人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

タグ:運動習慣 ( 1 ) タグの人気記事

2019年をフィットネス元年にしましょう!

b0179402_13143916.jpg

今年は30年間続いた「平成」から「新年号」に変わる
年で4月には、新元号の発表もあります。

またスポーツでいえば、ラグビーワールドカップ2019
日本大会が開催されます。
テニスの全豪オープンでは、大坂なおみ選手が優勝と
うれしいニュースも!
そして、来年は東京オリンピックと、大きな変化の年に
なりそうです。

1月もそろそろ終わりとなりますが「今年こそは◯◯
しよう!」と目標を立てた方もいらっしゃることで
しょう。
しかし、現状維持というか、一歩踏み出すことができ
ないでいる方が多いかもしれません。

b0179402_11381734.jpg

そこで、フィットネスについて考えてみましょう。
「今年こそは、なにか運動を始めよう!」と意気
込んだ方もいらっしゃるでしょう。


【日本のフィットネスの現状】

日本のフィットネス市場も、健康志向の高まりもあり
市場規模は確実に増えています。

このブログを訪れている皆さんも、フィットネスを
実践している方が多いのではないかと思います。

しかし、諸外国のフィットネス市場について比べて
みると、なんと日本は30位なのです。
おまけに人口当たりの参加率で見ると、日本はたった
3.4%だそうです。

以外と少ないことがわかります。
その中でも、やはり中高年の参加率が大きいことが
特徴です。
残念なことに、若者の参加率は低いのです。


【2018年各国フィットネス参加率】

 ① スウェーデン  21.15%
 ② ノルウェー   20.79%
 ③ アメリカ    18.68%
 ④ デンマーク   18.26%
 以下
 ⑦ カナダ     15.32%
 ⑨ イギリス    14.72%
 ⑱ フランス    8.50%
 ⑳ 韓国      7.29%
 ㉚ 日本      3.35%

【IHRSAグローバルレポートより】

この数字を見ると、まだまだ日本はフィットネス
後進国ですかね。


【フィットネスをどうとらえるか】

日本でのフィットネス参加者のタイプは、2通りある
かなと考えます。

1つは、フィットネスをファッションととらえる人
もう1つは、将来的な体の変化を何とか食い止め
健康を目指す実質的なものと、とらえる人。

女性も男性も、どちらも根底には「痩せたい」願望が
あるでしょうが、あなたはいかがですか?

目的や個人的な嗜好はさまざまでしょうが、一番肝心
なことは、継続することでしょう。

ダイエットに関しても、ネットで検索すれば、いくら
でも、お手軽に痩せるとうたった情報が、山ほど出て
きます。
この、お手軽感を強調する情報ほど、実は痩せない
ダイエットです。

さらに、これらは万人向けのエクササイズです。
筋力や、柔軟性、癖も違う方が同じエクササイズを
真似してやっても、思うような効果を得るのはむずか
しいでしょう。





b0179402_12303662.jpg


フィットネスに関してもしかり、情報はいくらでも
手に入れることができます。
その情報もダイエットと同じで、お手軽感のあるもの
が多くあります。

フィットネスでもダイエットでも、「正しい知識」と
「継続性」がなければ、危険でもあり思うような結果
も得られないでしょう。

多くの皆さんは、運動は体に良いと十分に理解して
いるでしょう。
分かっているけどそのうちにとか、今は仕事が忙しい
からと、先延ばしになったままになっている方が
多いのが現状で、それが日本のフィットネス参加率が
3.35%…という数字となっているのかもしれません。

今年も始まったばかりです、何も運動をしていない方
今年こそは一歩踏み出して、あなたのフィットネス
元年にしてみませんか。



b0179402_13074928.jpg

ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/














by fit-plus | 2019-01-27 11:53 | フィットネス