ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

タグ:上達 ( 2 ) タグの人気記事

ダンスが上達しないのはそれなりの理由があります

b0179402_22072446.jpg


おなじ期間ダンスを習っていても、上達が目に見える人
と、あまり進歩の見られない人がいます。
それは何故なのか、習っている本人はそれに気が付いて
いな場合が多いようです。

今回は、ダンスが上達しない人の理由をお伝えします。
もしあなたが、そうだとしたらこれを参考に、ダンス
レッスンについて,もう1度考えてみて下さい。


【レッスンの時だけしかやらない】

例えば、ダンスのレッスンは週に1回だとします。
レッスンの日だけダンスをするけど、その他の日は
全くダンスのことは頭から抜けている。

これでは、前回やったことがほとんど身体から抜けて
います。
ダンスは反復練習を繰り返し、身体に入れていかないと
身に付きません。

バレエダンサーの森下洋子さんの言葉に、『1日休むと
自分にわかり、2日休むと仲間にわかり、3日休むと観客
にわかる』とあります。

これはプロだからこそですが、レッスンとはまさにこの
言葉通りと言えます。

ダンスに限らず、どんなものでも上達するには日々の
努力が必要なのです。

b0179402_23555108.jpg

【基礎を大切にしていない】

どんなものでも基礎が1番大切です。
基礎が無いと、ある時点で伸びが止まってしまいます。

最後の振り付けだけ一生懸命でやるけど、その前の基礎
練習は気を抜いていたらどうでしょう。
基礎があってこそ、自在に身体が動き、より振り付けを
確実にこなすことができます。

基礎の無いダンスは、独りよがりのダンスで、人に
見せるものではありません。
ちょっと厳しいですが、人前で踊るには心構えとして
頭に入れておいてほしいです。


b0179402_23075968.jpg
どんなものでもしっかりした基礎の上に成り立ちます。



【良い手本を見ていない】

ダンスは指導者がいて、習う側の人はその指導者の動き
を真似することから始まります。
特にダンス初心者は、指導者の動きをうり二つにコピー
することが、上達の第1歩です。

以前どこかでも書きましたが、それこそ目でどこまで
しっかり見ることができているか!
そしてどこまで同じ動きになっているかが勝負です。

それができていないというか、そのことに気が付か
ない人は、自分の思い込みで動いている人が多いです。
振りの順番だけは見ているけれど、手の位置はどこか
上体はどちらにひねっているか、脚の曲げ具合は…など
重要なニュアンスを見ていない人が多いですね。

b0179402_23571630.jpg
      ちょっと違いますが、うり二つ!



【鏡によって自分を確認していない】

自分がどう動いているか、そしてそれは指導者の動きと
どこが違うか、しっかり自分の目で確かめることをしな
いと、何回踊っても上達しないばかりか、自分の悪い
くせがそのままになってしまう恐れもあります。

いつも言っていますが、くせと個性は全く別のものです。
ダンス初心者にくせはありますが、個性はもっとダンス
の経験を積まないと手に入れることはできません。

b0179402_00065733.jpg


【最後に】

曲に合わせて体を使い、表現するダンスは楽しいですね。
あなたが踊るダンスを、人が見て素敵と思ってもらえる
よう、日々努力してステキな動きができるよう、ダンス
と向き合ってください。




















by fit-plus | 2018-09-26 23:46 | ダンス

ダンス初心者が上達するための2ツのカギは…

b0179402_12503399.png



今日は、フィットプラスのダンスクラスの日です。
参加メンバーは、10年以上の経験者から約2年の方まで
そしてその方たちの目的は …

上手になりたいと意欲的にレッスンを受けているか…
ただ単にダンスを楽しみたいか…
リハビリのつもりか…

皆さんそれぞれでしょうが、レッスンの受け方を見て
いれば大体わかりますが。
目的が何であれ、せっかくレッスンを受けるならば
少しでも進歩が無ければ、意味が無いと言ったら
言い過ぎかもしれませんが、10年やっても全く進歩が
なかったらちょっと悲しいですね。


【ダンスが上手になるためには…】 

① ”スキ”こそものの上手なれ
 
まさにこの言葉のように、ダンスが好きでその好き
度の違いが、上達の違いになってくるのではないで
しょうか。

好きな気持ちが発展して、もっと上手になるための
努力をし、探求し、その積み重ねが、ダンス上達の
大きなカギになります。
  

② 基礎を大切に繰り返し練習すること

ダンス初心者にとっては、全ての動きが初めての体験
です。
最初は戸惑ったり、うまくできなかったり、覚えられ
なかったり、と思わずへこんでしまう事もあるで
しょう。
でもダンスが好きなら、次こそは!と頑張れますね。

何度も基礎を繰り返すことで身体が覚え、目からの
情報を直ぐ筋肉に伝えられるようになります。
そのためには、何度も基礎を練習することが第2のカギ
となります。

例えば、人は最初から歩けるわけではありません。
生まれてからハイハイを覚え、伝い歩きを覚えます。
そして、筋力がつくとともにしっかり歩くことを習得
します。


b0179402_13372464.jpg

鉛筆をもって字や絵を描くことも、最初から上手に使え
るわけではありませんよね!
ぎこちない状態から、何度も練習をすることで、意識を
しなくてもすらすら書けるようになります。


b0179402_13354667.jpg

ダンスも全く同じです。
最初のうちはぎこちなく、振付の覚えも遅かったのが
何度も練習をすることで、反応が早くなり、振り付けも
すぐに体が反応するようになります。




b0179402_11484681.jpg



【ダンスレッスンの中で】


クロスフロアーの目的を知る

レッスンの中にクロスフロアーと言って 一つの動き
のパターン(大体8カウントの動き)の中でステップや
回転を繰り返しながら進んでいく練習があります。

ダンス初心者は、まっすぐ歩くことさえままならず 
あっちへ行ったり、こっちへ行ったりしてしまいます。
これは、まだ身体のコントロールができていないから
です。

しかし、ただがむしゃらに行うのではなく、早くそして
確実にパターンを覚えることが大切です。
早く覚えることも、ダンスレーニングの一つと思って
ください。

確実にできなかったら その動きを何度も繰り返し
練習することで動きの理解度も深まり、それが次の
レッスンにつながります。


コンビネーションはカウントを覚える

コンビネーションは、いわゆる振り付けですが、これも
ダンスの基礎が身についているかどうか…! がものを
言いますね。

コンビネーションは色々な基礎が複雑に組み合わされて
出来ているからです。

そして、ダンスには不可欠の曲があって、その曲に合わ
せてダンスを踊るわけです。
つまり、カウントがしっかりとれているかどうかが
大切です。

ダンスは曲をしっかり聞いて、カウントを覚え、振り
付けを覚え、曲を楽しみ、ダンスを楽しみましょう!
毎回いろいろな曲に触れることで、自分の感性をを磨き
ましょう。

振りを覚えることも訓練の一つですから、レッスンを
何回も受けることで、覚えるコツがきっと身に付くで
しょう。

何度も繰り返すことの中に、新たな発見と気づきがあり
そして成長があります。
感性豊かな自分自身を育てる心を待たないと、踊りの
心が育ちません。


b0179402_13035045.jpg


  …~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…

ダンスが上達するカギは 基礎を大切に反復練習をする
ことでダンスの上達があります。
そして、ダンスが大好きだからこそ頑張れるのです。

ダンスが上手になりたいあなた、楽しみながら真摯に
自分の身体と向き合いながら、レッスンしていきま
しょう。





by fit-plus | 2018-04-15 12:31 | ダンス