人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

タグ:ボディライン ( 3 ) タグの人気記事

今のボディトレンドは健康な美しさ

b0179402_10310894.jpg

一昔前、女性があこがれるスタイルと言えば…
スレンダーというより、どちらかと言えばかなり痩せて
いるのが良いような風潮がありました。

しかし最近は、身体の美しさのスタンダードが変化して
きたようです。
それはどのようなことかと言えば、ただ細いだけの体で
はなく、「筋肉で引き締まったメリハリ感のある身体」
が理想像となってきたことです。

体脂肪が極端に少ないが、筋肉も無く、不健康に見える
体ではなく、適度な脂肪と、美しく着いた筋肉があって
こそ、健康的で、メリハリのある美しい体と言えるで
しょう。

パリコレに出るようなモデルも、痩せすぎにNO!をだす
時代になりました。
フランスでは、痩せすぎモデルの活動を禁止する法律が
2017年に施行されたのです。

痩せていることが、女性の美しさの理想とするような
間違った基準が、行き過ぎたダイエットにつながって
しまう問題も引き起こしていました。

このような欧米での、痩せすぎを受け入れなくなった
こともあります。
また、フィットネスとして、トレーニングや筋トレが
一般化したこともあるでしょう。

このような欧米でのトレンドが、日本にも広まってきて
いるのは確かです。

b0179402_12320195.png


今までの体重が軽いことを重視した、スレンダーな身体
は脂肪もないが、筋肉も無くメリハリがない状態です。

とは言え、ほとんどの女性は「痩せたね!」と言われた
ら喜びますね。
体重自体が標準値内であっても、「太った?」と言われ
たらきっと焦りますね。

そんなあなた、画一的な痩せ体型を求めるのではなく
自分の身体に自信をもって、健康的な美を追求していき
ましょう。


【自分の体型の満足度】

「あなたの理想の体型」について、ある調査では…

 ①程よく筋肉がついて健康的な体 … 45%
 ②細くて華奢な体 ……………………… 29%
 ③女らしい丸みのある体 …………… 15%
 ④アスリートのような筋肉質の体 …… 3%
 ⑤その他

程よく筋肉がついて、健康的な体を理想とする女性が
約半分ですが、細くて華奢な体と答えた方が、3割と
なっています。

また、「自分の体型に対する満足度」の調査では…

 満足していない …… 85%
 満足している ……… 15%

調査の数字でもわかるように、今の自分の体型に満足
している方は、そう多くはないでしょう。

何とかしたいと思いながらも、仕事や日常生活の忙しさ
に追われ、運動の時間が取れない方も多いです。

そんな忙しい女性たちが求める「理想の体を手に入れる
方法」はあるのでしょうか?

b0179402_11595013.jpg



【基本に戻ろう】

「Rome was not built in a day」ローマは一日にして
成らず、という有名なことわざがあります。

ローマ帝国も、築くまでに約700年の歳月を費やしたと
あります。
何事も成し遂げるためには、長い時間と努力が必要です。
何の努力も無しに、短期間に完成するものはないという
ことです。

自分が望む理想の体をつくることも、このことわざに
通じますね。
今の人は、即効性を求める傾向にありますが、体を変え
るには、やはり時間がかかります。

b0179402_10241310.jpg


【理想の体を手に入れるには】

程よく筋肉がついて引き締まった、メリハリ感のある
健康的な体を手に入れるには…


体を変えるには、体脂肪の調整と、筋肉の調整が必要
です。
つまり、食事の管理と運動を実施することです。

食事で摂取カロリーを減らすだけのダイエットは、筋肉
も落ちて、締まりのない身体になってしまいます。
筋肉量が減ると、疲れやすくなり、日常生活での活動量
も減ることにつながり、負のスパイラルに陥ってしまい
ます。

締まった体には、筋肉が必要です。
筋肉をつけることで、体力もつき行動的になります。
姿勢も良くなり、体のサイズも絞れます。


【習慣を変える】

例えば、「炭水化物の摂取を少し控えよう」「週2回は
ジムに行こう」と決めたら、次の日から実行することは
できるでしょう。
それが、3ヶ月、半年、1年と続けていくことで、それが
習慣となります。

なりたい体は、そのための良い習慣を継続することで
手に入れることができます。
まさに、ローマは一日にして成らずです。

「時間が無いから」は、自分に都合が良い言い訳です。
忙しくても、毎朝晩は歯磨きますね!お風呂も入り体を
洗いますね! 何事も習慣です。


b0179402_11312692.jpg
 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

皆さんも、できる範囲での運動習慣を身につけて、今の
ボディトレンドである「程よく筋肉がついてメリハリの
ある健康的な体」を目指しましょう。



ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/






































by fit-plus | 2019-10-08 12:16 | ダイエット

だれもが気になる『ウェスト サイズ ストーリー!』

b0179402_14094152.jpg

多くの皆さんは、体重も気になるけれど、何とか
したいのはウェストサイズでしょうか。
男性女性にかかわらず、体の部分で1番機になる
のは、ウェスト周りのようです。

若い頃は、こんなではなかったのに!と嘆くのは
男女ともに中年以降の方でしょう。
ほっておいたら、どんどん増えるウェストサイズ!
今回は、ウェストサイズについてみてみましょう。


【ウェストサイズの平均は】

経済産業省が出しているデータで見てみましょう。
これは日本人の平均値です。

  年齢     男性     女性
 20~24    72.9     67
 25~29    77.9     67.6

 30~34    81.5     68.1
 35~39    83.5     69.3

 40~44    85.4     71.1
 45~49    85.5     71.6

 50~54    86.2     73.5
 55~59    86.0     74.9

 60~64    84.3     75.5
 64~69    85.6     78.0

 70~74    85.9     79.4
 75~79    84.8     80.5

上記の数字から見ても、男女とも年齢とともに腹囲
が増えるのがわかりますね。

これは、加齢に伴い運動量が減り、基礎代謝が低下
することが主な原因となるでしょう。

特に男性は、20代から30代になると一気にウェスト
回りに脂肪がつくようです。
これは、筋肉量の減少と、男性は女性に比べて内臓
脂肪がつきやすい点もあります。

女性の場合は、閉経とともにお腹周りに脂肪がつき
やすくなります。


b0179402_14462457.jpg


『今のあなたのウェストサイズは』

女性の場合、20代後半を過ぎる頃から徐々に皮下
脂肪が増えていきます。
40代を過ぎると、特にお腹など上半身が大きく
なります。

と言っても、電車などで若い女性が座席に座って
いる姿を見ると、ワーお腹がポッコリなんて方も
結構多く見かけますけど。

あなたが若い年代でしたら、中年になったらどう
なるか想像してみてください。
中年を迎えた方は、今の自分のウェストサイズを
見てください。

最初に表示した、経済産業省のデータはあくまで
平均で、個々によって身長も体重も違いますから
その方にとっての数字は変わってきますよね。

10人いたら、10人とも体型はそれぞれ違いますし
皆同じサイズであるはずもなしです。

理想的なプロポーションは、その方の体全体の
バランスで考えましょう。

b0179402_12100271.jpg

【ウェストサイズをキープするには】

ウェストサイズが大きくなってしまうのは、脂肪の
蓄積と、筋力低下の両方が原因です。
ほっておけば、緩んで重力と共に下がっていく体を
いかにキープするか、今からしかり対処していき
ましょう。

そのためには…、

◎余計な体脂肪をつけないための食生活を心掛ける。

◎運動習慣を身につけ、筋力低下を防ぎ、活動的な
 生活を送る努力をする。

◎普段から姿勢に気を付け、正しい歩き方を心掛け
 お腹を締めておく、くせをつける。


自分の体型、特にウェストサイズをいかにキープ
していくかは、あなたが努力をするかしないかに
かかっています。



b0179402_12171250.jpg


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

一昔前、タイトスカートをはく女性が多い時代が
ありました。
タイトスカートは、お腹がポッコリでは美しくあり
ませんし、ウェストを意識せざるを得ないファッ
ションです。

反対に今は、ルーズシルエットのファッションが
多いのも、女性のウェストが大きくなる一因かも
しれませんね。

自分の身体を意識することは、プロポーションを
キープすることにつながる始めの一歩です。


ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/

















by fit-plus | 2019-05-26 12:36 | フィットネス

ボディラインの変化を感じ始める40代!その原因は筋肉不足かも

b0179402_11561069.jpg


年齢を重ねると共に、いやでも容姿やボディラインには
様々な変化が現れます。
あなたは、こんな事に思い当たる事はありませんか!

例えば…
『最近下っ腹が出てきたわ』
『ウェストが太くなったし』
『ヒップが垂れてきたの』
『身体全体に締まりがないな~』…など

女性のそんな悩みは、年代によって違いがありますが
40代を過ぎる頃から、これら全てを強く感じるように
なります。

つまり、40代はお肌ばかりではなく、ボディラインの
曲がり角のようです。

これをそのままほおっておけば、歳とともにますます
スタイルは、崩れるばかりです。
じゃあどうしたらよいの?
b0179402_12105331.jpg

スタイルが変化する原因の多くは、基本的に筋肉の減少
にあります。

年齢があがるとともに、若いころに比べ活動量が減って
きます。
しかし、食生活は相変わらず昔のまま…では、余った
カロリーは体脂肪となり、体に蓄積され、もっと増え
れば肥満になってしまいます。

反対に、筋肉量は減っているので、姿勢を支える筋力が
弱くなり、お腹はせり出し背中は丸くなり、身体全体は
締まりのない見た目になってしまいます。

そうならないように、今のプロポーションを維持する
または、もっと締まったプロポーションを実現したいと
思うなら、今から実行しなければならない事があります。


【適正体重を維持する】

体脂肪の増加による過体重を『肥満』と言います。
筋肉をつけても、体脂肪が多いと健康面でも問題ですし
見た目もスッキリしません。

過体重は、関節にも負担をかけますから、適正体重を
維持するようにしましょう。

◎摂取エネルギーの適正化
 消費カロリーより多く摂り過ぎれば、体脂肪と
 なり肥満につながります。
 自分が摂るべき適正なカロリーを考えましょう。

◎栄養素配分の適正化 
 糖質・タンパク質・脂肪の摂取バランスを考えて
 偏りの無いように摂取しましょう。

b0179402_12274967.jpg


【運動を継続して筋力を維持する】

筋肉量は、運動を何もしないと年齢と共にどんどん落ち
てしまいます。
それを食い止めるためには、筋肉運動(筋トレ)と脂肪
燃焼のための有酸素運動が欠かせません。

『姿勢を保持するには』
 〇背中(背筋)
 〇お腹(腹筋)
 〇骨盤まわり(殿筋)
 〇脚(大腿四頭筋・ハムストリングス)

等の、大きな筋群の強化をする必要があります。
つまり、筋肉運動と有酸素運動の両方をする事が大切に
なります。


b0179402_12263186.jpg




~…~…~~…~…~~…~…~~…~…~~…~…~

キレイな姿勢とプロポーションを維持するためには
筋力トレーニングプラス脂肪を燃焼するための有酸素
運動の実施。
そして、食生活の見直しを実行していきましょう。

















by fit-plus | 2018-06-03 12:43 | フィットネス