ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

タグ:筋肉 ( 7 ) タグの人気記事

ダンスをするうえで大切なこと…筋肉の独り言に耳を傾けよう!

b0179402_10351487.jpg


ダンスに限らず、身体を使うスポーツなどを普段から
長期間にわたりやっている方で、今まで思い通りに
動いてくれた筋肉が、ある時から動きが悪くなったり
痛みを覚えたりする時がありませんか。

そんな時は、その症状をどうとらえるかが重要です。
それは筋肉が、何かをアピールしているからです。


【筋肉の独り言】

痛みのサインは筋疲労から…

<痛みのサイン>

連日の激しい練習や運動、それから精神的疲労などが
溜まると、自分の意思通りに動いてくれていた筋肉が 
自分の不具合のある部位を痛みなどで、アピールして
きます。

しかし、その本人が鈍感(失礼)でそのサインに気が
付かないと、身体はもっと違う表現をして、知らせて
きます。
筋肉が発信しているサインをしっかり感じることが
必要です。 
そのサインに気が付かないまま、何も対処をしないで
続けると、筋肉はストライキを起こしてしまいます。

<筋疲労>
疲労した筋肉には、疲労物質が蓄積され、筋肉の働きが
低下して動きが制限され、思うようなパフォーマンスが
できなくなります。

普通に運動している方は、ここまでになってしまう事は
まれとは思いますが、自分の身体を思い通り最大限に
使うためには…

◎自分の身体に敏感になりましょう。
◎普段から筋肉の声をしっかり聴きましょう。

b0179402_13291601.jpg
【身体が美しく動くには】

身体は全部連動して動きます。
骨格も同じで、肩・肩甲骨・鎖骨につながって腕の動き
となります。

また、骨盤・脊柱などが脚の動きとつながってきます。
それぞれの部位が、正しい動きをすることでダンスを
踊るという一連の動きが成り立ちます。

身体が美しくしなやかに動くためには…

 ◎バランスの整った骨格
 ◎柔らかく柔軟な筋肉
 ◎神経の連絡がスムーズに行われる 


…によってダンスは美しく力強く表現できるのです。


b0179402_10301145.jpg


【骨格はくせを映す鏡】

何かの動きをする場合、右はやりやすいけど、反対の
左の方がやりにくいとか、右足は上がるけど、左が上が
らない、などの違いを感じたことはありませんか。

人間の身体は …
 ◎前後のバランス
 ◎左右のバランス
 ◎上下のバランス

…が整っていてこそダンスのような、早い動きや激しい
動きに耐えられるわけです。

しかし、怪我や日常生活での癖などで、骨格や筋肉の
アンバランスがあるまま、様々な動きをすることで
骨格の歪みが大きくなり、動きにも影響が出てきます。

骨格のバランスが整っていると、筋肉も柔軟性に富み
正しく美しい動きができます。


バランスの悪くなった骨格は、正常に位置に戻ろうと
筋肉に負担をかけます。
反対に筋肉が凝り固まると、周りの組織を引っ張り骨格
に影響を与えます。
筋肉、骨格は連動して動くからです。


【柔軟な筋肉を維持するためには】

  ………………………………………
    ◎トレッチ
    ◎休養
    ◎正しいトレーニング

  ………………………………………

◎ストレッチ

使った筋肉は、元の状態に戻すようにストレッチをしま
しょう。
ストレッチをする時も、自分の身体をよく理解しながら
筋肉のサインを感じながら行うと効果的です。

例えば、伸びにくい方と伸びやすい方があったら、伸び
にくい方の筋肉が、固くなって拘縮している可能性が
ありますから、伸びにくい方を時間をかけて、ゆっくり
伸ばしていきましょう。


◎休養

そして時には休養して、筋肉を休ませてあげましょう。
わずかな筋肉疲労でも、それが日々蓄積していくと
ある日、大きな症状として出る可能性もあります。

また、あまりに疲労がたまり、硬くなりすぎた筋肉は
ストレッチしても、緩まなくなっています。
日頃から、疲労をためないよう、しっかり筋肉を休ませ
ることも大切です。


◎正しいトレーニング

間違った身体の使い方をしていると、筋肉を正しく使え
ていないため、筋肉に悪い癖がつき、その結果骨格を
ゆがめる原因にもなります。
正しい筋肉の使い方を身につけるよう心掛けましょう。





b0179402_11045642.jpg




~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…

自分の身体(筋肉)に敏感になりましょう。
身体は、常に身体の情報をあなた自身に発信しています。
































by fit-plus | 2018-07-23 11:11 | ダンス

ボディラインの変化を感じ始める40代!その原因は筋肉不足かも

b0179402_11561069.jpg


年齢を重ねると共に、いやでも容姿やボディラインには
様々な変化が現れます。
あなたは、こんな事に思い当たる事はありませんか!
例えば…

『最近下っ腹が出てきたわ』
『ウェストが太くなったし』
『ヒップが垂れてきたの』
『身体全体に締まりがないな~』…など

女性のそんな悩みは、年代によって違いがありますが
40代を過ぎる頃から、これら全てを強く感じるように
なります。
つまり、40代はお肌ばかりではなく、ボディラインの
曲がり角のようです。

これを、そのままほおっておけば、歳とともにスタイル
は崩れるばかりです。
じゃあどうしたらよいの?
b0179402_12105331.jpg

スタイルが変化する原因は、基本的に筋肉の減少にあり
ます。
年齢があがると、若いころに比べ活動量が減ります。
しかし、食生活は変わらず昔のままでは余ったカロリー
は体脂肪となり、増えれば肥満になります。

反対に、筋肉量は減っているので姿勢を支える筋力が
弱くなり、お腹はせり出し背中は丸くなり、身体全体
は締まりのない見た目になってしまいます。

そうならないように、今のプロポーションを維持する
または、もっと締まったプロポーションを実現したい
と思うなら、今から実行しなければならない事があり
ます。


【適正体重を維持する】

体脂肪の増加による過体重を『肥満』と言いますが
筋肉をつけても、体脂肪が多いと健康面でも問題ですし 
見た目もスッキリしません。

過体重は、関節にも負担をかけますから、適正体重を
維持するようにしましょう。

◎摂取エネルギーの適正化
 消費カロリーより多く摂り過ぎれば、体脂肪となり
 肥満につながります。
 自分が摂るべき適正なカロリーを考えましょう。

◎栄養素配分の適正化 
 糖質・タンパク質・脂肪の摂取バランスを考えて
 偏りの無いように摂取しましょう。

b0179402_12274967.jpg

【運動を継続して筋力を維持する】

筋肉量は、運動を何もしないと年齢と共にどんどん落ち
てしまいます。
それを食い止めるためには、筋肉運動(筋トレ)と脂肪
燃焼のための有酸素運動が、欠かせません。

姿勢を保持するには 
 背中(背筋)
 お腹(腹筋)
 骨盤まわり(殿筋)
 脚(大腿四頭筋・ハムストリングス)

等の、大きな筋群の強化をする必要があります。
つまり、筋肉運動と有酸素運動の両方をする事が大切に
なります。


b0179402_12263186.jpg




~…~…~~…~…~~…~…~~…~…~~…~…~

キレイな姿勢とプロポーションを維持するためには
筋力トレーニングと脂肪を燃焼するための有酸素運動
そして、食生活の見直しを実行していきましょう。

















by fit-plus | 2018-06-03 12:43 | ダイエット

最近転びやすくなったあなた 筋肉減少していませんか!

b0179402_11104208.jpg

ちょっとの段差でつまずいたり よろけたりは筋肉の
減少が原因かもしれません。
人は加齢とともに 身体の衰えや生理機能の低下を
きたします。


【運動機能と加齢】

人の身体には 骨がありその骨を筋肉が覆い 身体の
土台を構成していますが 運動機能のうち筋力・瞬発力
持久力・柔軟性・バランス能力・反射神経は 加齢と共
に低下していきます。
60歳を超えるとピーク時の半分になるそうです。


【運動能力低下の原因】

加齢による運動能力の低下は…

◎筋肉量の低下
◎運動ニューロンの数や機能の低下

によるものです。

例えば 歩くという動作をする時 歩こうと意識すると
大脳の運動中枢に信号が送られ運動ニューロン(骨格筋を
支配する神経細胞)により 筋肉の収縮が起こり歩ける
わけです。 
その運動ニューロンの数や機能が低下し 筋肉自体も
減少することで 運動能力が低下する訳です。



b0179402_10590663.jpg




【運動能力低下がもたらす現象】

反射的な運動や 態勢を保持する能力が衰え バランス
を崩しやすいので 転倒や骨折の原因となります。
高齢者の場合は そのまま寝たきりになる原因になり
ます。


b0179402_11130151.jpg

高齢者に限らず 30代過ぎたら自分の身体について
しっかり関心を持ちましょう。

何もしなければ筋肉量の低下は 気が付かないうちに
どんどん進行していきます。
心掛けて 運動を生活にとり入れていきましょう。















by fit-plus | 2018-05-21 11:40 | 筋トレ

アンチエイジングを考えよう

b0179402_11111891.png


いつまでも若くいたい…
健康で長生きしたい…
介護予防…

アンチエイジングと言っても、年代や環境によって人
それぞれ違うでしょう。
また、アンチエイジングに関しての情報や、健康食品
などが氾濫し、自分にとって何が良くて何が必要な物か
の判断も難しいところです。

それではエイジング(加齢)について考えてみましょう


【年齢と共に全身の機能やホルモン分泌
 基礎代謝などが低下します】


これは、ある程度避けて通れないものですが、生活習慣
をより良いものに変える事で、エイジングを遅くする
ことは可能です。

つまり、年齢に合った生活のしかたや食事に変えていく
ことがポイントです。


悪い生活習慣を続ける事で その影響が
 年齢と共に身体に現れる】

 
偏った食生活や運動不足などが積み重なり、その結果
が身体に現れます。
つまりエイジングが加速する訳です。
その1つが肥満で、特に問題なのがメタボリックシンド
ロームですが、見た目も悪いうえ動脈硬化や糖尿病など
の生活習慣病のリスクが高まります。
男性は特に要注意ですね!

アンチエイジングの為にも、今から対策をしましょう。

b0179402_11323125.jpg

【運動から見た問題は筋肉量の低下!】

身体活動が、低下すると筋肉量が減少して、身体の老化
を加速させます。
筋肉量の低下と言えば、サルコペニアですが、原因は
加齢と運動不足によって、廃用性筋委縮が進むことです。

また運動不足は、骨密度の減少も加速させます。
オステオペニアと言う言葉もありますが、運動はこの
オステオペニアの予防にもなります。

オステオペニア=骨密度の減少や骨の石灰化した状態

筋肉は、使わなければどんどん細くなってしまう…
つまり身体活動量の低下が、サルコペニアを招く!
昔に比べ、現在は便利な暮らしと共に、体を使わなく
なりました。
意識して筋肉を鍛えることをしないと、サルコペニア
まっしぐらになってしまいます。

b0179402_10300373.png

【筋肉をつけてアンチエイジング】

筋肉をつけることで、引き締まったボディラインを
キープできるうえ、そのスタイルは若々しく見えます。
男女とも40歳を過ぎるころから、筋肉量の減少が多く
なりますから、筋肉を鍛えることで…

 ◎きれいな姿勢をキープ
 ◎肥満の防止
 ◎転倒予防
 ◎骨密度低下の防止
 ◎肩こり腰痛の予防

などが可能です。
姿勢が整うだけでも、自分に自信がつきますね、それに
よって、行動力もついてきます。
体力気力が充実した毎日を送ることこそ、アンチエイジ
ングにつながります。

20代から30代
若いからと安心してはいけません、デスクワークで筋肉
が衰えて、体型もピンチ! の人も…

40代~50代
そろそろ身体に変化が出て来る頃です。 
背中や腰、ひざの不調を感じるころでもあります。
衰えがちな下半身を強化しましょう。

60代~70代
エイジングに個人差が大きく出る頃です!
体力や知力も衰えてくる年代ですから、頭を柔らかく
保つよう好奇心を持ち続けましょう。
そして、しっかり運動して筋肉の貯金をしましょう。

b0179402_11284465.jpg

今からしっかり運動することで、若さをキープして快適
で活動的な毎日を送りましょう。
何かに頼らず、自分でできることから、対策しましょう
それこそが、アンチエイジングです。


b0179402_10312661.jpg










by fit-plus | 2018-05-09 11:07 | 健康

切れのあるダンスを踊るのに必要なものは○○!


b0179402_01420771.jpg

ジャズを踊るには 動きにキレが無いとジャズらしい
踊りの醍醐味がなくなってしまいます!


【ダンスのキレとは】

ダンスにキレは必要不可欠です。 
それではダンスのキレとは、いったいどんなことを
指すのでしょうか?

簡単に言うと、動きの強弱や早い遅いなどの緩急が
あることですね。

あるポイントで動きをクッと止めることでアクセント
がつきます。
また曲のテンポを、ある動きのポイントで少し遅く
したり、反対に早くして変化をつけることでもやはり
ダンスにアクセントがつきます。

たとえそれが、バレエであってもヒップホップで
あってもキレのないダンスは、メリハリがなくつまら
ないものになってしまいます。


【切れのあるダンスの紹介】

永遠の名作ウェストサイドストーリーでのキレッキレ
のダンスは有名ですね。


b0179402_16595355.jpg


そしてバレエでも、ドン・キホーテでのキトリの踊りは
やはり、キレッキレでありしなやかです。

b0179402_17020891.png



もう1つ、世界を風靡したマイケルダンス!
独特のキレあるダンスで、多くのダンサーにも影響を
与えました。

若かりし頃マイケルのプロモーションビデをに出て
いたダンサー達のレッスンをたくさん受けましたが
やはり緩急のつけ方が、独特でとても勉強になった
のを覚えています。

b0179402_17154568.jpg



【キレを出すのに必要なこと】

◎柔軟性のある強い筋肉

 必要なのは、ダンストレーニングでつちかった、柔軟
 性に満ち、よく伸縮する締まった筋肉です。
 特に体幹が強くないと不可能です。
 体幹力(腹筋)があってこそ、キレのある踊りが可能
 になります。

 そのためにも体幹の筋肉をしっかりつけましょう。
 しかし体幹を鍛えたからと言って、すぐさまキレを
 手に入れることができるかといえば NO!
 そんな簡単ではないです。

◎経験を積んで感性を磨く 

 やはり、地道にレッスンする事で、ダンスのフィーリ
 ングを掴めるようにならないと、難しいものがあり
 ます。
 それは、ダンスのセンスにもつながります。
 つまり、レッスンを積んで、キレを表現できる身体と
 感性を手に入れるしかないのです。


同じダンスを踊っても、初心者とプロでは全く違うもの
に見えるのは、この切れが出せるかどうかにかかって
いると言ってもよいでしょう。

初心者の方は、どうしても一本調子でメリハリがない
ダンスになってしまうのです。

私もレッスンではよく言います… 単調な1,2,3で
踊らないで、ダンスにウェーブ感を出して…と!
ダンスは、ブツブツのブツ切りをつなげたものでは
ありません。

すべての動きがつながり、流れがあります。
その流れを感じさせるように踊ってほしいのです。


b0179402_19385688.jpg


 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~


今回の曲は クリスティーナ アギレラの だいぶ前の曲で
『Fighter』を選びました。
力強く、キレ良く踊って欲しいのですが、筋肉を使い
身体を締めて踊らなくては キレはでません!
この一年もダンスを楽しみながら スキルアップしま
しょう。
メンバーの皆さん パワー全開でお願いします。













by fit-plus | 2017-01-10 10:00 | ダンス

筋肉トレーニングの効果を知って 筋トレをスタートしよう

b0179402_10423792.jpg

ひと昔前は、筋トレといえばごく限られた特別な人たち
がやるという程度で、一般の人が筋トレする事自体は
あまり認識されていませんでした。

しかし現在は運動の必要性も広く伝わり、スポーツ施設
も増え それにつれ 健康に対する意識も広がり、筋トレ
も一般化した感があります。


【こんなに役立つ筋力トレーニング】

    …… 筋トレの効果………

筋力トレーニングによる 効果を知っておくことで
自分自身のトレーニングの目標を決めたり トレー
ニングのモチベーションの維持に役立ちます。

筋肉トレーニングを始めると 数ヶ月で筋力がアップ
したり 筋肉が太くなったりする効果を実感するで
しょう。
これはある程度短期間でも 感じられる効果ですが
さらにトレーニングを継続していくことで もっと多く
の効果を得ることができます。

    ………………………………

筋トレの有意義な効果は…(直接的な効果)

 ○ 筋力の向上
 ○ 筋持久力の向上
 ○ 筋肥大

その結果(二次的効果)

 ○ 体型を整える
 ○ 肥満の予防
 ○ 姿勢の改善
 ○ 骨密度の改善
 ○ スポーツや仕事のパフォーマンスの向上
 ○ 高齢者の生活の質の改善
 ○ コレステロール値の改善
 ○ 糖代謝の改善
 ○ 消化吸収への好影響
 ○肩こり・腰痛の予防・改善

などいろいろあります。 

b0179402_13055365.jpg


【体型を整える】

運動不足は 見た目の身体に大きな影響があります。
筋肉が衰えると共に 体脂肪がつきやすくなりその
結果 見た目の悪い体型になってしまいます。

筋肉トレーニングをすることで体型を整え 有酸素
運動や食事のコントロールも併せて行うことで 効率
よく無駄な体脂肪を減らし 引き締まった身体になる
事が可能です。

「男性の場合」
胸囲が小さく薄い胸板 ➡ 逆三角形の熱い胸板
腕が細い ➡ たくましい腕
お腹のたるみ ➡ 引き締まったお腹


b0179402_11230683.jpg


【女性の場合】
お腹のたるみ ➡ 引き締まったお腹
垂れ下がったヒップ ➡ 引き締まったヒップ
緩んだモモ ➡ 引き締まったモモ

b0179402_11451039.png


【太りにくい身体をつくる】

人は年齢を重ねると共に筋肉量が減り 体脂肪は反対
に増えていきます。
筋肉量が減るという事は基礎代謝が減るという事です。
皆さんもご存知でしょうが 基礎代謝が減ると脂肪は
燃焼しにくく太りやすくなります。

筋肉量を増やす事で基礎代謝も上がり 運動を行った
時のエネルギー消費量も増えるので エネルギーを
短時間でより多く消費することができます。
つまり痩せやすくなると言う訳ですね。


【正しい姿勢の保持】

腹筋や背筋など体幹部の筋力が低下すると お腹が前に
出て腰に負担をかけたり 背中が丸くなったりします。

姿勢が悪くなると外見も悪く 腰痛や肩こりをおこし
たり 内臓にも負担が掛かります。

筋力トレーニングによって 体幹周辺の筋力を強化する
ことで 正しい姿勢をキープする能力を高め それが
肩こりや腰痛の予防につながります。


b0179402_12030994.jpg


【スポーツの安全とレベルアップに】

筋力トレーニングを行うことで 普段楽しんでいる
スポーツのパフォーマンスがアップします。

テニスなどをやっている方でしたら 素早い身体の
切り返しや膝にかかる衝撃 そして同じ動きでの弊害
を減らすことができます。

同じスポーツを長年やっている人は 筋肉の使い方に
偏りができ 筋力のアンバランスを引き起こします。
それがもとで 腰痛などを引き起こす可能性もある
ので 使わない方もしっかり筋力トレーニングする
ことが大切です。




b0179402_12510274.jpg



20160612-113906.jpg
男性会員によるラットロウ 胸と背中を鍛えます。


20160612-114159.jpg
もちろん女性も頑張ります。


~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎

筋力トレーニングは年齢に関係なく 生活習慣病の予防
ダイエットや高齢者の生活能力の改善など  多くの
効果が明らかになっています。


運動には有酸素系運動と筋肉運動の2つがあります。
有酸素系と言えば ジョギングや水泳などですが
これだけでは片手落ちで 筋肉運動も行うことで瞬発
力も付きます。

例えば 歩いていて何かにつまづき転びそうになった
時に 瞬時に力をいれる筋力が無いとそのまま転んで
しまいます。
また筋トレは 脂肪燃焼効果もアップしますから有酸
素運動と筋肉運動の両方を バランス良く行うことで
シェイプアップされた 動けるカラダを目指しましょう。

フィットプラスでのトレーニングは サーキットトレー
ニングですが 半分はマシンによる筋トレです!

皆さんの健康な生活には…やはりサーキットトレー
ニング ですね。















by fit-plus | 2016-06-12 10:00 | 筋トレ

運動不足の解消とダイエット頑張っています

b0179402_10454037.jpg



会員歴は長いSさん 最近トレーニング効果をしっかり
出して かなり身体も締まってきました。

彼女は職場と自宅の途中にある三鷹で 下車し フィット
で 週3〜4回トレーニングを継続されています。

20150413-115404.jpg


Q. 入会のきっかけは覚えていますか?

ハイ 運動不足の解消と ダイエットを考えていた時
職場の友人に誘われて 体験レッスンをし 入会しました。
その当時 サーキットトレーニングが話題になっていた
ので興味もありました。

Q. その サーキットトレーニングについては 如何
  ですか?

有酸素運動と筋肉トレーニングが 交互にあるので
飽きないかな。
一緒に何人も回るので 顔馴染みになったりして気付く

と4周とかしちゃいます!
それに有酸素運動の時のパターンが 多数あるので
楽しいです。

Q. では ご自身では どのようなトレーニング効果を
  感じますか?

筋力がつきました。
汗をかくのが気持ち良いです。
お腹を引っ込めて歩こうと言う気になりますし背筋を
ピン! と伸ばそうと思います。

それに 様々な年代の方と一緒になるので 若い子を
見ると 自分も若返ったような気持ちになりますし
年上の方を見ると 自分もその年代になった時 元気で
いられるように 頑張ろうと言う気持ちになります。

Q. そうですね 夜はお仕事帰りの⒛代〜50代の方々が
  トレーニングされていて お互い刺激になります。
  そんなフィットプラスの良いところは?

気兼ね無く行ける時間に行き 体調と相談して今日は
何周しようと 自分で決められます。
それから時々指導して下さるうえ 話を聞いてくれたり
サービスして下さるのが嬉しいです。
感謝しております。

Sさんは 毎回汗びっしょりで 集中してトレーニング
されています。
しかし いつも笑顔で 若者にも声を掛けて良いコミニ
ケーションをとられています。

最後は必ず腹筋エクササイズと ストレッチを完了し
帰られます。

20150413-124314.jpg

~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~

Sさんは 何キロ痩せたい!ではなく 筋肉をつけて
身体を引締めるという目標でトレーニングされて
います。
しかしその様子は 集中して身体の意識をしっかり
持ちトレーニングされています。
トレーニングに結果を出すためには 意識の集中は
大切なポイントです。





by fit-plus | 2015-04-13 10:00 | トレーニング効果談