人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

タグ:姿勢 ( 5 ) タグの人気記事

あなたの筋肉バランスは整っていますか

b0179402_11000865.jpg

普段運動をしているのに、腰が痛い、片方の肩が痛い
など体の一部に違和感がある方は、ぜひ一度全身的な
筋バランスを見直してみましょう。

筋肉の大切さを理解しているからこそ、皆さんは運動
を実践しているのでしょう。
高齢者が病気や怪我が原因で、寝たきりになってしま
うのは、筋力の低下が原因です。
反対に、体を鍛えるためにジムに通っても、自己流で
トレーニングを続けた結果、体を痛める方がいるのも
事実です。

運動によって筋肉を強化することは大切です。
しかし、やり方を間違ってしまうと、体の一部に痛み
が出たり、健康を害する結果となってしまいます。


【体のウィークポイント】

人によって、体のウィークポイントがあります。
例えば「体が硬い」「背中が丸い」「肩の高さが違う」
「膝が痛い」「左右の骨盤の高さが違う」などです。

その原因の多くは「筋肉」にあります。
筋肉の状態や強弱の差異が、筋バランスを崩してしまう
のです。
それでは、なぜ筋肉のバランスに差異が出てしまうので
しょう。

原因はいろいろありますが、大きく見ると次のような
原因があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●筋肉を使わないことで起こる廃用性弛緩
●使い過ぎによる過緊張性拘縮
●右利きか左利きかでの違い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●筋肉を使わないことで起こる廃用性弛緩

現在の生活は、椅子に座っている時間が長いのが現状。
ほとんどの方は、デスクワークで一日中座っています。
この状態は、腿裏のハムストリングスが、廃用性委縮
になりやすいのです。
筋肉は使わなければ、どんどん落ちてしまいます。


●使い過ぎによる過緊張性拘縮

使わなすぎと反対に、使い過ぎ(オーバーユース)は
筋力が低下し、硬くなってしまいます。
ストレッチをしても、緩まない状態です。
また、同じ動作や激しい動きの繰り返しは、筋肉や関節
に負担がかかります。


●右利きか左利きかでの違い

ほとんどの人は右利きですが、長年の右利き状態が
日常生活での筋バランスを崩します。

食事の際、お箸は右手で持ちお茶椀は左で持ちますね。
駅の自動改札機も右手用に設置されています。
トラック競技は、すべて左回りです。

左右の動きの違いが長年続き、筋力や筋肉の状態の差が
大きくなると、骨盤が傾いたりと骨格にも影響が出て
きます。

b0179402_13271932.jpg



【筋バランス】

筋肉は連動して動きますから、弱い筋肉があると他の
筋肉がそれを補うために、余計な負担がかかります。

基本的に人の体は、左右対称に筋肉がついていますが
柔軟性や筋力などの左右差によって、身体の歪みの元
となってしまいます。

人の体は、上半身と下半身、右半身と左半身、体の前面
と裏面等、上下、左右、前後のバランスが重要です。


b0179402_12091898.jpg



【必要なエクササイズ】

体を鍛えるために運動は必要ですが、ただがむしゃら
に鍛えるのは危険です。
自分の体に必要なエクササイズを行うことが重要です。

下半身の筋肉は強いが、上半身は弱い。
腹筋は強いが、背筋は弱い。
右腕は強いが、左は弱い。
などがある方は、弱い筋群を強化してバランスをとる
必要があります。

<スクワットは片脚で行ってみましょう>
両足で行うと、どちらかの筋力が弱くても強い脚の方
でカバーしてしまい、脚の筋力の左右差が分りません。

<レッグカールは左右別に行ってみましょう>
マシンのレッグカールは、通常両足同時に動かします。
これを片脚で行うと、脚の筋力の左右差が分ります。

<ダンベルエクササイズ>
ダンベルを用いたエクササイズは、両手別々にダンベル
を持って行います。
そのため、左右差を知るには有効なエクササイズです。

<ストレッチ>
ストレッチは、身体の状態を知るために有効です。
ストレッチを行うことで、気持ち良く伸びる感覚が
あるか、痛みや違和感があるか、左右差はあるかなど
を見ることで、筋肉の状態がある程度わかります。


体の各部位の筋群を整え、働きを改善して筋バランス
を調整することで、体のバランスも良くなり違和感も
なく、気持ちよく動くようになるでしょう。

下の図にあるように、筋バランスが整っていると姿勢も
整います。
この姿勢を維持して歩行できれば、筋バランスは良い
状態です。


b0179402_13165798.jpg


筋肉をゴムに例えれば、伸びきったゴムは収縮すること
は出来ませんし、強すぎるゴムは伸びません。
そして、引っ張り続けると徐々に亀裂が入り、最終的に
切れてしまいます。
筋肉もゴムも、柔軟に収縮するのが良い状態です。
b0179402_12040157.jpg

単に部分的な筋肉を鍛えることのみに偏るよりも、全身
の筋肉をバランスよく鍛えることで、機能的に、気持ち
よく動く体を目指しましょう。




ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/















by fit-plus | 2019-08-20 13:30 | フィットネス

ダンスは美しい姿勢と体型をつくるボディチューニング!

b0179402_12171164.jpg




皆さんは毎日、仕事や家事とほぼ決まった行動を繰り
返しています。
その時に、自分の身体や筋肉を意識することは、ほと
んど無いのではないでしょうか。

日々の生活動作がルーティーン化されていて、時間に
流されるまま毎日が過ぎていき、気がつけば体型の
崩れや、気力の衰えを感じるようになっていませんか。

その点、ダンスは自分の身体と向き合うことから始ま
ります。

単に「痩せる」とか「筋肉をつける」が目的ではなく
目的のためには、いかにして筋肉をつけるか、より
動ける身体になるためには、余分な脂肪を落とすこと
が目標になるのです。

つまり、ダンスの上達という目的のための目標設定が
必要な筋肉(筋力)をつける…となる訳です。
そのために、ダンスレッスンでは筋肉や骨格を意識
して使います。




b0179402_11501302.jpg


【運動の落とし穴】

日常的なパソコンやスマホの長時間使用などで、基本
的な姿勢の崩れや筋力の低下による負担が、身体に
かかることで、身体を使うための感覚が狂ってしまい
ます。

身体を変えるために行う運動も、整っていない姿勢や
間違ったやり方で行うと、骨格や筋肉に余計な負担が
かかり、いくらやっても効果が出ないばかりか、身体
を痛める場合もあります。

身体を使う運動やエクササイズを行うには、その質が
重要となります。
では、「質の良い運動」とはどんなことでしょう。


【身体の軸の意識】

ダンスでは、軸の意識を大切にします。
身体の中心に、縦に一本の芯が通っている感覚です。
これが崩れると、筋肉や骨格に余計な負担がかかって
しまうのです。

インナーマッスルとアウターマッスルと言うことばを
聞いたことはありますか?

より良い姿勢は、このアウターマッスルとインナー
マッスルのバランスが良いということです。
姿勢が崩れると、アウターマッスルの大腿四頭筋など
一部の筋肉に余計な力が入ってしまいます。

<インナーマッスル>
身体の深層部にある小さな筋肉

<アウターマッスル>
身体の表層部にある大きな筋肉。

身体の軸の意識をもつことは、余計な筋肉の緊張が
無いニュートラルな状態です。
つまり、インナーマッスルがしっかりと働き、腹圧が
かかり、関節に負担がかからない状態です。

スポーツ選手やダンサーが姿勢が良いのは、この軸の
意識がしっかり身についているからです。

質の良い運動とは、正しい姿勢を理解したうえで行う
ことです。



【軸を意識した立ち方】

ダンスに限らず、全ての動作のもととなる正しい立ち
方を理解することが大切です。
以下のことを頭に入れながら、自分の立ち方をもう一度
チェックしてみましょう。

b0179402_13230658.jpg

◎上の図を見ると分るように、身体の中央に芯が1本
 あり、腹筋を締めることで、腰や背骨への負担を
 減らします。

◎肩は力を抜いて、下におろすことで首や後頭部の
 緊張が取れます。

◎体重は両足に均等にのせます。

◎身体を中心の軸に集める感覚で、その軸を上に引き
 伸ばすようにします。



【背骨と骨盤】

姿勢をつくる基本は、背骨と骨盤にあるのではないで
しょうか。
下の図は背骨と骨盤ですが、骨盤の上に背骨が伸びて
います。
まるで、植木鉢に植物が植わっているかのようですし
高層ビルのようでもあります。

骨盤という土台があって、その上に柔軟にたわむ背骨
が乗っていて、さまざまな動きに対応しています。
これが姿勢をつくる基本となる訳ですから、この骨盤
と背骨を正しい位置にキープする事をしっかり理解
しましょう。



b0179402_13430056.jpg


  ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

普通の生活でも、正しい姿勢を保持することは大切
ですが、ダンスエクササイズは、この姿勢を良くする
要素がたくさんあります。
言うなれば、ダンスは身体のチューニングをするため
のエクササイズと言えますね。

これを実際に学ぶためにフィットプラスでは、ダンス
スクールを開催しています。
踊る楽しさや、身体の使い方を学ぶレッスンです。


      ……… お知らせ ………

ダンス初心者向けのダンスレッスンを開催します。
踊ること以前の、身体の使い方を学ぶレッスンです。
興味がある方、お待ちしています。

 2月23日(土) 16:00~18:00

       ………………………………


ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/














by fit-plus | 2019-02-21 12:02 | ダンス

ダンスが作るしなやかな身体!ダンサーの身体が美しい3つの理由

b0179402_10103197.jpg



ダンサーのからだが美しい3つの理由!

ダンスが作る、しなやかでキレのある動作はどこから
生まれるのでしょうか。
ダンスは運動性、芸術性などが ミックスされた身体
の芸術的ボディワークと言えるでしょう。


【美しい身体のポイント】

美しい身体をつくる要素は、以下の3つです。

まっすぐに伸びた姿勢

細く引き締まった身体
なめらかな動き


【まっすぐに伸びた姿勢】

ダンスの基本は 足の裏でしっかり床を踏んでまっすぐ
立つことから始まります。

この正しい立ち方を意識しながら、様々な動作を行う
わけです。
レッスンで、1つ1つの動きを意識しながら、繰り返し
行うことで、関係する筋肉群が鍛えられ、きれいに伸び
た姿勢が作られます。

ダンスを踊るという事は、自分の身体を自分自身の意思
でコントロールすることです。


【細く引き締まった身体】

フラや日本舞踊と違って、つま先立ち(ルルべ)や回転
(ターン)をしたり、素早くステップを踏んだり、全身
の筋力とバランスの安定性が養われます。

ダンスは抗重量筋に作用する動作が多く、筋肉量が増え
る事で代謝もアップします。

しかし、その筋肉は太くならず、細く締まった筋肉が
つきます。
なぜなら、普通の筋トレと違い『引き上げ』を意識する
からです。

ダンスに太い筋肉は必要ありません。
反対に、太い筋肉がつくのは使い方が正しくないと
いう事になります。
見た目もあまりよろしくないです。


【なめらかな動き】

ダンスレッスンでは、しっかりストレッチをします。 
いわゆるダンスストレッチですが、これは関節を
より大きく多方面に動かす必要があるからです。

ダンスは、姿勢やバランスをキープするためにある
程度の柔軟性が必要です。 
それは、柔軟性と筋力があってこそ、なめらかな
動きが生まれるからです。

b0179402_11122666.jpg

普段通勤やデスクワークだけで、身体をそれ以外で
使っていない方が多いでしょう。
また、家事だけで身体の前面しか使わないでいることで
背中は丸くなり、身体の可動域はどんどん狭くなって
しまいます。

柔軟性も筋力も落ちれば、実年齢より老けた印象になり
がちですが、ダンスで鍛えた身体は、より若々しい印象
を与えますね。













 

by fit-plus | 2018-05-06 10:51 | ダンス

あなたの首大丈夫ですか!姿勢のチェックをしてみましょう

b0179402_12405884.jpg

最近は、スマホやパソコン作業で、首や肩の不調を
感じる方が多いようです。
電車に乗っても、周りを見回すと10人中8人くらい
の人が、スマホをのぞいていますね!

頭を前に傾ける姿勢が長時間続くと、重い頭を支える
ために僧帽筋や肩甲挙筋などの筋肉が緊張を強いられ
結果、首や肩のコリとなってしまいます。

頭はだいたい5kgくらいありますから 少し前傾する
だけで 首への負担は増大します。

〜〜 頭部を傾ける角度と首への負担は 〜〜

     15度 : 12kg
     30度 : 18kg
     45度 : 22kg
     60度 : 27kg

相当な重さが負荷になってしまいますね!
これを長時間続けたら、筋肉のコリと ストレート
ネックの原因にもなります。

b0179402_12462333.jpg



【頸椎の生理的湾曲】

背骨のカーブはS字カーブで、それは頸椎を含め重量
のある頭を支えながら、衝撃を吸収しています。
それが、長時間ののパソコン作業や、スマホでの
ゲームなどで、少しずつストレートネックになって
しまう可能性があります。


【現れる不調】

頭痛・肩こり・めまいなど、様々な不調が現れます。
また年齢も、子供から若者が多く、悪い生活習慣の
せいですね。
頭を、長時間前傾させていると、筋肉にその癖がつい
てしまい、ストレートネックになってしまいます。


~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…

フィットプラスでも、姿勢についての注意は事ある
毎にお話ししていますが、普段から自分の姿勢に注意を
しましょう。
 背中は丸くなっていないか
 骨盤の前傾や後傾は無いか
 頭が前に出ていないか


意識してみましょう。

b0179402_00585695.jpg


by fit-plus | 2017-03-21 10:00 | 健康

体幹を意識して身体を使おう!

b0179402_09190826.jpg

体幹って何ですか…… ?
体幹がたいせつ…と言いますがなんのことでしょう?
体幹は、人間が二足歩行になったことで、背骨が地面
から垂直になり、重力と闘う事が必要になりました。


【体幹とは】

体幹とは、 広義では四肢以外の胴体部分、狭義では
腹部周辺を指します。
簡単に言えば、お腹まわりの腹腔部分と思って下さい。
筋肉でいえば…
 
 ◎腹横筋
 ◎多裂筋
 ◎骨盤底筋群
 ◎横隔膜

などの体幹深層筋で、内臓を支えると共に、背骨も
支えています。


【体幹の働き】

①内臓を所定の位置に収める
 胃腸、肺、心臓などの臓器が正常に働き、機能する
 よう保護している。

②姿勢の維持
 姿勢を維持し、体幹の動きを行います。
 その筋肉群は…

 ◎脊柱起立筋
 ◎腰方形筋
 ◎腹直筋
 ◎外腹斜筋
 ◎腹斜筋
 
脊柱起立筋や腹直筋は、抗重力筋と言われていて 
直立姿勢を保持する働きがあります。


【体幹の筋力の重要性】

腹圧を高めるための筋群が弱いと、腰部を支える筋力
が低下して、慢性的な腰痛や坐骨神経痛などを引き
起こす原因にもなります。

b0179402_10165222.jpg


【体幹コンディショニング】
体幹コンディショニングって……?
腹部周辺の筋群…  
特に深層筋群(腹横筋・多裂筋・骨盤底筋)をしっかり
鍛え、身体の軸を意識することで、正しいバランスで
身体活動を行なうためのエクササイズです。

b0179402_01431561.jpg



<体幹強化のメリット>

①骨盤まわりの筋肉を鍛えることで、内臓が支えられ
 ポッコリお腹が改善される。

②体幹と言うくらいですから、体の幹を鍛えることで
 姿勢の改善されます。

③ボディラインが美しく整います。

④体幹の安定は、スポーツでのフォームの安定や、全て
 の運動にプラスになります。


<正しい姿勢の意識を持つ>

最近は『体幹』と言うことばが、健康情報での一種の
ブームになっていますが、この『体幹を鍛える』は昔
から、身体を使う場合には必ずやるべきトレーニングの
なかの一つです。

これだけを取り上げて、体幹を鍛えて◯◯とか、体幹が
全てのような記事が、雑誌などに載っています。

確かに体幹は大事ですが、体幹を含めた全身をバランス
よく鍛え、使っていくのがトレーニングです。

また体幹を鍛えても、自分自身で正しい姿勢の意識を
持たないと、筋力はあるけれど、それが生かされてい
ないと言うことになります。

体幹もしっかり鍛え、正しい姿勢を意識することで
キレイな姿勢が作られ、腰痛予防にもなる訳です。




















by fit-plus | 2017-01-07 10:00 | フィットネス