズウッド

b0179402_13194931.jpg



【アロマオイルを生活に活かす】

香りそのものを楽しみましょう。
ハンカチやタオル、コットンなどに落して、または
ティッシュにおとしてみましょう。

これは脳に直接作用する方法なので、精神的な問題に
効果があります。

例えば

   …………………………
   眠れない時に 
   …………………………
  カモミール・ネロリ

b0179402_10005978.jpg


      
  ………………………………
  リラックスしたい時に 
  ………………………………
  好きなアロマ
b0179402_10204968.jpg


    
    ………………………………
    ストレスを感じたら 
    ………………………………
     イランイラン・ラベンダー
b0179402_10014577.jpg



    
      ………………………………
      集中したい時 
      ………………………………
      フェンネル・レモン・ローズマリー



b0179402_10022395.jpg





【新しいブレンドアロマ】

今回新たに、カリス成城の『ムーンフェスタ』 シリーズの
製品が入りました。


20141024-005300.jpg
20141024-005315.jpg


それぞれ、満月と新月の二種類で、ブレンドオイルと
マッサージオイル。 
それから、死海の海のバスソルトを用意しました。

どうぞサンプルで 香りをお試し下さい。

新月……
 •ベルガモット
 •レモン
 •フランキンセンス
 •ラベンダー

満月……
 •グレープフルーツ
 •サンダルウッド
 •ライム
 •パチュリ

どちらもとても素敵な香りです。

 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

フィットプラスでは、アロマのエッセンシャルオイル
などを店内で販売しています。
皆さん、ゲルマニウム温浴の際には、タオルにアロマ
オイルを数滴つけ、香りに癒されながら温浴を楽しんで
います。













by fit-plus | 2014-10-24 10:00 | 健康