ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

タグ:使いすぎ症候群 ( 1 ) タグの人気記事

膝が痛い方 その原因は使いすぎ症候群かもしれません

b0179402_09040983.jpg

年齢とともにひざの痛みを感じる方や、スポーツを長く
やっている方で、ひざの痛みを感じる方は多いですね。

特に、健康志向の向上で、ランニング人口も年々増えて
いるようですが、そこで気になるのがひざの関節です。

ひざには、筋肉や骨、そして骨をつなぐ靭帯や腱が多く
あり、関節の中でも1番複雑な関節です。

ひざに痛みを感じる原因はさまざまですが、その原因の
一つに、使い過ぎによる痛みの発生があります。
今回は、ひざの使い過ぎ症候群(オーバーユース)に
ついて考えていきましょう。


【膝のオーバーユース】

ひざの痛みの発生原因には、マラソンなど走るスポーツ
そしてテニス、バレーボールなど、ジャンプする動きが
多いスポーツを長くされている方に多く発症します。

それは、ひざの使い過ぎが考えられますが、関節自体に
問題がある場合と、ひざ周辺の筋肉や靭帯の炎症が原因
の場合があります。

b0179402_10005994.jpg

ひざのオーバーユースによる症状には、次のようなもの
があります。

 ①腸脛靭帯炎
 ②鵞足炎
 ③膝蓋靭帯炎 
 ④変形性膝関節症


①腸脛靭帯炎  *ひざの外側が痛む
 
 
ランニングや自転車など、ひざの曲げ伸ばしを繰り
 返すと(ランナー膝)ひざの外側に痛みが生じます。
 屈伸を繰り返すことで、腸脛靭帯がひざの外側の大腿
 骨の隆起部分との摩擦により、炎症を起こし痛みを
 感じるようになります。

b0179402_09453408.jpg

②鵞足炎   *ひざの外側が痛む

 鵞足とは、腿の内側にある縫工筋・半腱様筋・薄筋の
 3つが集まった部分が、ガチョウの足に似ているため
 そう呼ばれています。 
 膝の曲げ伸ばしや捻りの動きが、鵞足とすねの骨との
 摩擦によって炎症が生じ、ひざの内側が痛みます。

b0179402_09580118.jpg

 ③膝蓋靭帯炎   *ひざの下や上が痛む
 
 ひざのお皿とすねの骨をつなぐ靭帯が、ジャンプや
 激しい動きを繰り返すことにより、過度の刺激となり
 炎症を起こし、ひざの下や上の部分が痛みます。
 また大腿四頭筋が固くなっていることも影響します。

 『ジャンパー膝』は、バレーボールやバスケット
 ボールの選手に多く発症します。


b0179402_09595460.png



④変形性膝関節症

 ひざ軟骨のすり減りや半月板の問題で、関節に炎症が
 生じ、痛みとなる場合があります。
 スポーツなどで、ひざを使いすぎ軟骨が薄くなり痛み
 を生じます。

 スポーツによるものと共に、加齢によってひざ軟骨が
 減ることに加え、肥満やO脚・X脚もひざにダメージが
 出ます。


b0179402_10255353.jpg
 



【オーバーユースの予防】

オーバーユースは、少しずつたまった慢性的疲労に
よって起こります。
急激な外傷ではないため、痛みなどが発症するまで気が
付かない場合がほとんどです。

例えば、針金をグルグル捻っていくと、いつか切れて
しまいます。
つまり、金属でも同じ力を加えていくと、切れたりひび
が入る金属疲労と同じです。

オーバーユースには、休養が大切です。

どんなスポーツも、夢中になってしまうと、この休養
することを忘れがちです。
身体の修復能力を超えて、運動をやり過ぎると身体の
組織が壊れてしまうので、しっかり修復の時間をとり
ましょう。


<運動効果を得るために必要なこと> 

 ①身体組織の修復のための時間=休養をとる
 ②身体をつくるための栄養=バランスのとれた食事
 ③ストレッチ=固まった筋肉はオーバーユースを
        起こしやすい
 ④筋力強化=膝にかかる負担をカバーするのは筋肉です



b0179402_11133382.jpg


【膝が痛い時の対処法】

<冷やす>
ひざが熱をもち炎症を起こしている時は、冷やすことが
有効です。
氷で痛みを感じる部分に当てて、20分~30分冷やしま
しょう。

<湿布を貼る>
湿布は消炎鎮痛には有効です。
ただ、冷やす効果はありませんから、湿布だけより氷で
冷やすことをお忘れなく。

<サポーター>
ひざを固定するには、サポーターが有効です。
機能的にもさまざまな物が販売されているので、用途
に合ったものを選びましょう。

<テーピング>
ひざの靭帯を痛めた場合などは、テーピングが有効です。
ひざの固定や、筋肉のサポートになります。

b0179402_11380133.jpg

 ~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~

スポーツや運動は、体力アップのためや趣味のために
やりますね。
体力や技術を向上させるためには、今持っている自分の
身体能力を超えた負荷をかけることや、ある程度の繰り
返しの練習が必要です。

しかし、休養することを忘れてしまうと、筋組織などを
修復し再生することができず、使い過ぎとなりオーバー
ユース症候群が発生してしまいます。

同じ動作を繰り返す運動は、同じ筋肉や関節にストレス
をかける訳です。
健康のためにやっている運動で健康を損ねてしまったら
本末転倒ですから。

1つのことにのめり込む性格の方は、要注意です!

筋肉や腱など身体の組織は、個人によってその強さや
柔軟性も差があります。
これを見極めるのはとても難しいので、まず休養する
ことを、しっかり頭に入れておきましょう。


































by fit-plus | 2018-11-03 12:28 | 健康