人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

タグ:体脂肪 ( 11 ) タグの人気記事

年末までの3ヶ月 挑戦しよう!体脂肪のお片づけ

b0179402_12522816.jpg

年末の大掃除ならぬ「脂肪の大掃除」を、今からプラン
ニングしませんか。

お片づけが流行っていますが、これは部屋のお片付け
のことです。

あふれるほど物がある!、部屋が物でゴチャゴチャ!
ついつい同じような服を買ってしまい、気がつけば
あふれクローゼット!
こうなったら、思い切って不要な物を処分しなければ
部屋は、物置と化してしまいます。

部屋の片づけの極意は、捨てることです
いかに上手に捨てるか、ここにかかっています。

でも、部屋の片づけとダイエットって共通するポイント
が結構あるのです。
そこで、身体に溜まった不要な物をお片付けしませんか。
身体の不要なものと言えば、「余分な体脂肪」ですね。

そのために、今から「3ヶ月ダイエットプラン」をスタ
ートしませんか。

b0179402_13154067.jpg


【3ヵ月で体脂肪をお片づけ】

余分な脂肪を減らしたいと思っても、結局何もしないで
過ごしてしまっている方。
10月からの3ヶ月間で、なりたい自分を目指しましょう。
そのための確認ポイントは…。

◎2020年に向けてどんな自分になりたいか
◎今の自分の課題を見つけ出す
◎減らすべき脂肪の量を明確にする
◎何をどうするか行動計画を立てる
◎計画に沿って実行

<どんな自分になりたいか>
具体的に目指すイメージを持ちましょう。

<今の自分の課題は>
目指すイメージを実現するために、今の自分の問題点は
何かを書き出してみましょう。
例えば、毎日甘いものを食べている。朝食は摂らない。
運動は全くしない。外食が多い。など

<減らすべき脂肪の量を明確にする>
体脂肪量を知ることで、減らすべき体脂肪の量を知りま
しょう。
そして、目標数字を明確にしましょう。

b0179402_14452804.jpg

<行動計画を立てる>
3ヶ月で無理なく減量するために、何をどうするか具体
的に書きだしてみましょう。
よく、お片付けの場合、「1年使わないものは捨てる」
があります。
体脂肪を減らすためにも、ある程度の実行可能な自分
なりのルールを決めましょう。

<計画に沿って実行>
計画をもとに、確実に実行!
部屋の片づけができないようでは、身体の片付けもでき
ないでしょう。
片付けには、それなりに時間や、労力が必要です。
計画の実現のために立てた方針や内容を、行動レベルに
まで落とし込んで、実行することです。


b0179402_14025851.jpg

昔と違い、物にしても食品にしても、多種多様の商品が
溢れている時代です。
メディアも、こんな良いものがありますよ!。これは
美味しいですよ!。と購買意欲をそそります。
ついつい手が出てしまいがちですが、自分にとって本当
に必要な物を見極める目を持つことが大切ですね。

自己管理ができる人は、部屋の管理も上手にできる。
そして、身体の管理も上手にできる、ということです。




ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/




































by fit-plus | 2019-09-27 12:26 | ダイエット

ダイエットも健康を損なうようでは意味がない!健康リスクを考えよう

b0179402_12283539.jpg

来年は、東京オリンピックが開催されます。
先日は、聖火リレーのルートも発表され、少し
づつ実感もわいてきます。

それとともに、スポーツに対する話題や、興味も
増えてきました。

オリンピックでも人気の種目は、マラソン、体操
陸上など、いろいろありますね。

オリンピックに出るような、トップアスリートに
限らず、何かのスポーツを集中してやっている選手
でも、問題になっているのが、健康上のリスクです。

今回は女性のアスリートの場合をみてみましょう。


【無理な減量がもたらす健康リスク】

女性のアスリートが起こす、健康上のリスクで
一番多いのが、エネルギー不足から起こる無月経
と骨粗鬆症です。


これは以前から、世界的に言われていましたが
日本の現状は、より体重が少ないほうが良いと
されてきました。

特にマラソンや、新体操などの選手を見れば、それ
がわかりますね。

その結果は、良い成績も出ず、不健康な体となり
選手生命も短くなってしまうという結果に。


『低エナジー』
いわゆるエネルギー不足です。
日常生活に必要なエネルギーが、減少した状態に
よって、代謝やホルモン機能に異常をきたして
月経異常や骨粗鬆症など、健康を害する可能性が
あります。

『無月経』
この場合は運動性無月経で、激しい運動や低体重
それから、低体脂肪が原因となります。
先ほど書いたように、マラソンランナーなどの
持久系競技や新体操などの審美系競技の選手に多く
見られます。

『骨粗鬆症』
極端な食事制限や、偏った食生活のまま運動量が
多いと、骨密度の低下につながります。
また、無月経な状態は正常者に比べて、骨密度が
低くなります。
無月経は、疲労骨折につながる注意信号です。

b0179402_10574346.jpg


【基本の食事は大切】

女性のトップアスリートの場合を見てみましたが
一般の女性にも、食事の大切さを考えていただき
たいのです。

痩せることは、食べないことにつなげてしまうと
体そのものが、壊れてしまいます。

ダイエットをそこまで頑張ってしまう方は、そう
多くはないでしょうが、栄養摂取の大切さを考え
ながら、しっかり運動をして、筋肉量を増やすこと
で体脂肪率を下げていくことが大切です。




b0179402_11325950.jpg





ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/











by fit-plus | 2019-06-07 11:42 | ダイエット

ボディデザインについて考えてみましょう


b0179402_13423755.jpg


最近は様々なフィットネス施設が増え、フィットネス
に興味を持つ方も増えてきました。
自宅の近くにジムがあったら、利用するにも便利です。

テレビや雑誌でも「筋肉」に関する情報が多く発信され
それに感化されて、フィットネスに興味を持つ方が増え
ているのも確かです。

そして、フィットネスを実行している多くの女性や
男性はこう思っているのではないでしょうか。

 ◎太ってしまったので痩せたい
 ◎緩んだ体をかっこよく引き締めたい
 ◎メリハリのある体を作りたい

では、あなたの理想のボディを手に入れるには、何が
必要でしょう?
そのためには、まず今の自分の体の状態や毎日の生活
パターンを確認する必要があります。

身長から見た体重や体脂肪率がどのくらいか、また
毎日の活動量や食習慣など、生活習慣をチェックして
初めて自分の体を変えるための方向性が決まります。

b0179402_11123912.jpg


【ボディデザインとは】

ボディデザインとは、自分がなりたいと思う理想の体
に作り上げていくことです。

ただ単に痩せるとか、筋肉だけをつけることではあり
ません。
無理なダイエットで、ガリガリに痩せても意味があり
ませんし、パンパンに筋肉だけをつける必要もないの
です。

全身がバランスよく整っているのが自然で美しい体で
はないでしょうか。


【ボディデザインに必要なこと】

あなたにとって理想のボディは?

ただ単に体重を落とすのではなく、引き締まった体に
なるためには以下の2つが基本的に必要です。

 ①適切な食事
 ②適切なトレーニング


実はとてもシンプルです!

体脂肪が多い方は、食事の見直しをしてみましょう。
筋肉があっても、体脂肪が多いと筋肉の上を覆って
しまい、体のラインは出ません。

そして、筋肉を適正につけることで体のラインは変わ
ってきます。

正しい食事管理と筋肉トレーニングをコツコツ実行し
継続することこそ、理想のボディを実現する方法です。

理想的なメリハリのある体を作り上げるために、近道
はありません。
〇〇で痩せる、〇〇をやればすぐ体は変わる…などは
あり得ません。

目標を達成するためには、正確な情報と地道な努力が
あるのみです。

効果のないダイエット情報に振り回され、あれこれ
つまみ食いしても、1年後に体が変わっているでしょ
うか?
結局何も変わっていないのではないでしょうか。
地道なトレーニングを実行するか、ダイエット情報に
飛びつくことを繰り返すかは、あなたしだいです。




b0179402_11351892.jpg


最初は目標をもってフィットネスジムに入会しても
時間が経つうちに、初心を忘れ、運動することが
億劫になってしまう方も多いでしょう。
そんな時は、入会時の目標や運動を始めようと思わ
れた動機をもう1度思い出してみてください。


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~


このブログでもダイエットや、筋肉トレーニングに
ついて書いていますので、ご参照ください。


ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/





















by fit-plus | 2019-03-04 11:57 | フィットネス

にっくき脂肪を減らすにはどうしたらよいの

b0179402_23504146.jpg

いつの間にかついてしまった脂肪! 
スカートがきつい! 
パンツが閉まらない!
気が付いた時には かなり体重オーバー!

そんなあなた 今のうちに何とかしないと○○
まっしぐらになってしまいます。


【なぜ体重が増えてしまったのかを知る】

体重が増えるには、それなりの理由があるはずです。
例えば、仕事内容が変わって、デスクワークになり
身体活動量が減ったり、おやつを食べる癖がついたなど
体重が増えた理由があるはずです。
 
まず大切なのは、なぜ体重が増えたかをしっかり考えて
みましょう。

毎日の摂取カロリーを、実際に消費するカロリーより
100カロリー多く摂り続けたら、1ヶ月で3,000カロ
リーのオーバー。
脂肪に換算すると約300g、1年で4㎏程度体重が増加
してしまいます。

100カロリーは、リンゴ1個分程度ですからちょっと
の油断が積もり積もると、体重はどんどん増えていく
ことになります。
 

b0179402_14090424.png

【食生活の見直し】

憎い脂肪にサヨナラするためには、普段から心掛ける
ポイントがあります。

まず、食生活を見直して適正体重を維持しましょう。

1、1日3食を基本に 毎日同じ時間に食べましょう
2.夕食は控え目にし野菜を多く摂りましょう
3.油や食品の脂肪は控え目に
4.甘いものは食べ方に注意して1日1回量を決めて
5.主食、主菜、副菜を基本にしましょう
6.欠食をなくす
  (欠食は脂肪をため込みやすくします)

b0179402_00403307.jpg


【消費エネルギーを増やす】

食生活を見直すと共に大切なのが、日々の生活での
消費エネルギーを増やすことが、ダイエットの第1歩
になります。

とり込むエネルギーより、消費するエネルギーを増や
すことで、蓄積された脂肪を消費することができます。
運動しなければ、過剰なエネルギーは体脂肪として
蓄積されます。

………………………………………………………………
 1㎏の脂肪を減らすために消費しなければならない
   エネルギー量は 7,200kcal です
………………………………………………………………

◯ こまめに動きましょう 日常生活でも歩く、動く
◯ ストレスをためない
◯ 決めた曜日にしっかり運動をする(習慣化する)


ダイエットを成功するためには、日常生活をどのよう
に過ごすかが、大きく影響します。
まめに体を動かし カロリーを消費しましょう。

また、運動したから大丈夫とコンビニで菓子パンを
買って食べてしまったら、カロリーはプラスになって
しまいます。

ちょっとしたことが、太るもとや 痩せない原因に
なります、自分の日常生活を見直してみましょう。


【ダイエット一口メモ】

軽い適度な運動は、空腹感が増します。
「運動するとお腹が空いて、つい食べ過ぎてしまい
ます」とよく聞きます。
健康的ですが、運動による食欲増進で、食べ過ぎて
しまう結果になりやすいのです。

反対に、きつい運動をしっかりやると、食欲は減退
します。
食べ過ぎを防ぐためにも、ややきつい運動を行い
ましょう。

b0179402_14363754.jpg

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

フィットプラスの スタンプラリーは9月まで
東海道五十三次の宿場をたどり 何処まで行けるか
楽しみながら トレーニングしましょう。

20170627-122204.jpg







by fit-plus | 2017-06-27 10:00 | ダイエット

ダイエットするなら筋肉を落とさずに体脂肪を減らしましょう

b0179402_14394542.jpg



先日、フィットプラス内のエアコンの掃除をしました。
フィルターには、結構な埃がたまっていました!

埃も脂肪も、気が付かないうちに少しづつたまります。
エアコンもフィルターに埃がたまると、働きが悪く
なります。

人間も、余計な脂肪がたまると見た目も悪くなりますし
多過ぎる体脂肪は、生活習慣病などの健康にとって不都
合な状況を引き起こします。

もしあなたが、標準体重を大幅に超えているようでし
たら、体脂肪を落とすことを考えてみましょう。



【体重を減らす際に重要なのは】


ここで大切なのは、筋肉を落とさずに体脂肪を減らす
ことです。

<食事制限だけの場合>
  体脂肪の減少多い・除脂肪組織の減少多い

<食事制限と運動をした場合>
  体脂肪の減少中程度・除脂肪組織の減少少ない

体重を減らしたいために、無理な食事制限だけで痩せ
ようとすると、体脂肪とともに、筋肉など体の組織も
減らしてしまいます。
その結果、代謝が落ち健康を損なう結果になってしま
うのです。

また、急激なダイエットは、この除脂肪組織の減少が
大きくなり、緩めのダイエットでゆっくり減量すると
除脂肪組織の減少は少ないのです。

b0179402_11591302.png


では どうしたら『筋肉』を落とさずに『体脂肪』を減ら
す事ができるのか……

答えは 『運動』…です。

除脂肪組織(筋肉)の減少は、基礎代謝が平均10%から
20%減ってしまいます。
ということは、リバウンドにもつながってしまいます。

筋肉は、50歳を過ぎると落ちる速度が早くなります。 
その反対に、筋肉量が減る事で代謝が落ち、体脂肪は
増えやすくなってきます。
運動をしなければ、筋肉はどんどん減ってしまいます。


【減量のための運動の目安】

体重が減るということは、体内のエネルギーが不足の
状態になる必要があります。

ダイエット本などでは、『運動をして、筋肉量を増やし
基礎代謝を上げればやせます!』とありますが。
これは理論的には間違っていませんが、実際にはそんな
簡単ではありません。

エッ~!と思いますよね。
では、どのような条件で運動する必要があるか考えて
みましょう。

人は寝ている時が、1番カロリー消費が少なく、次は
座っている時、その次は立っている時ですが、立って
いるだけでは、減量にはまったく追いつきませんね。

<減量には>
1回30分程度(心拍数が120/分以上)の全身運動を週に
3回以上実施する必要があります。

b0179402_13295588.jpg
フィットプラスでも、減量目的の方には、週3回以上の
サーキットトレーニングをおススメしています。


【1回30分の運動】


サーキットトレーニングで、 マシンにより筋肉を増やし
ステップ台やボードでの、全身運動(有酸素運動)で
脂肪を燃焼します。

総合効果で ⇨ 筋肉をつけて体脂肪を減らすことが可能


先ず健康のため、そして気持ち良く動く身体を手に入れ
その結果シェイプアップされた身体になります。
そのためにも、しっかり運動を継続しましょう。


b0179402_15111631.jpg


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~


運動を継続して、最初は体重が減りますが、そのうち
体重計の数字は全く動かなくなります。
運動を続けた結果、体力がつくと減量効果は薄れます。
いわゆる停滞期になります。

その場合、もっと減量が必要な人は、運動量を少し増や
しましょう。
ただし、毎日激しい運動をするのは、間違いで体を壊し
てしまいます。

運動に体が慣れた方は、運動量を増やすのではなく食事
を減らす必要があります。
これはあくまで、減量が必要な方です。



















by fit-plus | 2016-12-31 10:00 | フィットネス

お腹回りを引き締めるには…

女性も男性も30代を迎える頃 お腹回りが
太くなったとお悩みの方が増えてきます。

フィットプラスでも お腹を何とかしたい!
と言う声をよく聞きます。
特に男性会員の方は 腹筋を割る! が目標に
なっています。

お腹の肉を取るには腹筋ですよね…と腹筋
運動をやればお腹は凹むのか? 腹筋が
割れるのか?…

以前このブログにも書きましたが 腹筋運動で
お腹の脂肪が取れるわけではないのです。

もちろん腹筋運動は必要ですが つけた筋肉の上
に脂肪が過剰にのっていたら 筋肉は見えません。

大切なのは 余分な体脂肪を減らす事で それには
食事量を見直し適正な食生活を心掛ける➕運動を
継続する必要があります。


仲良く腹筋エクササイズをやってます!

20161222-110456.jpg


腹筋を割りたい男性の皆さんに
体脂肪率が ……

19%以上だと 腹筋は割れません(見えない)
15〜17%では うっすら見える
10〜14%では 割れている
10%以下では かなり自慢できます!

太りやすい方は 脂肪燃焼をメインに 細身で
筋肉がつきにくい方は 食事量を増やし
特にタンパク質を十分摂り 筋トレをしっかり
やりましょう。



by fit-plus | 2016-12-22 10:00 | サーキットトレーニング

9キロ減量ウェスト14センチ減 体脂肪10%減に成功

b0179402_11131822.jpg



昨年秋に入会されてから みるみるシェイプアップされた
三木さんにお話を伺いました。

Q. フィットプラスに入会されたきっかけは
何でしたか?

昨年10月に三鷹に引越したのを機に 体力作りに励もう
と決意 ! しました。

若い時から ダイエットしては よくあるリバウンドを
繰り返してきたので 40代になってからは すっかり
諦めモードでしたが 50才を目前に いよいよ体調
不良に悩まされるようになって これはまずい 何とか
しなくては
…で新居から通いやすい、続けられる可能性が高い
運動施設を探していて 出会いました。

Q. サーキットトレーニングをスタートされて約半年
 ですが サーキットトレーニングについては どう
 思いますか?

大変効率的ですね!
30秒で次に移動する、様々な筋肉をバランス良く鍛え
られるのが とてもよいと感じています。
良く考えられたシステムですね。
体力に自信が無くても ムリせず自分のその日の体調
に合わせて強度を上げたり下げたりできるので 安全で
続けて行きやすいと思います。

Q. まるでスタッフの説明の様な 完璧な内容で感心
  しましたが、トレーニングの効果については如何
  ですか?

ハイ 身体の形が 明らかに変わってきました。
効率的な運動でしか得られないと感じる 筋肉のハリに
初めて出会っております !
『筋肉』と言う言葉とは 縁遠い人間だと思って来ま
したが このまま続けたら 『アスリート』の様な体型に
なるのも夢では無いんじゃないか と言う夢まで見せて
くれます。


 ◎体重 …  9kg減
 ◎ウエスト  … 14cm減
 ◎体脂肪率 … 10%減

 目標はあと5kg減、体脂肪率5%減 です。

b0179402_11091969.jpg

Q. すばらしいトレーニング効果ですがフィットプラス
  の良いと思われる点は?

明るく清潔なムードと 和気あいあいとしつつも集中して
トレーニングに励める点ですね。
丁寧にアドバイス頂けるのも とてもありがたいです。
希望を言えば 朝9時からとか 水曜も開いていたらもっと
嬉しいです。

おかげ様で 体調もとてもよくなり ありがたい限りです。
今後とも宜しくお願いします。


明るい笑顔の三木さん 仕事の合間にコツコツトレー
ニング を継続されています!

20150329-142609.jpg


身体も軽くなると パフォーマンスもアップします !

20150329-143002.jpg



~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~

三木さんのように トレーニング効果を感じて頂けると
とても嬉しく思います。
まさに継続は力なりの言葉通りですね。
よりシェイプアップとキープを これからも御手伝い
させていただきますので こちらこそ 宜しくお願い
します。












by fit-plus | 2015-03-19 10:00 | トレーニング効果談

お見事 ! 12kg減量で体脂肪は20%を切りました!


b0179402_11131822.jpg


昨年春入会し 半年で12kg減量した奈津美さんは入会
時から ほぼ毎日トレーニングを続け 約半年で目漂の
数字以上を 達成しました。

彼女は 昼はオフィスで仕事をし 勤務終了後フィット
プラスでトレーニングをしています。
幸いなことに 職場とフィットプラスが近く徒歩で
通えるのが良い点ですね。



【太ってしまった原因はお菓子】

彼女が減量を決意したのは 職場での差し入れのお菓子
の食べ過ぎで 10kgほど体重が増えてしまったそうで
そこでこれはまずいとジムを探しました。
ネットで ”評判の良いジム” と検索したらフィット
プラスがでてきたそうです(これ本当の話ですよ)
そして 早速体験レッスンを経て入会!


b0179402_13085799.jpg

【トレーニングの結果】

サーキットトレーニング+食事管理で12kg減量

◎体重は12㎏減! 
◎体脂肪率は10%減らし20%を割っています !
◎内臓脂肪は4から1に!
(トレーニング開始後半年)


【ダイエットに成功した理由】

彼女がダイエットに成果を出した理由は2つあります。
それは…

 ①トレーニングの継続
 ②食事管理

仕事の後は 必ずトレーニングを続けたこと。
食事もシッカリ管理し お菓子は食べず夕食は軽く
済ませる。 
そして減量後も サボること無くトレーニングを継続
しています。
ダイエットに近道はありません 確実に実行した人に
のみ結果がついてきます。
それをやるかやらないかの問題ですね。

フィットメンバーでは最年少の彼女ですが その意思の
強さは すばらしです。
春までにあと2kg落としたい…脚をもう少し細くしたい
そうです。


彼女が地道に記録した 計測記録の一部です。

b0179402_10263573.jpg
b0179402_10272189.jpg

現状維持で充分と思いますが…乙女ごころデスネ !

減量しても それを維持することの方が 難しいのですが
大切なのは 適性体重を維持し 体力も維持する事です。



減量前の彼女です

20150210-235809.jpg

減量後の彼女です

20150210-235931.jpg


by fit-plus | 2015-02-11 10:00 | トレーニング効果談

男性が目指すシックスパックを作るには 腹筋と体脂肪の調整が必要


b0179402_11204385.jpg



土日の夜は、男性メンバー達が トレーニングに励んで
います。

30歳を過ぎて中年に近づくにつれ、やはり気になる
のはお腹回りでしょう !

腹筋を鍛えるエクササイズは、いろいろ有ります。
しかし、いくら一生懸命腹筋運動をやっても体脂肪
が減らなければ、シックスパックは出ません!

腹筋自体は大きな筋肉ではなく、うすい筋肉です。
筋肉の上に脂肪が乗っていれば、腹筋自体は体脂肪
の下に隠れてしまいます。


【シックスパックを作るには…】

①腹筋を鍛える 
②余分な体脂肪を落とす

この2点がポイントです。

①腹筋を鍛える
特にシックスパックに重要な筋肉は、「腹直筋」です。
この筋肉は、もともと平たく長い筋肉で、腱画が筋肉
を分けています。
それをシックスパックと呼んでいます。

この筋肉を鍛えることで、シックスパックがはっきり
してきます。

b0179402_14082815.jpg



②余分な脂肪を落とす
男性がシックスパックを目指すなら、まず体脂肪率は
15%以下を目標にしましょう。
さらに10%になると、シックスパックがハッキリと
確認できます。
男性も平均的な体脂肪率は、25%~30%の方が多い
ですから、15%まで落とすにはかなり努力が必要です。

体脂肪を減らすには、食事管理の徹底が不可欠です。
有酸素運動で、脂肪燃焼するより食事管理する方が
早く効果が出ます。

ただし無理な糖質制限は、体調を崩したり、継続する
ことが難しいです。


【腹筋エクササイズを行う場合の注意点】

腹筋を鍛えるエクササイズは、いろいろありますが
何をやるにしても、正しいフォームで 勢いをつけずに
ゆっくり確実に!行いましょう。

トレーニング初心者の方は、お腹が膨らんだ状態のまま
になりやすいので、腹筋を締める時に息を吐きながら
お腹の空気を抜いて行うように注意しましょう。

特に男性は、力まかせに勢いで行いがちですから、筋肉
を意識しながら行いましょう。

目指すはシックスパック ‼

b0179402_14562337.jpg










by fit-plus | 2014-08-05 10:00 | 筋トレ

男性がサーキットトレーニングで体脂肪を5%減らす

b0179402_09503449.jpg


男性も30歳を過ぎると、お腹周りが気になりだす方が
多いですね。
フィットプラスの男性会員は ほとんどが30代!
仕事も忙しいし、運動から遠ざかっていた毎日から
週1〜2回フィットプラスでのトレーニングに参加し 
それぞれ自分に合ったトレーニング量で コツコツと
頑張っています。
その中で しっかりトレーニングで成果を出している
方を紹介します。


【トレーニングの成果】

トレーニングの成果を出している 男性のお一人で
昨年末入会の 男性会員のMさんの場合を紹介します。
 
土曜日と日曜日の 週2回のサーキットトレーニング
を継続して 5ヶ月で体脂肪が5%減の結果を出して
います。
体脂肪がマイナス5%ですから、かなり良い成果と
言えるでしょう。

例えば…体重70kgとして 
体脂肪30%だと → 体脂肪は 21kg
体脂肪25%だと → 体脂肪は 17.5kg
体脂肪20%だと → 体脂肪は 14㎏

上の例でみると 単純計算して体脂肪5%減ると脂肪量
が3.5kg減となります。


【トレーニング+食事管理】

もちろん 出した結果はトレーニングだけではなく
食事の管理を徹底してもらった結果です。

その食事のとり方は 夕食にポイントがあります …
◎夕食の炭水化物を抜くこと
◎夕食のタンパク質は納豆・豆腐など植物系で摂る
◎夕食に野菜は必ず摂る


完全糖質制限などはしないで 夕食のみ管理して
朝食・昼食は摂るが 油ものに注意してもらいました。
彼の場合は 体脂肪がやや多い点と 甘いものなどを
好むという嗜好があるので 食事管理は不可欠です。


b0179402_11585910.jpg


    体脂肪5%減らしたのは
          ⇩
食事管理+週2回のサーキットトレーニング



【男性の体脂肪量の平均は】

男性の体脂肪平均値は 15%~20%で 25%以上は
肥満とされます。


また脂肪 は全身の組織に存在していますが 男性の
場合女性に比べて 体脂肪より内臓脂肪量が多く脂肪
細胞の量は 女性より男性の方が少ないのです。
しかし男性も中年以降になると 腹部に加速的に集中
して脂肪が蓄積されます。
痩せていても お腹だけ出ている男性が多いのを見れば
この理由が分りますね。

b0179402_11481393.jpg

【サーキットトレーニング】

フィットプラスに入会される男性の中でも 大手の
フィットネスジムに 入会経験のある方も多いです。
しかし思うような結果も出ず 忙しくてなかなか
継続ができず 結局そのまま終ってしまう方も多い
です。

Mさんも やはり大手のジムに入会していたそうです。
しかしあまり結果も出ず終い。 
新たにフィットプラスで サーキットトレーニングに 
挑戦している訳ですが 土日限定にもかかわらず週2回
のトレーニングで しっかり結果が出せるのは 短時間
で効果が実感できるサーキットトレーニングのメリット
でしょう。

サーキットトレーニングは 時間のロスが少なく短時間で
効果を出しやすいトレーニングです。


b0179402_11401419.jpg

【男性が大手フィットネスジムに感じる不満は】

○最新のマシンがあるが使い方が難しそうで気後れする
○筋肉隆々の人の中では引け目を感じる
○競争意識があおられ自分のペースが保てない
○月会費が高く気軽に入会できない


【フィットプラスはこの点の真っ逆さまで…】

○基本30分トレーニング
○マシンは変わらず油圧式マシン8台
○ごく普通の会社勤めの方がほとんど
○自分のペースでできる
○時間制限があるので月会費は3,000円とお得


~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎

サーキットトレーニングのフィットプラスは 平日は
女性専用ですが、土日は男性の方にもトレーニングの
場を提供しています。


男性会員のMさんは今月の『8月31日までに3㎏
やせよう会』
にもエントリーしていますから
2ヶ月後には更なる成果を達成できるでしょう。

20130616-124313.jpg









by fit-plus | 2013-06-13 10:00 | サーキットトレーニング