ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

タグ:体温調節 ( 2 ) タグの人気記事

あなたの身体を探検しよう!汗はどうしてかくの

b0179402_12261400.jpg


暑い夏は気温が高く、何もしなくても汗をかきますし
ジョギングなどの運動をしても汗をかきますね。

汗と言うと、『ベトベト』とか『臭う』とか、あまり
良いイメージがありませんが、これも重要な生理現象の
一つです。

でも、なぜ人は汗をかくのでしょう
その答えは、上がり過ぎた体温を下げるためです

私たちの身体の約60%を占めるのは、水分です。
生命維持には欠かせないものですが、その水分の役割
として、今回は汗について考えてみましょう。



【汗とは】

汗は皮膚表面から分泌されますが、約99%が水分です。
1リットルの汗に3~4.5グラムの塩分が含まれていて
1リットルの汗をかけば、それだけの塩分が失われると
いうことですね。

汗が出る汗腺には2つの種類があります。

①エクリン汗腺
 99%が水分で、全身に分布しています。
 主に体温調節の役目を担っていて、本来無臭です。

②アポクリン汗腺
 水分の他に、タンパク質や脂質などの成分が含まれ
 汗自体には臭いはありませんが、皮膚表面の雑菌に
 よって、汗の臭いとなります。
 アポクリン汗腺は、わきの下など身体の限られた部分
 にしかありません。
 
b0179402_14584717.jpg

【汗の役割】

汗の役割としては大きく2つあります

 ①体温調節
 ②保湿作用


①体温調節

人はなぜ汗をかくのかと言えば、汗を出すことによって
上がってしまった体温を下げるためです。
その原理は、汗が皮膚の上で蒸発する時に熱を奪うこと
で(気化熱)体温を正常な状態に保ちます

人間は、恒温動物なので、体温を常に一定にしておか
ないと、最悪死に至ってしまうのです。

汗1グラムの蒸発で、どのくらいの熱量を奪うかと
言うと、0.6キロカロリーの熱が奪われるそうです。



b0179402_10491260.jpg

例えば、風邪をひいて体温が1度か2度上がっただけ
でも、私たちは身体の不調を感じますよね。
そして、運動をしてもやはり体温が上がります。

つまり、発熱や運動でも皮膚から発汗して、体温調節を
して、身体機能を正常に維持しているのです。
 

   …………………………………………………
          体温調節
   …………………………………………………
外気温の上昇
運動      → 体温上昇 → 体温調節(発汗)
精神的興奮
感染



②保湿作用

汗には体温調節という大切な役割がありますが、女性に
とって気になる、肌の保湿作用もあります。

エクリン汗腺からの汗には、乳酸ナトリウム・尿素など
肌の保湿に作用する物質が含まれているので、天然の
肌の保湿剤としての効果も見逃せないですね。

汗は肌の保湿に大きな役割があるので、汗をかけない
人は乾燥肌(ドライスキン)になってしまうのです。


b0179402_12153212.jpg



【運動による体温上昇】


体温の上昇にはいろいろな理由がありますが、運動に
よる体温の上昇について考えてみましょう。

運動をすると汗がでますが、これも上がってしまった
体温を下げるためなのです。
運動することで体温が上昇する理由は、エネルギーの
生産が関係してきます。

運動をする時には、糖質や脂質がエネルギー源となって
筋肉の収縮が行われます。
この過程で、実際に運動に使われているエネルギー量は
100%ではないのです。

実は、筋肉運動で消費されるエネルギーのうち、運動
に使われるエネルギーは約20%で、80%以上は熱エネ
ルギー(体温の生産)になっているのです。

これは意外ですよね。

このために運動すると、体温が上昇するわけです。
で、上昇した体温を下げるために、汗が出て体温調節
をするのです。

汗をかいて、それが蒸発する時に(気化熱)体温が奪わ
れます。

激しい運動をして体温が39度まで上がった場合、体温を
36度に下げるためには、約500ミリリットルの汗をかく
必要があります。
これから考えると、体温調節のためにどれだけの水分が
必要か判断できますね。


【運動で汗腺機能を育てる】

普段運動もしない、夏はエアコンの効いた室内で過ごす
なんて方は、汗腺の機能が衰えている可能性があります。

暑さに耐えられる身体づくり、夏バテしない身体づくり
のためにも、汗をかく力を育てましょう。

気温が上がってくる初夏の頃から、ややきつめの運動を
して汗腺機能のアップを心掛けましょう。


b0179402_10485094.jpg




【脱水】

最近は、脱水に注意喚起が盛んに叫ばれていますが
水分が発汗によって失われ、水分を補給しないままで
いると、脱水症状を起こします。
体内の水分が不足していると、体温管理ができなく
なると言うことですね。

脱水症は、熱中症の前段階ですから、のどが渇いたと
感じる前に、少しずつ水分補給を心掛けましょう。

熱中症の症状
初期症状は…疲労感・だるさ・吐き気があるなど
重症化する前から、常に注意が必要です。

発汗が無い状態でも、皮膚や呼吸器からたえず水分は
蒸発していますから。

b0179402_12124516.jpg

 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~


汗は、体温調節に大切な役割を果たしていますが
反対に、必要な発汗量が得られないと、どうなるで
しょうか。
体温調節ができなくなり、体内に熱がこもってしまい
うつ熱や、熱中症になりやすくなってしまいます。
これを防ぐためにも、汗をしっかりかく習慣(運動)
を身につけ、良い汗をかけるようにしたいものですね。


*うつ熱 
身体の熱が発散されず、体温上昇をきたした状態
 


















by fit-plus | 2018-09-18 12:15 | 健康

汗の季節ですね!汗には良い汗と悪い汗があります

b0179402_00413879.jpg

もうすぐ7月、梅雨は明けていませんが 気温もだいぶ
高くなり トレーニングでも汗をかきやすくなりました。

サーキットトレーニング後の メンバーのTシャツを
見るとそれがよく分かります。

サーキットトレーニングもそうですが、ゲルマニウム
温浴でもかなりの発汗があり よもぎ蒸しもしかり!
フィットのメンバーからも 『普通の生活ではこんなに
汗をかくこと無い!』 と言う声をよく耳にします。

その汗の機能は…体温調節ですが、その汗にも “良い汗”

と“悪い汗” があるといいます。
それを簡単に言えば、サラサラかベトベトかの違いです。

人間の身体にある汗腺の半分近くが、普段は活動して
いないとか。
運動不足や冷房のきいた室内ばかりに居ると、汗をかく
必要が無くなるからです。
すると一つの汗腺に負担がかかり、ベタベタした悪い汗に
なってしまう訳です。

日頃から汗をかく生活習慣 (運動)を身につければ
休んでいる汗腺も活動を始め よい汗をかけるのです。

サーキットトレーニングやゲルマニウム温浴、よもぎ
蒸しでの汗も サラッとして気持ちよいのは、体験した
皆さんが 一番感じているのではないでしょうか。

よい汗
ミネラル分は 再び血液中に吸収 されるため成分の
殆どが 水分⇨サラッとしていてべとつきやニオイが
少ない。
すぐ乾くので、体温を下げる。

悪い汗…
ミネラル分が再吸収されず多く含まれている⇨皮膚に
ついた菌の養分となり ニオイのもとになる。
また体からミネラル分が失われると、体調不良、熱中症

の原因となる。
蒸発しにくく、体温を下げる機能が低い。

さあ、皆さん汗を流して この夏を元気に過ごし

ましょう。


20130629-175043.jpg

いつも汗びっしょりになりながらトレーニング !



by fit-plus | 2013-06-29 10:00 | 健康