人気ブログランキング |
ブログトップ

フィットプラス三鷹+カフェ

fitplus.exblog.jp

タグ:骨盤 ( 2 ) タグの人気記事

年齢とともに硬くなりやすい股関節 筋肉が大きく影響しています

b0179402_10285094.jpg


健康ブームのおかげか、「股関節」という名称も一般的
になってきました。
そういえば、ちょっと前には開脚ストレッチがブームに
なっていましたね。
これこそ、股関節の柔軟性を必要とするものです。

しかし、「股関節ってどこ?」という方も多いのでは
ないでしょうか。


【肝心かなめの骨盤と股関節は凸凹の関係】

股関節は、骨盤と大腿骨のつながっている部分をいい
身体の中で最も大きな関節です。
骨盤の両側にある、寛骨臼(カンコツキュウ)という
くぼみに、大腿骨頭という骨の部分がはまっている部分
をいい、まさに凸凹の関係です。

股関節は、日常生活での様々な動き、例えば立ったり
座ったり、歩くなどに大切な役割を担っています。



b0179402_15451532.jpg


【股関節が機能するためには】

◎硬い筋肉を柔らかくする
◎弱い筋肉を強化する
◎大きく動くことで全身の可動域を高める


筋肉の衰えを予防しよう

骨盤や股関節には、大きな筋肉や小さな筋肉が大変多く
あり、これらの筋肉によって、股関節がスムーズに動く
ことができます。

運動不足で筋力が低下すると、支える力が弱くなること
で姿勢も悪くなります。
すると骨盤の位置がずれ、股関節にも負担がかかります。

また、日常生活で小さい動きしかしていないと、可動域
が狭くなり、必然的に柔軟性も低下してしまいます。


b0179402_13525022.png

年齢があがると、運動量も減ってきます。
おまけに、座っている状態が長い現代生活では、筋力
低下を招きやすいですね。
心掛けて運動をしないと関節にも負担がかかる訳です。

膝や肩関節同様、股関節も加齢によって変形しやすく
不安定な状態になる可能性があります。
実際、股関節痛を訴える女性も結構多いです。

それを予防するためにも、股関節に関係する筋群を強化
することが大切です。

<股関節に関わる主な筋肉は>

◎外転  中殿筋・小殿筋
◎内転  長内転筋・大内転筋
◎伸展  大殿筋
◎屈曲  腸腰筋

これは主な大きな筋肉で、他にも多くの筋群が股関節を
サポートしています。

b0179402_15455295.jpg



トレーニングをする場合、注意するべき点は、バランス
よく鍛えることです。

多くの筋肉があるということは、一部の筋肉が硬くなる
ことで、周囲の筋肉にも影響を及ぼします。

大殿筋ばかり鍛えるとか、外転筋だけ鍛えるなど、偏っ
たトレーニングを続けると、強い筋肉の方に骨が引っ張
られ、関節にずれが生じてしまいます。

また、日常生活での動きのパターンや癖などは、決まっ
た筋肉が固くなります。
そして間違った筋トレや、過度のトレーニングも股関節
に負担がかかります。

それぞれの、股関節に働く筋群をバランスよく鍛える
ことで、股関節の安定と、機能性のアップをはかりま
しょう。


<股関節の柔軟性を保つ>

股関節の柔軟性を改善することで、日常生活やスポーツ
での動作の改善や向上が可能になります。

また股関節は、上半身と下半身を連動させる、かなめに
なっています。
柔軟な股関節によって、さまざまな動きの連動がうまく
いき、パフォーマンスが上がります。

b0179402_13175795.jpg

股関節の柔軟性は、「適度な運動」と「ストレッチ」を
することで得られます。

だからといって、開脚ストレッチで上体を前にべったり
つけるなどは、日常生活では必要ありませんね。

股関節まわりの柔軟性を身に着けることについては
また次回お話しします。

  ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

変形性関節症は、50代以降の女性に多く見られます。
男性では、重労働をしていた人に多く、女性では肥満の
人に多いのが特徴です。

関節に過度の負担をかけず、過体重の方は体重を管理
することも必要ですね。





ホームページもご覧ください

http://fit-plus.jp/





































by fit-plus | 2019-09-17 14:21 | フィットネス

気になる産後のボディラインを整えるためには

b0179402_11514132.jpg

出産を終えた女性が、一番気になるところは、ボディ
ラインの変化でしょう。

太ってしまった、腰が痛い、足のむくみが気になるなど
ボディラインの変化と共に、さまざまな不調を感じる
方も多いのではないでしょうか。

今回は、出産で変化する骨盤について知り、産前の体型
にいかにして戻すか考えてみましょう。


【男女の骨盤の違い】

骨盤は、左右の寛骨と仙骨と尾骨から構成されていて
仙骨と尾骨は脊柱の一部でもあります。

体の中心にあって、上には背骨、下は股関節につながり
内臓や、子宮を保護する役目も果たしています。

b0179402_11571654.jpg

女性の骨盤は、男性の骨盤と比べ、より丸く横に広い
構造になっています。
それは、赤ちゃんを育てるための子宮が収まっていて
出産するための出口として、左右の恥骨の角度が広く
なっています。


b0179402_11431263.jpg


【妊娠中の反り腰】

妊娠後期になると、大きなお腹が前にせり出します。
すると、バランスをとるためにどうしても「反り腰」の
姿勢になります。

反り腰は、腰に大きな負担がかかるため、腰痛をおこし
やすくなります。
反り腰になると、殿筋も緩んでしまい筋肉のバランスも
崩れてしまいます。

また、大きなお腹では動くのもしんどいので、運動不足
で筋力も低下しやすくなります。



b0179402_12305468.jpg


【出産時は骨盤が開く】

普段は、靭帯や筋肉で補強されている骨盤も、出産時は
大きく開いた状態になります。
でも心配はいりません、開いた骨盤は自然と元に戻る
のです。
b0179402_14095281.jpg

産後は、無理をしないように家事や育児をし、身体の
回復を心掛け、まだ安定しない骨盤に負担がかからない
ようにしましょう。

それでも、以前から骨盤が歪んでいたり、産後に無理
をしたりで、うまく元に戻らないままの方も…。

そのため、腰痛や恥骨痛など、骨盤まわりに痛みが
のこったり、おなかがポッコリしたままになったりと
気になる症状も出てきます。


【産後のボディラインを整えるためには】

やはり、出産後の女性にとってプロポーションの変化が
一番気になるところでしょう。

出産前の体型に戻すためには、筋肉をバランスよく鍛え
ることです。
バランスが悪いまま生活を続けると、骨盤の歪みが固定
されてしまい、身体全体にその影響が出てしまいます。

弱った筋肉や、バランスが崩れた筋肉を整えながら強化
しましょう。 *でも無理は禁物です。


① ストレッチで柔軟性を高めましょう。
  妊娠中は、動きも制限されるため関節も硬くなって
  います。
  大きなお腹で、バランスをとるために、腰や背中の
  筋肉は強張っているでしょう。
  ゆっくりストレッチをして、関節の可動域を広げ
  筋肉をやわらげましょう。
  特に股関節周りや、腿のストレッチをお忘れなく。

② 筋肉をバランスよく鍛えましょう。
  一番緩んでいるのは、腹筋でしょうし殿筋も弱って
  います。
  弱った筋肉をしっかり鍛えて、筋肉のバランスを
  整えましょう。

③ 普段から正しい姿勢を意識しましょう。
  これは、出産後に限らず、誰にも当てはまることで
  骨盤が後ろに倒れたり、反対に反ったりしないよう
  意識しましょう。



【リラキシンホルモン】

「リラキシンホルモン」て聞いたことありますか?
1930年に発見されたホルモンで、出産と深い関わりが
あります。

子宮弛緩因子と呼ばれ、恥骨結合の弛緩など出産に向け
生理的な助けになる働きをする訳です。
しかし、関節や靭帯なども柔らかくなるので、骨盤が
不安定になり、恥骨痛などを感じる方もでてくるという
あまり良くない点もあります。

出産後は、骨盤まわりの筋肉も不安定なので、負担が
かかる動きや、悪い姿勢にならないように注意も必要
ですね。



b0179402_15211234.jpg


【骨盤は体の中心】

骨盤は体の中心にあって、たくさんの筋肉がついて
います。
反り腰や猫背など、いわゆる不良姿勢を続けると、体は
バランスをとるために変位し、筋肉に負担がかかります。
そして、その影響は全身に及んでしまいます。


骨盤がゆがむ原因
 ①不良姿勢 (ねこぜ・反り腰)
 ②筋力不足(姿勢の保持にはある程度の筋力が必要)
 ③偏った筋肉の使い方(筋力の不均衡)
 ④妊娠・出産(女性ならではのものですね)

◎普段から、姿勢の意識を持ちましょう。
◎腰痛などがある方は、ストレッチなどで硬くなった
 筋肉の柔軟性を取り戻しましょう。
◎そして、全身を程よく使うことで、筋力の偏りをなく
 しましょう。

 ~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~

昔の人は多産で、4人とか5人の子供を産んでいました。
それが普通で、産前産後は家事労働をしていました。
昔のことですから、家電は無いので、体を使っての労働
(筋肉運動)をしていたわけです。

しかし現在は、少子化・家電の発達・核家族化などの
影響もあって、もともとの体力不足などから、出産や
産後の体に影響があるのではないでしょうか。

出産前から、ある程度の体力を維持すること、出産後も
体を使うことで、体力・筋力を維持する生活を心がけ
ましょう。


















by fit-plus | 2018-11-27 15:44 | フィットネス